最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

六つのサッチャー像

「アルミの松葉杖事件」はシャーロック1人で解決しましたが、この事件ではジョンが大活躍!
元ネタは、言わずとしれた「六つのナポレオン」。

クリスマスのすこし前の事件です。そういえば、この記事が公開された時期は、映画"The Iron Lady"(邦題は『マーガレット・サッチャー~鉄の女の涙』)の封切と重なっていたような。わざとぶつけたんでしょうか。

冒頭に、クリスマスの買い物にシャーロックを連れて行って、彼が街頭のサンタクロースに「面白い殺人事件をよこせ!」と怒鳴ると言うエピソードがついてます。ジョン、大変だな……

事件の話が始まるのは、「警官にエスコートされて」彼らが帰宅した後。
221Bではサリー・バーニコットという大学生が待っていました。

彼女の親友である、美術科の学生・ピエトロ・ヴェヌチが、陶芸室で刺殺体で発見されます。第一発見者は彼のボーイフレンド、ベッポ・ロビート。

この二つのイタリア系の名前は、「六つのナポレオン」からの引用ですね(原作ではベッポの姓は不明ですが)。
原作では、二人とも「社員が命令に違反するとすぐ殺してしまうという例の政治的秘密結社マフィアの一員(延原謙訳)」。共謀して、イタリアの貴族・コロナ公爵の持っている「ボルジア家の黒真珠」を盗み出します。
また、サリーの苗字は、買ったナポレオン像を壊されてしまった開業医・バーニカット博士からとられています。

さて、同じ頃、ピエトロの友人や周りの学生、講師の家に強盗が侵入するという事件が頻発。
シャーロックは調査に乗り出します。ジョンに頼んで(ジョン曰く『命令して』)、シーズン1の3話に登場したモダンアートのギャラリー「ヒックマンズ」の学芸員と偽り、大学に潜入させます(ここ実写で見たかった!)

ジョンの対応をするのは講師のホレス・ハーカー。
原作での役どころは、ナポレオン像を買ったばかりに殺人事件に巻き込まれてしまう新聞記者なんですが、ちょっと面白いキャラクターなんです。


「なんとかこいつを物にしておかなければ。むろん夕刊の第一版はもう詳報をのせて発行されているに違いないけれど…ああ、私ゃいつだってこれなんだ!ドンカスターで観覧台がおちたのを覚えていますか?あのとき私はスタンドにいた唯一の新聞記者だったんです。しかも私ンとこの新聞が、その記事を出さなかった唯一の新聞なんです。私があんまり驚いたんで、記事を書いてなんかいられなかったんですよ。こんどだって自分の家の玄関さきで行われた殺人事件に、おくれを取りそうなんですからなあ」(延原謙訳)



と、調査にきたレストレードやホームズたちがまだいるのに記事を書き始めてしまうという、いわばホームズといい勝負の「仕事バカ」。
この熱心な記者をうまく利用して、ホームズは犯人をおびきだす仕掛けをします。それがシーズン2第3話の大きな「元ネタ」となっていますので、ハーカー氏にはそちらでまた触れることになると思います。
それにしても、取材したい大事件の「当事者」に二度もなってしまうなんて、記者として運がいいのか悪いのか…

さて、ジョンのブログに戻ります。
ハーカーから、ピエトロが6つのサッチャー像を作ったと聞き出すジョン。
かねてシャーロックは予想していましたが、強盗が入ったのは、いずれもこのサッチャー像を買った人の家。
この時点で、残った像は二つ。シャーロックとジョンは、それぞれの住所で犯人を待ち伏せることに。
ジョンのほうに犯人が現れます。携帯で連絡をとったシャーロックと合流して、見事犯人をとり押さえます。

犯人はベッポで、サッチャー像の中には凶器のナイフを隠していました。
原作の彼がナポレオン像に隠したのは、「ボルジア家の黒真珠」。
証拠品と盗品。追い詰められた状況で犯人が「隠したいもの」の違いは、時代を反映しているのかもしれません。
というのも、「六つのナポレオン」でもベッポはピエトロを刺しますが、現場にナイフが落ちているんですね。結局これはピエトロ本人のものだったようですが、警察は犯人が遺棄したものである可能性も一応考えています。現場に凶器を遺棄なんて、DNA鑑定などがなかった時代ならではの無防備さ、ではないでしょうか。
(もっとも現代版ではベッポはナイフにイニシャルを書いていますし、刃傷沙汰に慣れたマフィアではなく学生、という違いもありますけど)

探偵側も、今は携帯があるから2箇所で同時に待ち伏せ、有事の場合すぐに合流、ということができますが、原作では同じ場所にホームズ、ワトスン、レストレードの3人が張り込んでいました。
こうして見ると、捜査の効率もずいぶんよくなったものですよね(まあ犯罪もですけど)。
人数が少なくてよくなった分、原作ではずいぶん活躍していたはずのレストレードが登場しなくて寂しいです。
グラナダ版では3人での張り込み、妙に楽しげだったんですよね。ワトスンがレストレードに飴を勧めて、ホームズに「ピクニックじゃないんだよ!」と怒られたりして。

もうひとつ残念なのは、現代版ではベッポが自ら像を壊してしまったので、ホームズが鞭をふるって像を破壊し、
紳士諸君!ボルジア家の有名なる黒真珠をご紹介申しあげます!」(延原謙訳)と高らかに宣言する名場面がなくなってしまったこと!せっかく初登場の時にあれだけ楽しそうに打ちまくってた鞭、ぜひ活用して欲しかった!シーズン2にはもう1人鞭の達人が出てくるので、キャラがかぶるからでしょうか…

