最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両極端は惹かれあう?

レストレードとシャーロックが現場検証をしている間に、サリーに絡まれるジョン。

サリー「まだ彼とつきあってるのね」
ジョン「ええ、まあ…」
サリー「正反対のものは惹かれ合うのかしら」
ジョン「僕らはそういうんじゃ…」
サリー「あなた、何か趣味を持つべきよ。切手集めとか、電車の模型作りとか。その方が安全だわ」(拙訳)


勘違いはあるにせよ、サリーがやけにジョンとシャーロックを「別れさせよう」とするのはなぜなんだろう。
純粋にジョンへの親切心なのか、シャーロックになにか特別な思いがあるのか(シャーロックに「古い友人」として紹介されていたし)。忘れてなければ解消して欲しい伏線です。

勘ぐりはこの辺にして、元ネタ検索。

「神聖なものと畜類と、 野人と天使という具合に、両極端は求めあうものなんだねえ。」(高名の依頼人・延原謙訳)

悪い男に騙されそうになっている令嬢を説得しようとしたものの、恋は盲目ってやつであっさり追い返されたホームズの感想。

…たまたま見かけると「元ネタか!?」と飛びつく癖がついてしまってますが、ただの一般論という気もします。

いずれにしろ、当人達にとっては大きなお世話以外の何ものでもないんですね。
ホームズは襲われて寝込んでもワトスンを送り込みますし、サリーも別れ際まで「釣りよ、釣りにしなさいっ」って食い下がりますけど。





スポンサーサイト

どうしてわかったの?

事件現場に向かう車の中。

シャーロック「昨日、初めて会った時『アフガニスタンか、イラクか』と聞いたら、君は驚いたようだったね」
ジョン「ああ 何で知ってたんだ?(Yes, How did you know?)」
シャーロック「知ってたんじゃない。見たんだ(I didn't know, I saw.)」(拙訳)

ジョンの髪型や肌の色、立ち姿を「見る」ことから彼の過去が分かったシャーロック。
誰かに教えてもらったりして事前に情報を得るのではなく、観察と推理で情報を得るホームズの手法が紹介される場面は枚挙に暇がありませんが、たまたま読んだ「ボヘミアの醜聞」に近い表現があったので挙げておきます。

結婚後、ワトスンが診療所を開業したことをホームズが当てる場面。

“Then, how do you know?”
「聞きもしないで、どうしてそんなことがわかるんだい?」

“I see it, I deduce it.
「わかるさ、推理でわかる。」(延原謙訳)

↑このセリフは「(聞くのではなく)見て、推理するんだ」と訳すこともできますよね。
seeは学校では「見る、会う、わかる」と教えますが、ばらばらに覚えるよりも、こういった「ひとつの言葉の幅や奥行き」を実際の会話から感じることってすごく大事。単語テスト、単語テストで子どもに「言葉の意味を切り刻む」のを押し付けてしまっていることに疑問を感じます…

太った?

「そして恋愛は君に合ってるようだね、モリー。前に会った時から3ポンドは太ったようだ」
「2.5よ」
「いや、3だ」(拙訳)

ちなみに3ポンドは1.3608kgだそうですよ。「ただの仕事仲間」に言われたくないよね、モリー!
(微妙にモリーの味方をする30代独身女性)

元ネタは「ボヘミアの醜聞」で、結婚後しばらく会っていなかったワトスンへのホームズのセリフ。

「君には結婚が合っているんだ、と見える。このまえから見ると、七ポンド半は肥ったぜ」
「七ポンドさ」
「フーン、もうすこしよく考えてからいうのだった。もうちっとだけね。」(延原謙訳)


今も昔も男も女も、たかが0.5ポンド(0.2268kg)にこだわってしまうということか…
(そういう私もビールっ腹をどげんかせんと…夏までにっ!!)






【事件の重要なネタバレ】5つの警告音

シャーロック宛ての封筒の中に入っていた携帯電話から、時報の信号音が5回。
それを犯人からの「警告」と断定するシャーロック。

「とある秘密結社は、メロンやオレンジの種を送りつけていた。これも同じように5つ(five pips)だ」(拙訳)

そのものずばり、「オレンジの種五つ」という短編で、この「秘密結社」に関連する事件が語られます。

pipという語に「果物の小さな種」「ピッという音」の両方の意味があるのがミソなわけですが、
「オレンジの種五つ」を読んでないのにすぐに二つを結びつけたシャーロックはすごいな~と思う…
(『SHERLOCK』の世界には、小説の中の名探偵シャーロック・ホームズは存在しないと考えていいんですよね?)

「オレンジの種五つ」では、ホームズは依頼者の青年を救うことができず、巻き込まれた形で青年は殺害され、さらに犯人を取り逃がしてしまいます。

ホームズの相手が大きな「組織」であること、被害者が「巻き込まれた」第三者であること、犯人の正体に迫りながらもつかまえられなかったこと(いや、シーズン2が始まるまで断定はできませんが、とりあえずこの話の中では)が、この短編と”The Great Game"の共通点…というのはこじつけかな。

痛快な冒険譚の多い「シャーロック・ホームズの冒険」では珍しく後味の悪い事件で、子供心に強い印象を受けたせいか、色々勘ぐってしまいます。



ボヘミアの封筒

爆発の現場に残された封筒がボヘミア(現在ではチェコ共和国)のものであること、
宛名を女性が万年筆で書いたことや、万年筆の種類を推理するシャーロック。

現代版では推理の過程については省略されていますが、原作では「製紙家」や手紙の文体について、ホームズの推理が語られます(『ボヘミアの醜聞』)。現れた依頼主とホームズの会話もテンポがよくて、ホームズの皮肉が利いていて面白いです。


NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。