最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩の理由は

第2シリーズを目前にしての、ひとり反省会の続きです。
以前「事件がなくて退屈」という題でこういう記事を書いたのですが↓


「ぼくが犯罪者でないのを、社会は祝福すべきだよ」(延原謙訳)


「ブルース・パティントン設計書」の冒頭で、面白い事件がないことに拗ねまくるホームズ。
窓からロンドンの街を見下ろしてぶつぶつ言うところは、現代版では出て行ってしまったジョンを見下ろしながらハドソン夫人にぼやく場面になっていますね。


もう少し詳しく。
正確には、ジョンに向かって

Don't know what's got into the criminal classes. Good job I'm not one of them.
犯罪者たちはどうしちゃったんだ?僕が犯罪者じゃなくてよかったな(拙訳)

と言っていました。

去っていくジョンを見下ろしながら、ハドスン夫人に向かってぼやく所に該当する描写は 、同じ場面のこの部分ですね。
原作では、ワトスンに向かって言っています。

「ロンドンの悪漢はまったくだらしがない」まるで獲物をうちもらした狩人のように不平たらたらである。
「この窓からそとを見てみたまえ。ぼんやりと人影があらわれて、かすかに見えているかと思うと、たちまち厚い霧のなかへ姿をかくしてしまう。どろぼうや殺人者にしても、こういう日にこそ、虎がジャングルに出没するように、ロンドンを歩きまわれるのだぜ。いよいよ躍りかかるまでは誰にも見られないで、襲われて初めて被害者だけは知るというわけなんだ」(延原謙訳)


ここだけ抜き取ると犯罪が起こることを心配しているようですが、無論そうではなく、「こんなに犯罪日和なのに何も面白い事件を起こさないなんて、犯罪者たちは何をやってるんだ!」と苛立っている感じです。

自分が代わりに犯罪を起こしてやろうか!という勢いのホームズに対して、シャーロックは落ち込みモード。

Look at that, Mrs Hudson. Quiet. Calm. Peaceful. Isn't it hateful?
見て下さい、ハドスンさん。静かで、穏やかで、平和だ。忌々しいとは思いませんか?(拙訳)


「僕が犯罪者じゃないのを社会は祝福するべきだ」という挑戦的な台詞に対して、ワトスンが「それはまったくだね」と同意してくれたのに対し、ブログのこともあってシャーロックと言い合いになったジョンは怒って出て行ってしまったから、というのもあるかもしれません。

ホームズは、「仕事のために仕事をする(ブルース・パティントン設計書)」と言っていますが、ワトスンや後期のレストレードなど、仲良くなった人の評価は結構気にかけているんですよね。

「(前略)君は探偵術をこれ以上は不可能だというところまで厳正な科学に近づけたんだねえ」
ホームズは私の言葉と、それをいう私の熱心さとを喜んで、顔を赤くした。私はすでに気づいていたことだが、彼は自分の探偵術について褒められると、まるで美貌を讃えられた女性のように、敏感に反応するのである。
(緋色の研究・延原謙訳)


この時点(ホームズの仕事の内容がわかって、一緒に捜査を始めた初日)で既にホームズの操縦法を分かりかけてるワトスンすごい…

「なあるほど!」しばらくたってレストレードがやっといった。
「私は今日まであなたの取りあつかった事件はいくつとなく見てきましたが、これほど巧妙に解決されたものはまだなかったと思います。警視庁はけしてあなたをねたむものではありません。それどころか、あなたのあることをむしろ誇りとしているものです。明日もし警視庁へおいでくだされば、もっとも老練な警部から、末は若輩の一巡査に到るまで、あなたの巧名に感謝と称賛の握手を、心から進んで求めないものは一人としてありますまい」
「ありがとう」といって顔をそらせたホームズの顔に、いつになく温かい感動のうかぶのが認められたが、それも一瞬にして消えてしまい、たちまち彼は冷静な理路一点ばりの思考機械にもどってしまったのである。
(六つのナポレオン・延原謙訳)


ほかにも、「おだての利く男でもあるが、率直にいって親切でもある(赤い輪・延原謙訳)」など、ワトスンによるホームズの性格分析を集めていくと大変面白いのですが、同居人に自分の言動をこまごまとブログに書かれ、それを周りの人も喜んで読んでいるとなると、シャーロックの苛立ちもわからないでもありません。

でも、ジョンのブログはシャーロックの顧客を増やしたようですし、さらにヤードでのシャーロックのイメージを少し親しみやすいものにしたのではないかと思います。(本当にシャーロックが嫌いだったら、あんなに皆で読まないですよね)
そして、シャーロックのような自負心の強いタイプの人には、人の目を通した自分像を知るというのは結構衝撃的なことではないでしょうか。そこで変人扱いされたり、「驚くほど無知」と言われたり、ヒーロー視されたりすることに彼は大きく反発しましたが、それを「知った」ということは今後の彼に影響を与えていくでしょう。

ジョンがシャーロックとの付き合い方に慣れていく様子、シャーロックがジョンのブログで描かれる自分像と折り合いをつけていく様子に着目しながら第2シリーズを楽しむのも、面白いのではないかと思います。










スポンサーサイト

Happy Holidays!

Merry Christmas!

クリスマストップ絵2種は、普段のパンダの絵も描いてくださった園生さん(無類のアンダーソン好き)に、例によって無理やり描いていただきました。兄のプレゼント(特にかさばってる方)にろくなものが入ってなさそうなのが気になりますが、ありがとうございました!

そして…

おかげさまで、クリスマスのこの日に100個めの記事を投稿することができました。
(正直にいえば、ちょこちょこ小ネタ投稿したり姑息な小細工をしてたのでお気づきの方もいらっしゃったでしょうが…)

「支離滅裂な、ほんとに回らぬ筆をもって」(最後の事件・延原謙訳)というワトスンの言葉が常に脳裏にうかんでしまうようなブログですが、なんとか綴っていける環境がある幸運と、望外のあたたかいご支援に感謝しながら、細々と続けていけたらと思います。

お世話になっている方、いつも読んで下さっている方、たまたま通りかかった方、
今この記事を目にしてくださっている全てのあなたと、あなたにつながる全ての人々に、このブログがいただいた幸せをおすそ分けできますように。
全ての人にとって、来年が明るいよい年になりますように。

ナツミ

話を聞きだすコツ

皆様、クリスマス・イブいかがお過ごしでしょうか。第2シリーズの放送も目前というのに、未だに第一シリーズの元ネタ検証をとりこぼしている21世紀探偵でございます。

アイリーン・アドラーだのヘンリー卿だの大量に新キャラが出てくるまで、残すところあと一週間。最後の悪あがきをしてみようと思います。

まず、この記事。聞き込み術に関しての話ですが、大量の血がついた車が発見された現場で、被害者の妻と話した後のシャーロックのセリフ

「人っていうのは、何かを教えてやるのは好きじゃない。反論するのが好きなんだ」(拙訳)

これの元ネタを、「青いガーネット」でのガチョウ卸売業者との会話ではないか、としていますね。
ところが最近、ほかのことを検索していて、こんな文章が大量にヒットすることに気づきました。

シャーロック・ホームズは「知りたいことを聞き出すコツは、こちらの言うことに異議を唱えさせることだ」と言っている。
本当のことを教えてあげたい、という人の欲望を刺激するのだ。

「それは古い緑の船だね」とあてずっぽうに言ってみる。
「いや、新しくて黒い船だよ」と相手が言ってくれたらしめたものだ。


この先にはいくつかパターンがあるのですが、
「お前が好きなのは○○だろ?」「違うわ、あなたよ」と続くので、原文はホームズの話術を恋愛に応用するという趣旨の文章だったのではないかと思います。
かなりリブログやリツイートをされているようで、元の文章を書かれた方がわからなかったのですが…

この「船」の記述のおかげで、「四つの署名」からの引用だな、ということがわかりました。

船宿のおかみさんに、探している汽船の特徴を「いいかげんに」述べて、訂正させるホームズ。

「ああ、黄いろい筋のはいったあの古い緑いろのやつだね、横幅の広い?」
「いいえさ、河すじじゃ珍しくきれいな船ですよ。あらたに黒くぬりかえたんですよ。赤い筋を二本入れてねえ」
「そうかい?でもスミスさんもいまに帰ってくるだろうよ。私もこれから河を下るんだから、もしオーロラを見かけたら、おかみさんが気をもんでいるって、そういってあげようよ。煙突はまっ黒だとかいったね?」
「いいえさ、白筋の一本はいった黒煙突なんですよ」
「そうそう、黒いのは船の横っぱらだったね。(後略・延原謙訳)」