もっとも、シャーロックは「乗馬鞭」と言ってましたね。ホームズが像を壊すのに使ったのは「鉛の入った、お気に入りの狩猟鞭」でした。原作では「赤髪連盟」「白銀号事件」などの危険な状況で「狩猟鞭」が武器として使われているのですが、乗馬鞭より大きくて重そう。石膏像を壊すのに向いているかもしれません。

狩猟鞭の画像検索結果(Google)

乗馬鞭の画像検索結果(Google)


スポンサーサイト

アルミの松葉杖事件

待望の「語られざる事件」からのラインナップですね!
「マスグレーヴ家の儀式」に、事件名だけちょこっと出てきます。

ワトスンに部屋の整頓をしようと言われたホームズ、しぶしぶ寝室に入っていきますが、逆に青年時代の記録をひっぱり出してきます。

「このなかには事件がうんとあるんだぜ」彼はいたずらっ児の目で私を見ながら言った。
(中略)
「みんな成功した事件ばかりというわけじゃないよ。しかし中にはちょっと面白いものもある。こいつはタルトン殺人事件の記録、それからヴァンペリという酒屋の事件、ロシアの老婆事件、アルミニウムの松葉杖事件、それから蟹足のリコレッティとその憎むべき事件とね。(後略・延原謙訳)」


さて、ジョンのブログに戻りましょう。
ストランド街(劇場がたくさんあることで有名らしい)で観劇することになったシャーロック。

って、「名探偵コナン」を思わせる(唐突な)始まり方ですが、そもそもどうして行くことになったんでしょう…
コナン流を通すなら、劇場に向かいながらジョンが「雑誌の懸賞に当たるなんて僕もついてるよなあ」とチケットを眺めるオープニングがいいんじゃないかと思いますが(余計なお世話)、そのジョンはデート中につき不在(ちなみにうまくいったそうです)。この事件は、シャーロックからジョンへのボイスメールという形で綴られます。

ホームズの一人称で語られる事件、といえば「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」。
現代版では、シャーロックのウェブサイトで「緑のはしご事件」が読めますね。
緑のはしご事件はいかにもシャーロックらしく、物語というより「記録」という印象でしたが、今回はジョンに向かって話していますので、ちょっと趣が違います。

原作では、この事件は二人が出会う前に起こっていますので、ワトスン=ジョンがいないのは原作に沿っているといえます。
「マスグレーヴ家の儀式」や「グロリア・スコット号」も、ホームズが昔の話をワトスンに語って聞かせる、というスタイルですが、「バスカヴィル家の犬」でワトスンがホームズに書き送った、事件の経過を報告する手紙にも似ています。そういえば、「バスカヴィル~」はモーティマー医師の「杖」をめぐるホームズ&ワトスンの推理合戦で始まりますよね。
(もっともこちらは『松葉杖(crutch)』ではなく『ステッキ(stick)』ですが)

シャーロックが見た劇のタイトルは"Terror by Night"。「夜の恐怖」という感じでしょうか?
ミステリ劇らしいですが、この舞台上で実際に殺人が起こります。
内容をあまり詳しく述べると役名と実名が入り混じってややこしいので、手っ取り早く関係図をごらんください。
名前をクリックすると、青山剛昌先生の挿絵が見えるかもしれません(←うそです)。
人物相関図
…ここで告白します。私はホームズ好きではありますが、ミステリ全般に詳しいわけでは全然ないので、このブログの本分である「元ネタ検索」にはたと行き詰ってしまいました。

この事件、「元ネタ」があるとしたら、おそらく「キャラクター名」です。
シドニー・パジェットはいいんですよ、ホームズ関係だから!
しかし、正直言って他が全っ然わかりません。唯一、「ヘイスティングス」はポアロかな、と思いましたが…(それと、chapletteという姓で『四つの署名』のアグラの大秘宝にあった "chaplet"を思い出しましたが、たぶん関係ないですよね)

この事件や登場キャラクター名の由来がお分かりになる方がいらっしゃったら、コメント欄などでご教示いただければありがたいです。真実はいつもひとつ!

追記(2012/5/9)
劇中劇のタイトルについて、RM様がかなり有力と思われる情報をくださっています!
コメント欄をごらんください。


追記2(2015/3/7)
友人が教えてくれました。
らばQ「演劇で小道具のナイフが本物にすりかえられ、本物の自殺シーンに」

とてもよく似た事件です。最近ツイッターで話題になっているとのことですが、2008年の事件ですね。関係はあるのでしょうか。

ホームズとねずみ



すぐに思いつくのはスマトラの大ねずみ(『サセックスの吸血鬼』でホームズが回想する『マティルダ・ブリッグス号の事件』に関係があるそうです。なんだかよくわかりませんがやたら面白そうです。マティルダ・ブリッグス号の関連記事はこちらをどうぞ)と、レストレードがねずみ似だ、ということでしょうか(関連記事はこちら→レストレードについて)。

…すみません、来年はもうちょっと頑張ります…っ!



【解説】
エイプリルフール当日の朝、唐突に思いついてトップページを「ねずみ尽くし」に。
(この出来心のせいで毎年苦しむことになるとは、当時は思いもよりませんでした……)
「ねずみ」にしたのは、アニメ『トムとジェリー シャーロック・ホームズ』の話題があがっていたのと、「爆チュー問題」「ぴかりとたなチューなかよしだ」の歌を「ジョンとシャーロックなかよしだ」に変えるのが自分の脳内だけで流行っていたからです。
私なりのライヘンバッハショックからのリハビリ行動です。
ちなみに第3シリーズのキーワード"rat, wedding, bow"が発表されたのはこの少し後でした。当時、すごく検索にひっかかったのですが、考察でもなんでもないので無性に申し訳なかったです。(2015.4.4)
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura