最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

推理の科学(2)~ピンクのスーツケース

ホームズのセリフで「かっこいい!」と思っているものがいくつかありまして、その中の一つに「白銀号事件」のこれがあります。

「あの晩の、犬の不思議な行動に、ご注意なさるといいでしょう」
「犬は全然なにもしなかったはずですよ」
「そこが不思議な行動だと申すのです」(延原謙訳)

きっとホームズファンに「好きなセリフ」アンケートをとったらかなり上位になるはず!と信じているのですが、まあそれは置いておいて、ホームズは「そこにある事実」だけでなく「あるべきなのに、そこにない」ものも証拠として活用します。

現代版・シャーロックもそうです。
"A study in pink"での、「被害者のスーツケース」がそれにあたります。

「観察」によって被害者が旅行者であることを割り出し、
「推理」でスーツケースがあるはずだということを知る。
現場にスーツケースがない、という事実に対して仮説を立て、
(『もうホテルにチェックインしたのかも』というジョンの意見もひとつの仮説ですね)
ありえないものを消去すると、ひとつの真実にたどり着く。
シャーロックの頭の中では、この過程が非常に速く行われているわけですね。

ジョンのブログでも、シャーロックが「ないもの」に目をつけたということが強調されています。

またもシャーロックは、一見しただけでその女の全てを知った。彼女の身なりや、脚についた泥はねなどの「そこにあるもの」と、もっと重要な、「そこにないもの」。彼女のスーツケースだ。
そして、それこそがシャーロックに火をつけた。
なくなったピンクのスーツケース。(拙訳)

※この記事を書くに当たってWikipediaの「シャーロック・ホームズ」のページの「推理法」の項目をみつけ、参考にさせていただきました。
スポンサーサイト

推理の科学~シャーロックのサイトから

シャーロックのサイト”The Science of Deduction" 。
彼に連絡をとる窓口であると同時に、解決済みの事件のアーカイヴでもあります。(ジョンがブログに事件の記録を発表するようになってからは、そちらにリンクを貼っているようですが)

サイト名を日本語にすると、「推理の科学」「推理学」といったところでしょうか。
これは、「緋色の研究」の第2章の題と同じです。この章では、同居を始めたワトスンによりホームズの人となりが描写され、ホームズ自身によっても推理法についての考えが語られています。
ホームページには
1,私はあらゆるものを観察する。
2,それを基に推理を行う。
3,不可能なものを消去していけば、どんなに奇妙であろうと残ったものが真実である。
というシャーロックの推理法が掲げられています。

これについては、「四つの署名」の冒頭で詳しく説明されています。

観察と推理はある程度同じものではないか、と聞くワトスンにホームズはこう答えます。

「たとえば観察は僕に、君がけさウィグモア街郵便局へ行ったことを教えてくれるが、そこで君が電報を一本うったことを教えてくれるのは推理のほうだ(延原謙訳)」


ワトスンの靴にウィグモア街でしか見られない赤土がついているのを「観察」によって見抜き、
彼がウィグモア街の郵便局に行ったと仮定する。
ここから先は「推理」で、いくつかの仮説を立てます。

1、ワトスンは手紙を出しに行った。
2、ワトスンは切手やはがきを買いに行った。
3、ワトスンは電報を出しに行った。

「けさはずっと君と向いあっていたけれど、手紙を書いた様子はなかったし、それにあけはなしになっていた君の引出しには、切手もはがきもたくさん見えていたからさ。それでも局に行くというのは、電報よりほかないじゃないか。すべてのありえないことをとり捨ててゆけば、あとに残ったのが必ず真相でなければならない(延原謙訳)」

「すべてのありえないことをとり捨ててゆけば~」という「消去法」はホームズが特によく口にする手法で、「緑柱石の宝冠」「ブルース・パーティントン計画書」「白面の兵士」などでも言及されています。


ちなみに、シャーロックがジョンと初めて会った時、携帯を借りるきっかけになった「緑のはしご事件」だけは全貌が語られていますが、ほとんどの事件にはリンクが貼られていなくて内容がわかりません。
それでも、どこかで見たことのあるような題が散見されます。

The Confusion of Isadora Persano「イサドラ・ペルサーノの発狂」(ソア橋)
The Abernetty Family「アバネティ一家の恐るべき事件」(六つのナポレオン)
The Crooked House「まがった家」
The Man With Four Legs「四つ足の男」
The Killer Cats of Greenwich「グリニッチの殺人猫たち」
The Kirkcudbright Killer「カークカドブライトの殺人」
The Ghost of St Bartholomew's 「聖バーソロミュー病院の幽霊」
The Purple Woman「紫衣の女」
The Laughing Pilot「笑うパイロット」
The Missing Jars「失われた瓶」
The Invisible Porter「見えないポーター」
The Subdivided Crooner「切り刻まれた歌手」
The Pale Man「蒼ざめた男」
The Iron Football「鉄のフットボール」

「  」内は拙訳、(  )内はその事件が原作で言及されている場合の作品名(新潮文庫版)です。
「まがった家」は「まがった男」、「四つ足の男」は「這う男」を連想させますが、ホームズもの以外の作品を髣髴とさせるものもあります。(訳が適切でなかったら申し訳ありません、コメント欄でご指摘いただけるとありがたいです!)