後ほど、ホームズはワトスンにこう言います。

「ああした手合いとの掛引に大切なのはね」とホームズはその船に乗り込んでから言った。
「向うのいうことが、こちらにとって大切なんだということを覚らせないことだよ。下手をしてそれを覚らせると、あの手合いは牡蠣のように口をつぐんでしまうからね。ああいうふうにいいなおさせているうちに、知りたいことの要領をつかんでしまうのさ」(延原謙訳)


どうも、こちらの方が「正解」に近いようですね。

元の文を書かれた方にお礼を言いたいです。書かれた意向から、とんと離れた方面からのお礼で恐縮ですが……
機会があれば、恋愛にも使ってみたいと思います!

【追記】(2013.1.18)ホームズが同様の手口で聞き込みをしてる場面がほかにもあることをYOKOさんに教えていただきました。コメント欄をごらんください。

シャーロックと地図

シャーロックは、ロンドンの道筋を知り抜いています。
第一話で、呼び出した場所に現れたタクシーをジョンと追う時、彼はあらゆる裏道を(それは人間の道じゃなくて猫の道じゃないか、とツッコみたくなるようなところも)走ります。

この時、彼の頭の中にある地図が映像で表現されるのですが、これはカーナビに行き先を入力した時のの「経路図」に表示されるような「鳥瞰図」です。シャーロックは一瞬のうちにタクシーの行き先と経路を割り出し、徒歩で追いつくための最短の経路を導き出します。

この映像は、「観察対象物の上に、そこから導き出した推理の結果が文字で浮かびあがる」という表現に並んでとても興味深かったです。名探偵の頭の中を覗いてみたい、という好奇心をちょっと満たしてくれました。

私は方向音痴で、車で知らないところに行く時は必ず迷うのですが、これはシャーロックのように街を地図と言う面で捉えていず、「あの角を曲がって、直進、3つ目の信号を右、○○が見えたら左に曲がって」というように、線で考えているからだと思います。カーナビでいうところの「ルート案内」の感覚ですね。
一つでも曲がり角を間違えたり、直進のはずの道が微妙~に曲がって二手に分かれたりしたらアウトです。

ホームズが道に詳しいというのは当然原作にも書かれているはずなのですが、どこだったかちょっと思い当たらず、前回の記事のために馬車に関する記述を漁っているときにやっと気づきました。

ホームズがロンドン市内のぬけ道に明るいことは、真に驚くべきものがあった。この晩も彼は何のためらうところもなく、私なぞは存在すら知らなかったような厩舎のあいだをぬけて足ばやに歩き、古い陰気な家のたち並ぶ小さい通りへ出たと思ったら、そこからマンチェスター街へ、そしてブランドフォード街へ出た。と思ううちまた素ばやく狭い通路へとびこんで、木の門を潜り、人けのない裏庭に入ると、鍵をだしてとある家の裏戸をあけ、二人がなかに入ると急いであとを閉めた。(空家の冒険・延原謙訳)



では、ホームズはどうやってその知識を得ているのか。「赤髪連盟」に書かれていますね。

「どれ、待ちたまえ」ホームズは角に立って、その軒並みを見わたしながら「僕はこのへんの家々の、順序を記憶しておきたいと思うんだ。ロンドンというものに対する、正確な知識をもちたいのが僕の道楽でね。ええと、一番がモーティマーの店で、つぎがタバコ屋。そのつぎが小さな雑誌屋、それからシティ・エンド・サバーバン銀行のコバーグ支店か。それから菜食者用レストランのつぎがマクファーレン馬車製造所の倉庫で角になっているね。(後略・延原謙訳)」



ホームズは「○○の隣は××、その隣は…」というように記憶しているのですね。これを「ルート案内」として後ほど思い起こすのでしょうか。それとも、その蓄積をシャーロックのように頭の中の地図に起こすのでしょうか。

世の中には「映像記憶」というものを持っている人がいると聞いて驚いたことがあります。
リンク先のwikiページの下のほうに、谷崎潤一郎のエピソードが載っています。
映像記憶に長けていない私の場合、「昨日行ったお店の住所は?」と聞かれたら、「あの通りから向こうが○○町だから、○○町だろう」というように推論するか、地図を見るかのどちらかだと思います。ところが、谷崎氏は一瞬見上げたお店の外観を「映像」で思い出して、軒灯に書かれた文字を正確に読みあげたらしいのです。

検索していたら、この能力を使って生活している方が、「この能力がない人はどうやって物事を記憶しているのですか」とある質問サイトで疑問を呈していらっしゃいました。人はそれぞれ世界の見え方や考え方が違っていて、他の人がどのように見たり考えたりしているか、普段は思いもよらないものなのですね。

さて、シャーロックはどうなんでしょう。
原作のホームズのように一つ一つ知識を蓄積して地図を作っているのか、または逆に、常に最新のロンドンの地図を映像として覚えていて、それを利用して考えているのか。

ドラマの映像表現は「映像記憶」を連想させるのですが、特にそれを裏付けるエピソードはありませんし、こんな台詞もあります。2話で落書きを発見したジョンに、なぜか消されていたそれを、思い出せるかどうか詰問するシャーロック。

Because the average human memory on visual matters is only 62% accurate.
だって、平均的な人間の視覚的記憶の正確さはたった62パーセントなんだぞ(拙訳)



シャーロックが自分を「平均的な人間」に含めているとは思えないので、彼自身のことを言っているわけではなさそうですが、もしシャーロックが「映像記憶」の持ち主だったら、ある程度は「覚えていて当たり前」という意識があるでしょうから、「大丈夫だ」というジョンをここまでしつこく疑わないんじゃないかなあ、と私は思います。(過去に何度も『覚えていない』人に出会って懲りている、という考え方もできますが)

彼が優れた記憶力の持ち主であることに疑いはないものの、視覚的な情報を写真のようにまるごと覚えているわけではなくて、原作のホームズ同様、観察力とそこから得た情報を統合・分析する能力に長けているのではないでしょうか。それを象徴的に表した映像があの「頭の中の地図」なのでは、と考えています。

でも、もし映像記憶と観察・推理能力を両方持っていたとしたら、それは探偵として最高ですよね。
ワトスンが時々ホームズの観察・推理をまねていますが、映像記憶も、訓練によってある程度伸ばせるものなのか、ネットにはさまざまな「脳トレ」ゲームが出ています。
年末年始に遊んでみるのも楽しいかもしれません。私はもうあきらめましたけど…


馬車とタクシー

SHERLOCKを観て感激したことのひとつに、ホームズの主な移動手段である「辻馬車」が現代の「タクシー」に全く違和感なく移行されていたことがあります。特に、第一話"A study in pink"の「元ネタ」である「緋色の研究」は馬車と御者が物語に深く関わるので、その見事さが際立っていたと思います。

もっとも、そう感じるのは私が馬車とあまり縁のない人間だからで、ロンドンの人たちはホームズが愛用した辻馬車も現代のタクシー自動車も、同じcabと呼ぶのですね。だから違和感もないかわりに、私ほど「おおっ」とは思わなかったのかもしれません。

原作に良く出てくる馬車は二種類あります。
一つはホームズ愛用の馬車、一頭立て二輪馬車の「ハンサム」です。
二輪馬車

ハンサムは横が開いていた上に、車体が小さいので揺れも激しかったのか、洋服に路面の泥はねがよくついてしまったようです。この「はね」をホームズはよく推理に利用しています。

the cab. You observe that you have some splashes on the left sleeve and shoulder of your coat. Had you sat in the centre of a hansom you would probably have had no splashes, and if you had they would certainly have been symmetrical. Therefore it is clear that you sat at the side. Therefore it is equally clear that you had a companion.”

馬車だ。見ると君は服の左ひじと肩に跳泥がすこしあがっている。二輪馬車の中央に乗ったのなら、跳泥をうけるはずがない。たとえついたとしても、左右同様であるべきはずだ。だから君は左によって腰かけていたのだ。従ってつれがあったということになる(フランシス・カーファックス姫の失踪・延原謙訳)


言ってる相手がワトスンだからいいようなものの、夫にはしたくない人だ…(ぼそり)

ほかに四輪タイプの馬車もよく登場します。「ボヘミアの醜聞」を読むと、ボヘミア王の馬車として二頭立ての四輪馬車"A nice little brougham and a pair of beauties.A hundred and fifty guineas apiece"(立派な小型の『ブルーム』に、美しい馬が二頭。一頭150ギニーはする)が出てきます。王の馬車はもう少し派手だったんじゃないかと思いますが、形としては下の画像のものが「ブルーム」みたいです。

braugham

また、アイリーンの馬車として四輪馬車 "a neat little landau"(しゃれた、小型のランドー型馬車)が出てきます。
この「しゃれた」というところが気になって、なかなか画像を見つけられなかったのですが、この馬車屋.comさんで紹介されているランドーなんかはかなりおしゃれじゃないでしょうか!シンデレラの馬車のよう!(でも、ほめてるワトスンはもう少し渋好みですよね。グラナダ版を確認したら、もっと落ち着いた感じの馬車でした…)

ホームズが二輪馬車を好んだのは、辻馬車としての利便性はもちろん、スピードもあったんじゃないかと思うんです。
馬一頭に対して、二輪馬車はかなり軽量なはずですよね。急ぐ時に「20分でいけたら半ソヴリン(ボヘミアの醜聞)」なんて言ってますから、御者と馬次第ではあるものの、結構速い乗り物だったんじゃないかと思います。
対して、四輪馬車は走行中に乗客が降りられるんです。「緋色の研究」ではソウヤにこの方法で見事にまかれていますが、この時ホームズは馬車の後ろにしがみついて尾行しています。(『この技術はいかなる探偵でもかならず熟練しなければならないことなんだ』延原謙訳)そういうことができるからには、四輪馬車は結構ゆるい速度で走っていたのではないでしょうか。(二輪馬車だと、しがみついても構造上すぐ御者にバレますけどね)

さて、現代ロンドンのcab(タクシー)ですが、ブラック・キャブとミニ・キャブ(プライベートハイヤー)に分かれます。ブラック・キャブの運転手になるには、Knowledge of Londonという試験にパスしなければなりません。この試験、7段階に分かれていて、全ての段階をパスするのには何年もかかり、実に70%の受験者が途中で断念するとのこと。運転技術はもちろん、ロンドンのあらゆる道を「完璧に」覚えていなければならない、という過酷な内容だそうです。詳しくはリンク先を…
自交総連 タクシー運転免許法制化プロジェクト報告より「ロンドンタクシー調査報告」

A study in pinkのジェファソン・ホープが自称「天才」だったのにも納得です…!

現代のタクシーの画像は、勝手にいつもお世話になっておりますLONDON naviさんにリンクを貼らせていただきます。
記事の半ばほどで話題になっている「向かい合わせの補助席」はSHERLOCKでも出てきましたね。これは、馬車の時代に四輪馬車の席が向かい合って座れるようになっていた名残りだそうです。

実は私、シャーロックとジョンがタクシーの中で事件の話をするのが、すごく気になってたんです。
馬車では御者に乗客の会話が聞こえないしくみになっていますし、鉄道を使うときもよく二人きりで個室をとっていますよね。現代版では運転手さんに会話がまる聞こえじゃないのかなあ、と心配してました。
でも、LONDON naviの記事を見て納得。運転席と客席の間はガラスで仕切られていて、インターフォンで話をする仕組みになっていたのですね。大昔にロンドンに行った時は運転手さんと雑談した記憶があるのですが、おそらく防犯上の問題から、今はこうなっているのでしょう。シャーロックとジョンが事件の話を聞かれる気遣いはないようですね。

オマケです。
群馬県の高山村に「大理石村・ロックハート城」という施設がありまして、最近ではドラマ「怪物くん」のロケなどで使われたりしてるようですが、ここにはグラナダシリーズの撮影で使われたという馬車が飾ってあるそうです。
公式サイトの写真を確認すると、どうも、四輪馬車のようですね。
細部までしっかり撮影された写真をYOUTUBEで見つけたので、共有させていただきました。


ご興味のある方は、スキー帰りにでも立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。