最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルについて

以前の記事でご紹介した望 岳人様のブログに、第1・第2シーズンの各エピソードの題へのご考察があり、とても興味深く読ませていただきました。
ぜひそちらを先にお読みいただくとして、付け足すような形で、私も各話タイトルについて思うことをすこし書いてみたいと思います。とても雑多で脈絡のない内容になってしまいますが…

NHKの「シャーロック」公式サイトによると、日本語版では

第1話・A Study in Pink →「ピンク色の研究」
第2話・The Blind Banker →「死を呼ぶ暗号」
第3話・The Great Game →「大いなるゲーム」


と訳されたようですね。

1話のタイトル"A Study in Pink"は、当然"A Study in Scarlet"(緋色の研究)のパロディと考えられます。
この「緋色の研究」という訳は、新潮文庫版の翻訳者・延原謙氏のご子息である延原展氏の注釈(1995年1月)によると、後の研究で美術用語である「習作」という訳の方が適当とされたようです。

延原展氏は、お父様の翻訳を改版する際にこの題を変えなかった理由の一つとして、
「『緋色の研究』の方が『緋色の習作』よりも探偵小説としての題名としては優れているという意見もある」ことを挙げていらっしゃいますが、私も本当にそうだと思いました。「研究」という響きは、ホームズの科学的な捜査方法を彷彿とさせますし、ホームズとワトスンの出会いの場であるバーツの一室の空気を感じさせてくれます。

「どうしてわかったの?」という記事のコメント欄でも少し触れたのですが、英語と日本語では、一つの単語の「意味の幅」が異なることが多々あります。たとえば「まだらの紐(The Adventure of the Speckled Band)」。英語のbandが『集団 』も表せるのに対して、日本語の「紐」は一つの意味に絞られてしまいますよね。
このように、翻訳する際、ばっちり合う言葉を探すのは難しいので、推理小説の訳題は言葉の意味よりも作者の意図を汲んでつけられるべきなのだろう、と思います。
この場合は「習作」の方がドイルの意図に近いと結論づけられたということでしょうが、studyと言う言葉が「研究」という意味も包括しているということを考えると、必ずしも正確な訳=良い訳とは言えないのかもしれません。

"A study in scarlet”という言葉は作中のホームズの台詞に出てきます。

「(前略)しかしこれもみんな君のおかげなんだ。君がいなかったら、僕は行かなかったかもしれない。したがって生れてはじめてというこのおもしろい事件を、むなしく逸したかもしれないんだからね。そう、緋色の研究というやつをねえ。
いささか美術的な表現をつかったっていいだろう?人生と言う無色の糸桛には、殺人と言うまっ赤な糸がまざって巻きこまれている。それを解きほぐして分離し、端から端まで一インチきざみに明るみにさらけだして見せるのが、僕らの任務なんだ。」(延原謙訳)

この言葉はホームズの持ち出した比喩で、事件と直接の関連はないわけですが、この色は現場に残された「血で書かれたメッセージ」を想起させますし、もう一人の主人公であるジェファスン・ホープの火のような情熱や執念のイメージにもつながります。あらためて、優れたタイトルだなあと思います。

対して、"A Study in Pink"という題はジョンの発想のようです。

"Pink lady, pink case,pink phone. There was a lot of pink."
「ピンク尽くめの女性、ピンクのケース、ピンク色の携帯、ピンクのものがたくさんあったからね」(第3話より・拙訳)

ではどうして、(製作スタッフによって)A Study in Blue でもyellowでもなく、pinkという色が選ばれたのか。ジョンの言った理由だけなら、どんな色でも話は成立しますよね。

このタイトルが発表されたとき、日本人の汚れた大人である私は、何らかの情事に関連した事件が起こるのかなあ、と考えました。しかし望様がブログに挙げられているピンクの定義によると、日本語で言う「ピンク映画」のような意味は英語にはないとのこと。
ホームズ流に、起こらなかったこと(選択されなかったもの)に対しての推理を働かせるなら、英語話者には青は憂鬱な感じ、黄色は嫉妬を連想させると聞きました。色のイメージによって、タイトルから連想するものは大きく変わりますね。

次に、語感によって選ばれたのかも、と考えました。2話は"The Blind Banker"、 3話は"The Great Game"と各語の先頭にくる音が統一されています(A Study in Scarletもそうですね)。
A study in pinkでのみこの「法則」が破られていますが、イギリスでの放映当時、雑談の中である方が「この題を聞くと"Pretty in Pink"を思い出す」とおっしゃっていました。

この言葉はイギリスのバンド「ザ・サイケデリック・ファーズ」の曲のタイトルでもあり、この曲を主題歌に採用したアメリカ映画のタイトルでもあります。私は寡聞にして知らなかったのですが、80年代の青春映画の代表作のひとつだそうです。
ちなみにその方はジョンの姉(妹の可能性もないわけじゃないけど)・ハリーと同い年、とよくおっしゃっていたので(ハリーの年齢に関してはジョンのブログをご参照ください)、脚本スタッフよりすこし若いものの、大雑把に言ってジョンと同世代と考えられます。脚本家やジョンの発想の根底には、この曲や映画があったと言えるのではないでしょうか。

まだその映画は観ていないのですが、レビューや歌詞を閲覧したところ、pretty in pinkの意味するところは(ピンクのものを身に着けた人に対して)「ピンクが似合うね」という感じみたいです。作中のpink ladyを思わせます。

すこしと言いつつ、長くなってしまいました。第二話と第三話については、また後ほど。

スポンサーサイト

あと5日

"SHERLOCK"が2011年のBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)・ドラマシリーズ賞を獲得したのはご記憶に新しいと思いますが、グラナダテレビ制作の「シャーロック・ホームズ」シリーズでホームズを演じ、SHERLOCKの製作スタッフにも影響を与えたジェレミー・ブレット氏(シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチ氏のお母さんともお友達だったそうです)は、ホームズの演技に対して何の賞も贈られていなかった(!)とのことです。

2010年の春から、彼に賞を贈ることをBAFTAに請願する活動が始まり、署名運動が行われていました。
その署名運動が、この9月いっぱいで終了するそうです。

上記の情報のすべては、このブログの育ての親ともいえるRM様のサイトの記事の受け売りです。
ここに来てくださる方ででジェレミーが好きな方は、当然すでにRM様のサイトをごらんになっているでしょうから、このご案内を書くことには何の意味もないかもしれません。

また、私自身が長年のジェレミーファンだからといって、SHERLOCKのファンサイトに記事として載せることを疑問視される方もいらっしゃるかもしれません。
(『ブログと言っても個人のメモ帳に近い規模なんだから好きなこと書けば?』とうっとおしがられてしまいそうですが、私自身にそういう頑迷なところがあり、お知らせは控えてきたのです。)

でも、彼がいなければSHERLOCKはなかった。(と、言い切ってしまいます!)
そういう視点からの署名をしてくださる方がいてもいいのではないか、と割り切って、ご案内をさせていただきます。

ジェレミーにBAFTA賞を!

↑はRM様の記事へのリンクです。RM様が詳細な説明をしてくださっていますので、お名前(表示上は匿名にできます)とメールアドレス、国籍を書き込むだけで問題なく署名ができると思います。(私も友人数名と挑戦しましたが、特にコメントを書かなくてもよかったので簡単でした。)

ご賛同いただける方は金曜日までに、ぜひ。

最後に、SHERLOCKチームがBAFTA賞を受賞したときの動画です。
こんな嬉しい場面を生み出すための最後の一押しになれたら、素敵だと思います。

車に残された血

当ブログを紹介してくださっている方を見つけたよ~、と友人に聞いてさっそくうかがってみたのですが、ご紹介を見つける前に、ブログ主様(望 岳人様)のSHERLOCKへのご考察を読みふけってしまいました。
めったに読めない(と思ってた)ドイルの書いたパスティーシュ、"The Field Bazaar"と"How Watson Learned The Trick"の日本語訳もされていますよ!

目からウロコだったのは、第3話のレンタカー屋さんの場面で、車についた血を「唇の捩れた男」からだ、とおっしゃっていることです。私は全く気づきませんでした…!

「唇の捩れた男」事件のあらましを簡単に説明しますと、慣れない下町を訪れた一人の女性が、ある窓にロンドンで仕事中のはずの夫の姿を見つけます。たまたま巡回で現れた警官たちを伴ってその建物に入っていくと、そこには、おそろしい人相の男とインド人の水夫がいるだけ。しかし、彼女は夫が子どものために買って帰ると約束していた積み木を見つけます。あやしいと見た警官たちが調査を進めると、夫の衣類や時計が発見され、そして窓枠や床には点々と血が。それきり夫は帰ってこない…
レンタカー屋さんの事件も「夫の失踪事件」であることを考えると、このエピソードが「唇の捩れた男」にヒントを得ていることは間違いないでしょう。お見事です!!

原作に「何度読んでも新しい発見がある」ように、"SHERLOCK"にも何度観ても新しい発見がありますね。
(ひょっとして、そういう視点で何度も何度も観てるのにわからない私が鈍いのか…?)
望 岳人様も記事中でご指摘なさっているのですが、一作一作を現代版化するのではなくて、"based on works of Sir Arthur Conan Doyle" としてさまざまな「原作ネタ」をちりばめる趣向にしたのは大成功だったのだなあ、と思います。

望 岳人様、勉強になりました。ご紹介も含め、ありがとうございました。




The show must go on!

プリンス邸に乗り込んで好き放題やったジョンとシャーロックに対する、ケニー・プリンスのコメント。

"You are like Laurel and bloody Hardy."
「君たちはまるでローレル&ハーディみたいだな」

私はこの「ローレル&ハーディ」を知らなくて、友人に聞いてみたところ調べてくれました。
リンク先のwikiにあるように、1921年から1951年、サイレント時代からトーキー時代の初頭にかけて、アメリカ映画で活躍した喜劇俳優だそうです。
小さくて細いローレルと巨漢のハーディの、いわゆる凸凹コンビです。

どんな風にシャーロックとジョンに似ているのか、まずは動画をごらんください。



いかがでしょうか。
確かにローレルは、ちょっと神経質そうな感じがジョンに似ているかも。
ハーディは、シャーロックというよりも、演じているベネディクト・カンバーバッチ氏に無邪気な笑顔が似ている気がします。(この動画ではあんまり笑ってませんけど)

ところで、どうしてプリンス氏の口からこの名前が出たのか、wikiのリンクを辿ってみて納得いたしました。

淀川長治 世界クラシック名画撰集「ローレル&ハーディの天国二人道中」

ローレルとハーディは、そっちの仲良しではないかという視点で淀川氏は楽しんでおられたわけですね。
それにしても淀川氏、ハーディのべイビーフェイスを絶賛し過ぎです。Babe Hardyと呼ばれていたそうなので淀川氏に限らないと思いますが、そちらの方に人気ということは察しがつきました。そこでプリンス氏と繋がるのか~。私はすごく遠回りしたけど、イギリスやアメリカの視聴者はすぐにピンとくるのでしょうね。

さて、原作との比較。
ここでのジョンとシャーロックは、お笑いコンビではなくて「記者とカメラマン」のつもりだったようです。
こんな風に正体を隠して潜入捜査をすることは、ホームズ単独でならよくあるので別項で扱いますが、二人揃って、というのは珍しいと思います。「犯人は二人」で芝居帰りの二人連れを装ったり、「ショスコム荘」の近くの宿に、釣り人のふりをして滞在した時くらいかしら(でも、何だかんだ言って結構釣りを楽しんでいるように見えました)。あ、「株式仲買店員」では、失職した「バーマンジーのハリスさんとバーミンガムのプライスさん」を名乗って、不審な会社の面接を受けています。(ホームズがハリスで会計が専門、ワトスンがプライスで事務職という設定です)「高名な依頼人」ではワトスンが偽名を使って、骨董マニアの医師のふりをしてグルーナー男爵を訪ねていますね。

二人揃って別人の役をしているとき、ホームズもワトスンもどこか楽しそうなんですよね。
第1話のシャーロックとジョンも、警官のまねを楽しそうにしていましたね。
私が一番好きなのは、グラナダ版の「青い紅玉」で、賭け事好きな紳士たちを即興で演じる二人!
ワトスンがにこにこ笑って手をだす場面が、何度観ても微笑ましいんです。



ジョンとサラは結婚するか?

原作のワトスンは、少なくとも一度は結婚しています。
そのお相手は、「四つの署名」のヒロイン、メアリ・モースタン嬢
この長編は、彼女の父にまつわる謎をホームズが解く冒険活劇ですが、ワトスンとメアリの恋物語にもなっています。
その後はいくつかの短編に、ワトスンの妻としてちょこちょこと登場しますが(リンク先にまとめがあります)、ホームズがモリアーティと対決後行方不明となった3年の間に、亡くなったと考えられています。

この「ちょこちょこ」が、ワトスンがホームズの冒険に同行するために断りを入れたり、ホームズに「奥さんはお宅かい」と気遣われたりと、「冒険前に乗り越えるべきハードル」みたいな描かれ方が多いので、パロディなんかでは夫を連れ出すホームズを嫌ってる設定にされがちなのですが(いしいひさいち氏の「コミカル・ミステリー・ツアー」での敵対っぷりなんかいっそ爽快なくらい…)原作にそういう言動があるわけではなく、むしろ気持ちよく送り出してくれる奥さんだったようです。
ロバート・ダウニー・Jr.がホームズを演じた2009年公開の映画では、親友の結婚を歓迎しないホームズと渡り合いつつも、ちゃんと男同士の友情を理解しているという、強い女性として描かれていました。

現代版でジョンに好意を寄せているのは、診療所に彼を採用した医師のサラ。
第2話でひどい目に遭ったのにも関わらず、その後もジョンとの絆を深めているあたり(ジョンのブログによると2話と3話の間、シャーロックがミンスクに出張している間に、何度か食事したり飲みに行ったみたいですね)、本当にしっかりした人だなあと思います。

では、サラは現代版メアリ・モースタンなのか?

まず、「名前が違う」というツッコミがあります。

これについては、メアリもサラも「多い名前」なんじゃないかなあ、と思います。
Baby Centerという、赤ちゃんの情報サイト(アメリカ)があるのですが、ここではかなり昔からの詳細な「人気のある赤ちゃんの名前ランキング」が見られます。ここのUK版、Baby Centreを覗いたところ、ざっくりとですが1900年代からのイギリス人に人気のある名前ランキングがありました。

これによると、ジョン(John)は1904年からず~っとトップ5に入ってますね。
1974年の調査では、初めてトップ5から外れていますが、ポピュラーな名前であることは間違いないです。
この年、女子のトップはサラ(Sarah)です。サラは大体この辺の生まれなんじゃないでしょうか。
一方、メアリ(Mary)も大変人気のある名前です。1904年と1914年の調査ではトップ。
ホームズシリーズの中には「メアリ」という名の女性が多く登場する(メアリ・サザランド、メアリ・ジェーンなど)のも、その裏付けになると思います。
ジョンと同じように緩やかに順位を落としてゆき、1954年に姿を消しています。
メアリとサラはそれぞれの時代でもっともポピュラーな名前を授けられている、と言っていいのではないでしょうか。飛躍しすぎを承知でいえば、「サラ」という名は現代版世代における「メアリ」にあたる、といえなくもない…かな?
(『メアリ』が現代のイギリスでどれくらい多い名前なのか実感としてわからないので、何とも言えないのですが…もし多いのなら、何でメアリにしなかったの?って話になりますよね)

メアリとサラには、仕事を持った女性であるという共通点もあります。
ワトスンと結婚する以前のメアリはガヴァネス(家庭教師)として働いていました。当時、中流階級の女性が就ける職業は限られていて、その代表的なものが、上流の家庭の子女に語学や音楽などを教える家庭教師だったそうです。また、軍人の娘であったメアリは、ワトスンの考え方や生活スタイルもよく心得ていたんじゃないかな、と思います。
サラも、同じ医師としてジョンと理解し合えるところが多いでしょう。前の記事で書いた「女性を同じ人間と見ている」という理由からも、ジョンは自分とかけ離れた世界に住む人よりも、人生観が似ていたり、話が弾むような女性を好きになるんじゃないかなあ、と思います。(まあ大抵の人がそうといえばそうですが、ほら、手の届かない女に魅かれる誰かさんみたいな人もいるわけですから…)

いずれにしてもあまりデータがないのですが、サラが現代版メアリとしてジョンと結婚する可能性はゼロとはいえない、と私は思います。

ただ、グラナダ版では「四つの署名」が製作されたにも関わらず、ワトスンは結婚せずにずっとホームズと暮らしている様子ですし、前述した「名前ネタ」を突き詰めるなら、原作ではSarahは「ボール箱」で妹(奇しくもメアリという名前)の夫(ついでに言えば名前はジム)を奪おうとする女性の名だということにも触れておかなくてはフェアではないかもしれません。
皆様はどう思われるでしょうか。

ところで、イギリス人の名前のことを調べていたら、こんなものを発見しました!

The Very British name Generator

性別を選択・名前を入力してGod save the Queenキーを押すと、あなたの「英国名」を命名してくれます。
ちなみにわたしはEmilyでした。




NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。