ジョンと出会う以前のシャーロックの話も、いつか観てみたいですよね。
個人的には「バーツの幽霊」のお話が観たいです。
スタンフォード君やモリーを「ワトスン役」にしても楽しそうだし、案外モリーがシャーロックを好きになったきっかけだったりして…などという妄想もひろがります。

じょんおにいさんのわくわくおりがみ〈くろはす〉

hasu
よいこのみんな、いつもぶろぐをよんでくれてありがとう。
じょんおにいさんだよ。

きょうはみんなに、にほんのおりがみをおしえるよ。
おにいさんはおいしゃさんだけど、
あんまりこまかいさぎょうがすきじゃないので、
(ぶろぐもいっぽんゆびでうっているよ。)
ほかのさいとのどうがをみてね。


はすのはなのおりかた


ちゅうごくのわるいひとは、くろいおりがみをつかうんだ。
だれかをあんさつしたとき、ぽけっとやてにそっといれておくんだよ。
よいこのみんなはまねしちゃだめだよ!

おにいさんによくにたなまえのひとが
ふるいほんにでてくるんだけど、
そのひとはけっこうきようだったみたいなんだ。
「はんにんはふたり」というおはなしで、きゅうにごうとうのまねごとを
することになるんだけど(きっと、むちゃなおともだちがいたんだね)
「くろきぬでわけなくきみのもこしらえられるよ」(のぶはらけん・やく)といって、
ささっとふたりぶんのふくめんをつくっちゃうんだよ。すごいね。
でも、よいこのみんなはまねしちゃだめだよ!

それじゃあみんな、たのしいなつやすみをすごしてね。
「しゃーろっく」のほうそうは8がつ22にちからだよ。
それまでに、しゅくだいはおわらせようね。


じょんおにいさんより


人違いの話

いつもにも増して相当どうでもいいこと書いてる自覚がなくもないんですが、1話、3話に比べてあまりに2話の記事が少ないので「ああ何かひねりだそうと必死なんだな」とぬる~く見逃していただければ幸いです。

あろうことか、犯人一味にシャーロックと間違えられるジョン。
借りたカードとか、独り言(に見せかけたイヤミ)とか、色々なことが伏線になっているのですが、ジョンのブログもちょうどこの時※、顔写真がシャーロックと二人で写っている物に変わっていました。(公式トップの写真の別アングルだったと思います。)シャーロックの方が大きく写っていたので、そちらが書き手のジョンだと思われちゃったわけですね。

確かに、視聴者には「どっちがホームズか」は一目瞭然ですが、作中の登場人物にはステレオタイプな「ホームズとワトスン」のイメージはないわけで…

「まだらの紐」で、怒って221bに飛び込んできたロイロット博士の第一声が
どっちがホームズだ?」でした。
「ボヘミアの醜聞」にも、訪ねてきたボヘミア王が「どっちへ話しかけてよいか迷うらしく、私たち二人を見くらべた」という記述があります。(いずれも延原謙訳)「スリー・クォーターの失踪」「三破風館」もそうですね。いずれの場合も、質問した人は体力自慢や権力自慢で、あまり知的ではない感じに描写されているようです。

原作にはホームズとワトスンが取り違えられて騒ぎに、という話はありませんが、かなり面白い展開なので、もっとこの勘違いを見ていたかったなあと思いました。「あの彼」も2話の時点では、シャンの報告で山のように送られてくるジョンの写真を「これがホームズか」と思って見ていたのかと思うと、○○くらいくくり付けたくなる気持ちもわかります。

名探偵ホームズの存在自体が、書き手であるワトスンの創作であった、という説もあるようですね。
「迷探偵シャーロック・ホームズ 最後の冒険」はそういうお話ですね。wikiは英語しかなかったんですがこちらに。

※BBC ONEで初めて放映された時点。ジョンのブログは、ドラマの放映内容に合わせて更新されます。


シャーロック・ホームズとお食事を

ホームズとごはん」という記事を読んでくださったるきさんが、ホームズシリーズに出てくる料理を研究した本をご紹介くださいました。リンクはamazonです。

シャーロック・ホームズ家の料理読本シャーロック・ホームズ家の料理読本
(1981/03/27)
ファニー・クラドック

商品詳細を見る

シャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブックシャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブック
(2006/07)
ジュリア・カールスン ローゼンブラット、フレドリック・H. ソネンシュミット 他

商品詳細を見る


「料理読本」は遠~い昔、図書館で借りて読んだ記憶があります。ハドソン夫人が書いたという設定で、こういう料理を二人に出していました、という感じでレシピや料理の豆知識を紹介しています。下宿の主婦としてのハドスン夫人の優しい視線が感じられました。

今回は、「レシピ再現」に惹かれて「お食事を」の方を購入してみました。
これが面白かった!料理が出てくる話の内容にもしっかり触れていて、レシピ集というよりは、料理を切り口とした研究書という趣です。「ホームズは○○に出てくる●●嬢と結婚した」という考察までありますよ!

この研究の成果がふるまわれた、シャーロキアンたちの晩餐会のメニューまで載っています。
いやぁ、本物のマニアの方というのは凄い…!
わたしが軽~く「食べてみたい」と書いたフォアグラのパイなんて、ものすごい議論の歴史を抱えているようです。

この本の何よりいいところは、レシピの通りに作ればちゃんとおいしいものができそうなところ!
実際に作って晩餐会でいただくことを前提にしているので、現代人の好みに合わせてあるのでしょう。
羊のカレーはラム肉を使うようにという助言があったり、ホームズが急いで作ってポケットにねじ込んだ冷たい肉とパンだけのサンドイッチも、きちんと「英国流ローストビーフ」「ホワイトブレッド」のレシピから載っていますし、ホームズが野宿しながら食べた桃の缶詰まで、その地方で手に入るはずの材料を使った「桃~カートライト風~」という一皿のデザートに仕立てられているのです。(カートライトは、ホームズに食糧や手紙を届けていた少年の名前)

るきさん、ホームズ好きにもおいしいもの好きにもたまらない本のご紹介をありがとうございました!
今後しばらく、我が家を訪れる方は、日本食の調理すら怪しい私の挑戦精神のいけにえとなることを覚悟していただきたい!胃薬は用意しておきます!




NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura