最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

オタクの伝道者?

ある日、3人の青年たちがベーカー街にやってきました。

その中の一人、クリス・メラスは、「クラティデス」という漫画のファンサイトのマスター。
「クラティディス」とは、対テロリスト組織に属するスーパーヒーローたちの冒険を描いた漫画。
(クリス曰く、『コミック』じゃなくて『グラフィック・ノベル』なんだそうです。)
ジョンにはありきたりのヒーロー漫画にしか見えませんが、彼らはこれをただの漫画だとは思っておらず、深いメッセージを感じ取っているようです。

シャーロックへの相談の内容は、この漫画の内容が次々と現実になっているということ。
ある日、クリスは漫画の登場人物が駅で持ち主のいない荷物を処分しているところを目撃。
また、別の場所で、他のキャラクターがひったくりにタックルしている現場も。
また後日、なんと、「クラティディス」のリーダーの姿の撮影にまで成功。そして、これらは全て、前もって漫画の中で起こっていたことだったのです。

元ネタは「ギリシャ語通訳(The Greek Interpreter)」。
Greek(ギリシャ語、ギリシャの)から一文字取るとGeek(オタク)になってしまうという、言葉遊びですね。

原作はマイクロフトが初登場する話ですが、現代版のこのお話に彼は関与していない模様。
原作との関連は、ほぼ地名・人名に限られていると言ってしまってよいと思います。

例によってネタバレ全開(すみません…)でまとめさせていただきますと、

<共通する人名>
メラス    (原作)依頼人            (現代版)依頼人
クラティディス(原作)被害者の兄妹の姓   (現代版)漫画の中の対テロリスト組織
ソフィ    (原作)被害者            (現代版)漫画の中のヒロインの一人
ラティマー  (原作)犯人の一人        (現代版)漫画の中のヒーローの一人
ケンプ    (原作)犯人の一人         (現代版)出版社の人間。メラスを騙して広告に利用
ダヴンポート (原作)犯人が新聞広告に使った名前(現代版)「クラティディス」のリーダー

棍棒     (原作)犯人がメラスを脅すのに利用(現代版)「クラティディス」のメンバーのコードネーム?

<共通する地名>
 
ワンズワース・コモン 
(原作)メラスが置き去りにされる(現代版)メラス、「空とぶ棍棒」がひったくりを捕らえるのを目撃

ベクナム       
(原作)犯人のアジトがある   (現代版)メラスがダヴンポートを撮影

シャフツバリー・アベニュー
(原作)目隠しされたメラスが馬車で通過
(現代版)メラス、シャーロック、ジョンが漫画の中のラティマーの活躍をなぞり、パフォーマンスをする


現代版のこの事件、全ては「クラティディス」の宣伝のために出版元によって仕組まれたことでした。
出版元に法的な過失はないものの、シャーロックとジョンは、企業が金のためにメラスをネットの笑い者に仕立て上げて、精神的に追い詰めたことに怒りを感じたのでしょう。二人がメラスを救った方法は、なんと忍者の格好をし、メラスにやっつけられること。
十分に野次馬をあつめたところで、メラスは出版元を告発します。
まさに「目には目を、歯には歯を」の痛快な仕返し。

それに比べると、原作では犯人に逃げられてしまい、被害者も助けられず、ちょっとがっかりな事件。

原作とほとんど類似点はないと書きましたが、タイトル・ロールのメラスさん、ある道のエキスパートで(原作のメラスは『ロンドン一のギリシャ語通訳』、現代版のメラスもかなりの人気サイトの管理人のよう)、その能力や影響力を悪人に利用されてしまう、という点は共通しています。

無事にことが収まった後、クリス・メラスはシャーロックの活躍の漫画化に乗り出すとのこと。
一方原作のメラスは、ホームズ兄弟に頼ったにも関わらず、酷い目に遭ってしまったので(私は、マイクロフトの打った手が余計だったんじゃないか?とず~っと思ってますが…)ワトスンの記録をギリシャ語に翻訳!→ギリシャでホームズ大人気!なんてことはなさそうですね……








スポンサーサイト

ティリー・ブリッグズ号の語られざる事件

第1シリーズから第2シリーズまでの間、シャーロックとジョンはたくさんの事件を解決したようです。
原作の「あの話」だな!と、ぴんとくるようなタイトルの記事も見られますね。

ところで、シャーロック・ホームズシリーズの「正典」では長編4本、短編56本分の事件が語られていますが、作中で、ワトスンやホームズは「語られざる事件」にもよく触れています。
「語られざる事件」とは、
●関係者にとって不都合があるため、発表を控えている(ホームズがワトスンに許可を出さない限りは記録を発表しない、と決めていたようです。もちろん、失踪中は別でしたが) 
●あまりにも記録の数が多いので、読者の興味をひきそうなものをワトスンが選抜した結果漏れた

などの理由で、文中に事件名だけは出てきたけれども内容を詳しく明かされなかった事件の総称です。
その数、ざっと80以上!(正典より多い…)

ジョンにも「大人の事情」でブログに載せられない事件がたくさんある様子。
その中の一つが、「ティリー・ブリッグズ号」の事件です。

ジョンによれば、この事件では、シャーロックがバスを盗んだとのこと。(シャーロック曰く『盗んだんじゃない、借りたんだ』そうですが…)すごく面白そうなのですが、未だ裁判中のようで、ジョンは一旦はブログで触れたものの、内容を詳しく語るのは控えたようです。コメント欄によると、どうもマイクロフトによって差し止められた様子です。

追記(2012.1.28)すみません!読み返していて気づいたのですが、シャーロックがバスを借りたのは「溶けるノートパソコンの奇妙な事件」の方ですね。こちらは、マイクロフトはむしろ読みたがってますね。お詫びして訂正します。

元ネタを求めて原作を紐解くと、「サセックスの吸血鬼」の冒頭で、二人の会話の中に「マチルダ・ブリッグス号の事件」が出てきます。

「マティルダ・ブリッグスといったって若い女の名じゃないぜ、ワトスン君」ホームズは古いことを追想しながらいった。
「スマトラの大ねずみに関係のある船の名なんだ。この話はまだ世間に知れ渡っていないがね。(後略・延原謙訳)」


こちらも、なんだかやたらに面白そうではありますが、紹介はこれきりです。
あきらめきれずに「マティルダ・ブリッグス号」で検索をかけてみたところ、「メアリー・セレスト号」の事件に行き当たりました。

詳しくはリンク先のwikiをごらんいただければと思いますが、概要をご紹介すると、これは1872年に起こった実際の事件。ポルトガル沖で漂流していたメアリー・セレスト号が、他の船の乗組員によって発見されました。記録によると、船長以下10名の乗員がいたはずにも関わらず、船内は無人。一艘のみの救命ボートは降ろされていましたが、6か月分の食料や水は残されていました。

この事件を、まだ無名だった頃のコナン・ドイルが小説にし、雑誌に投稿しました。
匿名で掲載されたそれは人々の評判を呼び、彼が小説中で使った「マリー・セレスト」という船名の方が本当の名前よりも有名になってしまったほどでした。
ドイルがシャーロック・ホームズシリーズの第一作「緋色の研究」を発表したのは、その3年後のことです。

この船に乗り合わせていた、船長の娘さんの名前が「ソフィア・マチルダ・ブリッグズ」。
ちなみに失踪当時2歳。(一応若い女ではある…)

ドイル自身が小説にした事件の関係者ですから、全く関連がないはずはないのですが、私の調べた限りでは、この「語られざる事件」とメアリー・セレスト号事件の関係はよくわかりませんでした。何かご存知の方がいらっしゃったらご指導いただければと思います。

さて、ワトスンの「語られざる事件」はどうなってしまったのかというと、

チャリング・クロスのコックス銀行の地下金庫のどこかに、元インド軍付、医学博士ジョン・H・ワトスンとふたにペンキで書きこんだ、旅行いたみのしたブリキの文箱が保管されているはずである。この中には書類がどっさり詰まっているが、その大半はシャーロック・ホームズ氏がいろんなことから捜査にあたった奇怪な事件を記録したものである。(ソア橋・延原謙訳)

 
というわけで、今日でもさまざまな形で「発見」されては、パスティーシュという形で読むことができます。

ジョンのパソコンにも、ブリキの文書箱ならぬ、シャーロックの解決した事件の記録でいっぱいのファイルがあるのではないでしょうか。パスティーシュ作家たちは、どんな形でそれを「発見」してくれるのでしょう。とても楽しみです。


煙草の灰の研究

さて、シャーロックのウェブサイトの方ですが、カウンターが設置されたり、コメントがたくさん寄せられたりと賑わっているジョンのブログに比べると、なんとなく閑散としている様子。

それでも、昨年末には「煙草の灰に関する研究」という記事が挙がっていました。
(例によってリンク切れでしたが…)
これの「元ネタ」は、「四つの署名」にあります。

「君の著作だって?」
「うん、まだ知らなかったのかい?」ホームズは笑って、「じつは僕の畑のものを若干いたずらしてみたんだがね。たとえばこの『各種煙草の灰の鑑別について』なんかその一つだよ。このなかには百四十種の葉巻と紙巻と刻みとの外観を列記して、その灰の区別がカラー図入りで説明してある。こいつは犯人捜査中にしばしばぶつかる問題だし、重大な手掛りになることも時々はあるからね。たとえば、ある殺人事件で犯人がインドのルンカ煙草をのむ男だと確認できたとすれば、それだけ捜査の範囲がせばめられたことは明らかだからね。慣れたものから見れば、トリチノポリ煙草の黒っぽい灰と、バーズ・アイ印の白くてふわふわした灰とを判別するのは、キャベツとポテトとの区別よりも容易なことなんだ」(延原謙訳)


ところが、今日確認すると、この記事(かなりの大作だったはず!)は消去されていました。
「フォーラム」のページを覗いてみたところ、「みんな、ジョンのブログの方に遥かに興味をひかれているようで、誰も読んでくれないので取り下げた」とのこと。

…なんと悲しい話でしょうか……!
世界中のブロガー、号泣ものです。

原作のホームズは、いろいろと独自の研究を発表しているんです。
「各種煙草の灰の鑑別について」のほかにも、

実際書いた(と思われる)もの

・生命の書 「緋色の研究」
・足跡の詮索、その保存に石膏を応用する問題
・職業が手の形におよぼす影響      「四つの署名」
・耳に関する短い論文2編「ボール箱」
・刺青の構図に関して 「赤髪組合」
・暗号に関する小論文(百六十種の暗号記法を分析)「踊る人形」
・書類の年代の鑑定「バスカヴィル家の犬」
・初期イギリスの勅許状に関する研究 「三人の学生」
・中世の音楽の問題「ブルース・パティントン設計書」
・チベット探検記(ジーゲルソン名義)「空家の冒険」
・実用養蜂便覧 付・女王蜂の分封に関する諸観察(引退後)「最後の挨拶」



そのうち書きたいと言っていたもの

・探偵の仕事における犬の用途「這う男」
・仮病について「瀕死の探偵」



「面白そう!」と思えるものもある一方、「大衆に受けるかどうか」という点において、ワトスンの冒険記にかなわなかったのはうなずける気がします。

シャーロックはジョンのブログの書き方について、劇中でもコメント欄でも不平を言っていますが、これは原作でも変わりません。

「僕もちょっと見たがね、正直なところ、あれはあんまり褒められた出来じゃない。探偵するということは、一つの厳正科学なんだ~~であるべきはずなんだ。したがって冷静に、無感情な態度でとり扱われなければならないところを、君はロマンチックな味つけをしているから、まるでユークリッド幾何学の第五定理に、恋愛物語か駆落ちの話を持ち込んだような結果になっている。(四つの署名・延原謙訳)」



「(前略)君が筆にすべきことも犯罪そのものではなく、犯罪を分析し統合する推理のうえにこそならなければならないのだ。一連の講義であるべきものを、君は物語にまで低級化させている」(ぶな屋敷・延原謙訳)


しかし、多くの読者が求めているのは、ホームズが否定した「物語」そのものであったようで…
このホームズの文句に長いこと耐えてきたワトスンがついに反撃をするのは、引退後、二人とも歳をとってからのこと。

長いこと前から彼は私に、冒険談を自分で書いてみろといって悩ましつづけている。私が従来彼の書くものが浅薄なのをしばしば指摘し、厳正なる事実の記述のみに止めないで、大衆の興味に阿るものだと攻撃を加えてきたものだから、自然私に対してそういう迫害を加えることにもなったのであろう。
「じゃ自分で書いてみたまえ、ホームズ君」こう反撃されてペンはとったものの、書くとなるとやはりできるだけ読者に興味を与えるようにしなきゃならないということに、いまさら気のついたことを告白せざるを得ないのである。(白面の兵士・延原謙訳)



この「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」の2編は、こういう経緯で引退後のホームズによって書かれたものです。
時間的な順番がそうなので仕方ないのですが、wikiのシャーロック・ホームズの「経歴」は「ワトソンの文章を批判し過ぎて怒られてしまったため、『白面の兵士』と『ライオンのたてがみ』の2編を自ら執筆、発表」で終わっています。大探偵の輝かしい歴史の結末が「親友に怒られる」なのはちょっと微笑ましくって、見るたびにやにやしてしまいます。

シャーロックもこんな風に、おじいさんになってからジョンに言ったことを反省したりするんでしょうか。
こちらの二人はまだまだ若々しいので、ずっと先のことになりそうですが、歳をとってもふざけ合って大笑いしたり、ぎゃあぎゃあ言い合ったり、拗ねて離れたり、仲直りしたりする二人は容易に想像がつきますね。





ジョンのバカンス

1週間あまり更新をさぼってる間に、ジョンのブログが1年分くらい更新されていて(!)喜びよりも先に不条理を感したナツミです。

まず、第1シリーズ・第3話のエピソードが記事になっていますが、これは第2シリーズ・第1話の冒頭のネタバレになるので一旦置いておきましょう。

その後、ジョンはちょっとした休暇を過ごしたみたいですね。サラと、数週間ニュージーランドに旅行したようです。
ジョン役のマーティン・フリーマンが、"The Hobbit"の撮影でニュージーランドにいたことにひっかけているのでしょうか。

または、「ワトスンは子ども時代をオーストラリアで過ごした」という説と、関係があるのかもしれません。
これはwikiにもあるのですが、正典、外典含め、原作に明記されているわけではありません。wikiを中心に、聞きかじった説を並べてみますと、
「緋色の研究」冒頭でワトスンは


故国にはひとりの親戚もひとりの友人をももたなかった私は、まるで空気のように自由の身であった。(延原謙訳)


と書いています。その一方で、「四つの署名」では(おそらくそう遠くない時期に)「兄が亡くなった」としているので、イギリス国外には家族がいたということ、メアリ・モースタンに

「(前略)私はオーストラリアのバララト金山の付近で、これとおなじような光景を見たことがありますが、一攫千金を夢見る連中が、丘の中腹をさかんに掘りおこしていましたよ」(延原謙訳)


と言っていることなどから、オーストラリアで育ったという説が生まれたようです。

でも、「海軍条約文書事件」に登場する幼馴染のパーシイ・フェルプス君が

ワトスン君、学校で君が三年のときに、「オタマジャクシ」のフェルプスという男が五年の組にいたのをご記憶のことと思います。(後略・延原謙訳)


と手紙に書いているので、その頃(小学生くらい?)には既にイギリスにいたことになりますよね。
大学時代にはラグビー(『サセックスの吸血鬼』)やクリケット(『競技場バザー』)の選手としてイギリスにいるので、オーストラリアにはかなり幼い頃にしかいなかったのかもしれません。

ここで気になるのが、「三大陸の女性を知っている」発言です。(よろしければ、過去記事『ワトスンは女好き?』をご参照ください)
ワトスンの「豪語」をひとまず信用するとして、この場合の三大陸とは、どの大陸を指すのでしょう。

もし文字通りの女性経験として「知っている」のなら、ある程度年齢がいってからの話のはずです。
wikiにあるように、大学時代を過ごしたヨーロッパ、従軍したアジアはほぼ確定として、
残りの一つを考えると、アフリカ、アメリカ、オーストラリアのいずれかになります。

この中で、ワトスンがいたことが確実なのは、「四つの署名」で言及されているオーストラリアだけです。
従って、ワトスンの「三大陸にまたがる女性遍歴」をできるかぎり素直かつシンプルにまとめると、以下のようになるのではないでしょうか。

イギリスで生まれ、家族でオーストラリアへ。

学齢に達し、イギリスの学校に入学。

時々家族のいるオーストラリアに帰省(※ここらへんで「オーストラリアの女」

イギリスの大学に進学

従軍(「アジアの女」

退役
※「ヨーロッパの女」とはいくらでも知り合うチャンスがあるので除外


ジョンに話を戻すと、ニュージーランドには「旧友に会いに行った」と言っているので、ジョンが子ども時代をニュージーランドで過ごした、ということも考えられます。ただ、この「旧友」はan old mateと単数で書かれているので、ニュージーランドにたくさんの親戚や知り合いがいるというよりは、たまたま友達がニュージーランドに行った可能性の方が高いでしょうか。

そして、旅行の後で、サラとは別れちゃってるんですね。
"The Blind Banker"でかなり危険な目に遭ってもジョンから離れなかったサラなのに、一体何があったんでしょうか。
深読みすれば、旅先で「三大陸の婦人」の一人と鉢合わせてしまったとか…?

それはジョンのみぞ知る、なのですが、コメント欄でのマーレイ君、スタンフォード君、シャーロックの反応には男の友情を感じます。
そうそう、飲んで忘れるのが一番よ、ジョン!

新年早々、下世話な記事でほんとすみませんでした……

The game is not on yet

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

転居したのですが、まだそちらにネット環境がないので、新年早々放置気味で申し訳ありません!
チェックしてくださっている方がいらっしゃったら申し訳ないので、今後のことだけ少し。

・"SHERLOCK" シーズン2に関する記事は、DVDの発売(1月23日)以降に。
手元に届くのはもう少し先になるはずなので、1月末~2月くらいになると思います。
・それまでは、シャーロックのサイト「推理の科学」ジョンのブログの新着情報に関する記事を書きたいと思います。

新年早々無駄足踏まされちゃったよ!という方は申し訳ありませんでした。
こんなのですが、今年もどうぞ一緒に遊んでやってください。
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura