最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

世界で2番目に面白いジョーク

ブックマークの整理をしていて思い出しました。
「The great gameの構造」という記事で「星をキーワードにシャーロックとジョンの関係の深まりを描いている」というようなことを書きましたが、ホームズ&ワトスンと星についてのエピソードをもうひとつ。

2001年、ハーバード大学のリチャード・ワイズマン教授を中心に、英国科学振興協会(The British Association for the Advancement of Science)(現在は英国科学協会)が70ヵ国からジョークの応募を募り、40000通もの応募がありました。これに対し、インターネット上で採点投票を行い、「世界で一番面白いジョーク」が決定されました。

この時「世界で二番目に面白いジョーク」に選ばれたネタに、ホームズとワトスンが登場します。
オリジナルはこちらで読めますが、ネットで流布するうちに改良されて面白くなってるので、今回はこちらを訳してみます。


シャーロック・ホームズとワトスン博士がキャンプに出かけた。
おいしい夕食と一本のワインを楽しんだ後、二人は眠りについた。

数時間後、ホームズが目を覚まし、彼の忠実な友をつつき起こした。
「ワトスン、空を見て君の推理を聞かせてくれ」
ワトスンはちょっと考えて答えた。「無数の星が見えるよ、ホームズ」
「そのことから何が分かる?」
ワトスンはちょっと考えた。
「そうだな、天文学的に言えば、宇宙には何百万もの銀河と、おそらく何十億もの惑星がある。
占星学的に言えば、土星は獅子座にある。測時法で言えば、今は3時15分くらいだ。
気象学的には、たぶん明日はいい天気だろう。
神学的には、神は全能で、僕たちはちっぽけで取るに足らない存在だ。
君にはまだ他に何かわかるのかい?」

一瞬の沈黙のあと、ホームズは答えた。「馬鹿!僕たちのテントが盗まれたんだ!」


ジョークとしての賛否は色々お有りでしょうが、「ホームズとワトスンがキャンプに行く」という設定だけでもうほんのり可笑しいと思う私です…



スポンサーサイト

ついに日本で放送です!

(この記事しばらくトップ固定・最新記事は次の記事になります)

SHERLOCKの日本放送が発表されました!
さんざん勝手な訳でブログ書いといてなんですが、

やっとシャーロックが何言ってたかわかる
というのが正直な感想です!

そして、8月に引っ越す先で、BSプレミアムが見られないというとんだうっかりに気が付きました。
DVD待ちか…!
というわけで、本ブログの日本語訳がまともになるのは当分先になりそうです…。

2011年8月22日(月)~24日(水) 午後8時~9時半
NHK BSプレミアム
を観られる方は観ればいいじゃないっ!あたしは地上波で「ためしてガッテン」観とくから!



イエローページ

電話帳にヴァン・クーンという名はそう多くない(拙訳)」と言って、ヴァン・クーンの住所を探り当てるシャーロック。この手法をジョンがちゃんと覚えていて、第3話で応用してみせるのが心憎いです。

「めずらしい名前」「電話帳」とくれば、思い出されるのは「三人ガリデブ」。
「『ガリデブ』姓の男を3人集めたら遺産を相続させる」という奇妙な話をホームズから聞いたワトスンは、とりあえず手近にあった電話帳をめくっていました。

2話では、スー・リンのフラットを見つけるときも、ドアの外に放置された「イエローページ(職業別電話帳)」がヒントになります。


本は魔法の庭のようなもの しかもポケットに入れて運べる(拙訳)」というシャンの言葉に象徴されるように、2話のキーワードは「本」と言えそうです。

そして、1話のイメージカラーを「ピンク」とするなら、2話はスプレーの黄色、イエローページの黄色と「黄色」がやたら目につく回、というのはこじつけかな?2話のタイトルにも「色」を入れようとして、原作の「黄いろい顔」とかぶるのでやめたんじゃないかなぁ、というのは邪推が過ぎるでしょうか。

ついでに原作で「色」が入ってる題名を探してみました。

・緋色の研究 ・赤髪連盟 ・青いガーネット ・白銀号事件 ・黄いろい顔 ・黒ピーター 
・金縁の鼻眼鏡 ・赤い輪

「白面の兵士」「オレンジの種五つ」「緑柱石の宝冠」は原題を見てなんとなくアウトな気がしたんですがどうでしょう。(どうでしょうって、このリスト自体べつに役には立ちませんが…)

テンプレートを変えました

何せ急に立ち上げたブログだったもので、とりあえず公式テンプレートをお借りしていたものの、ジョンのブログにだけは勝ちたい(サイトデザインで)と、アタイ思い続けてた……!

FC2ブロガーのアワタトシコさまのご提供なさっていた共有テンプレートがシンプルですてきだったので、お借りしてみました。
行きがかり上、このブログは血なまぐさい文字ばっかりで、せっかくの落ち着いたデザインが生かされてませんが、アワタさまのブログはほこっとした雰囲気がとてもかわいらしい上に、子育て漫画が激面白いです!!
可愛いだけでは満足できない、笑いの求道者は行くべし! 女子高生も(いたら)行くべし!

(アワタさま、こんな物騒なブログで紹介させていただいてありがとうございました…!)

ホームズとごはん

「ロンドンの食事に期待をしてはいけない」というのが旅行者の定説になっているようですが、小学校の図書室でホームズを読んで育った私は
「イギリスのごはんって、なんておいしそうなんだろう…」と思って生きてきました。

最も印象的だったのが、「海軍条約文書事件」での朝食で出てきた「チキンのカレー料理」。
朝からカレーですよ!後年、イチローが朝カレーを食べると聞いて、「ホームズだ!」と思いました。
うちの母も前夜の残りのカレーを朝食にすることがよくありましたが、頭脳はともかく家族全員胃は丈夫です。

カレーと言えば、「白銀号事件」の「羊のカレー料理」も子どもの興味をそそりました。
大きくなって本格的なインド料理店でマトンのカレーを食べた時は、これだったのか~!という喜びとともに、臭み消しに相当のスパイスを入れるのだろうなあ、と納得したものです。

シャーロックがハドスン夫人に「冷たいものでいいから」と夜食をねだっていましたが、原作のホームズも忙しい時にとっていた「冷たい肉とパン」の軽食も、やけにおいしそうに思えました。
肉と言えば「牛、豚、鶏」の3択だと思っていた子どもにとっては、ヤマシギとかキジとかガチョウとか、うさぎとか羊とか、どんな味がするんだろうと夢が広がりましたね~。同じく子どものバイブルだった宮沢賢治「銀河鉄道の夜」にも「これお菓子だよ」と言われる鳥が出てきたので、イメージが重なったのかもしれません。
「花嫁失踪事件」で出てきた「鳥肝捏物(フォワグラ)のパイ(延原謙訳)」は、大人になった今でも食べてみたいです。

「瀕死の探偵」で飲まず食わずだったホームズがワトスンを誘ったり、「高名の依頼人」で二人が待ち合わせをした「シンプスン料理店(延原謙訳)」には、憧れるあまり、学生時代に一度訪れました。
エスコートもなく、服装もマナーも名店にそぐうものではなかったでしょう。今にして思えば非常識な小娘でしたが、ウェイターの皆さんは優しく、ユーモアたっぷりに気遣ってくださったことが忘れられません。
根気よく、楽しそうにオーダーを決めるのにつきあってくださって、「瀕死の探偵」でホームズが飲んでいた「クラレット」を「栄養があるんだよ」と注いでくれた初老のウェイターさんはお元気かなぁ…
牡蠣はもちろん、名物のローストビーフにヨークシャープディング、ルバーブのタルトなどをいただきました。
この時のおいしくて楽しかった体験のせいか、個人的にイギリスには「食べ物がおいしい国」という印象があります。
気心のしれた人や、好きな人と共にする食事の楽しい雰囲気を「ホームズ」からも「シンプスンズ」からももらえたからかもしれません。

シャーロックとジョンが食事をする店は、ぐっと庶民的な感じ。ジョンに「シャーロックはほんとにいいレストランを知ってる」と褒められているわりには、シャーロックは食事をとる場面が出てきませんね。事件に集中している期間だからとはいえ、いつもジョンが食事する所を見ているだけで、ものを口に運ぶ場面が3話中一度もありません。ちょっと人間離れしたイメージの演出なのかな。







NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura