最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大いなるオレンジの種

トランプ氏が新大統領になってアメリカの話題が気になる今日この頃、「正典」を読んでいても、アメリカ絡みのお話を目で追ってしまいます。
『オレンジの種五つ』は南北戦争の後遺症や当時の船舶、郵便事情がわかって興味深いお話なのですが、唐突に第1シリーズ3話(The Great Game)との関連に気づきました(たぶん皆気づいてた)。

『オレンジの種五つ』は、この話でシャーロックに送られてきた携帯電話の「五つの警告音」の元ネタでもありますが(過去記事『五つの警告音』、それだけではないようです。

1.シャーロック(ホームズ)の失敗

今思うと、第1・第2シリーズは主にジョンの目を通してシャーロックを描いていて、シャーロック視点を中心に描かれる第3・第4シリーズと対になっているような気がします。
"The Great Game"では、[シャーロックはゲームに夢中になるあまり人命を軽んじているのではないか」というジョンの疑念がストーリーの柱のひとつになっています。実際、シャーロックは「勝ちにこだわるあまり被害者の一人を助けられなかった」格好になってしまいますが、『オレンジの種五つ』には「ホームズが完全に解決できなかった事件ではあるけれど、ぜひ紹介したい」というワトスンの前置きがあります。
ホームズやシャーロックの予想よりも事態は逼迫していたのに出足が遅れ、結果として彼らを頼ってきた人を死なせてしまう、という展開が似ています。

待っているあいだにと、卓上に置いたままの新聞を手にとって、ひろげてみた私は、ふと目についた見出しにたちまち心がひやりとした。
「おいホームズ君、もう間にあわないぜ!」
「えッ!」ホームズは静かにコーヒー茶碗をおいて、「そんなことではないかと思っていたんだ。どんなふうにやられている?」と言葉はおちついているが、内心はかなり動揺しているらしい。
「オープンショウという名と『ウォータールー橋の惨劇』という見出しが目についたばかりだが、ひとつ記事を読んでみよう」


2、小道具と地名

シャーロックの言動に傷ついたジョンは、それでも彼の指示通り新聞を調べだしますが、いち早く「ウエスト青年の事故死」を見つけます。これは、ワトスンが朝食の席で何気なく手に取った新聞でオープンショウ青年の死を見つける場面に通じていたのかもしれません。
オープンショウはウォータールー駅付近で誤ってテムズ河に転落したと見なされます。(ジョンが見つけた記事" Archway suicide"はつながってる?)
アレックス・ウッドブリッジの死体が見つかったのはテムズ側南岸、サウスワーク橋とウォータールー橋の間。ほぼ一致してますね。

昨夜九時から十時までのあいだに、H署のクック巡査はウォータールー橋付近で服務中、救いを求める悲鳴と水音を耳にしたが、何しろ真の暗夜のうえあの嵐のなかとて、ニ、三通行人の協力もあったけれど救助はとうてい不可能なので、ただちに警報を発し水上署の助力を得て結局死体は発見した。ポケットから出た封筒によりホーシャム付近のジョン・オープンショウという青年紳士と判明したが、たぶんウォータールー駅発終列車に乗るつもりで急ぐうち、あまりの暗さに道にまよい、河蒸気乗り場から墜落したものと推定される。死体になんら膀胱の痕跡が残っていないところからみて、過失死であるのは間違いないであろうが、それにつけてもこのような危険な乗船場の存在することに関して当局の一考をうながさざるをえない。



3、ジョン(ワトスン)によるシャーロック(ホームズ)像の見直し

「(前略)僕の記憶に誤りがなければ、君はいつか、僕たちの知り合った当初だったか、僕の知識の限界をうまくいい現わしたことがあるね」
「そうそう、あれは珍記録だったっけ」私は笑って答えた。
「たしか哲学、天文学、政治の知識は皆無で、植物学は不定、地質学はロンドンを中心として五十マイル以内の土地ならば、服についたどろを見てその地域を指摘しうるほど該博、化学は偏倚、解剖学は系統的でなく、扇情文学と犯罪記録には特異の知識を有し、ヴァイオリンに巧みで拳闘をよくし、剣客にして法律に通じ、コカインとタバコの中毒者というのがだいたいの内容だったと思う」


二人はワトスンの処女作『緋色の研究』について話しています。冒頭でシャーロックとジョンも、ジョンのブログ中のシャーロックの描写について喧嘩していましたよね。
ここでワトスンは、ホームズに対する認識に誤りがあったと認めているわけですが、ジョンも"The Great Game"事件を通してシャーロックをより深く理解することになります(過去記事:『The Great Gameの構造』)。

あと、根拠のない妄想として読んでいただくとして、個人的に『オレンジの種五つ』には『最後の事件』同様、水のイメージが付きまとうんですね。嵐の夜、海洋小説、河蒸気乗り場、船着き場。それが、"The Great Game"のテムズ河岸やプールの場面に結びつくのかも。まあ他のエピソードにだって河もプールも水族館も出てくるんで、ほんとに妄想なんですけど。

『オレンジの種五つ』が思ってたよりも大きな「元ネタ」だったとすると、もともと『海軍条約文書事件』と『ブルース・パティントン~』が絡み合ってる"The Great Game"はほんとにグレートだ……もう詰め込めるだけ詰め込んだな~!!って感じですね。
さらに"The Abominable Bride"、略して『忌嫁』にも絡んでくるとなると、ほんとに『オレンジの種五つ』は使い勝手がいい原作……SHERLOCKに置けるコストパフォーマンスの高さでは『花婿失踪事件』に次ぐかもしれない。(まず『原作コスパ』って何なんだよ、って話ですが、フィーリングでわかってやってくださいますか……)

(原作からの引用は延原謙訳)
スポンサーサイト

カール・パワーズ事件

シャーロックの「最初の事件」となったカール・パワーズ事件。
水泳中の急死…というと、「ライオンのたてがみ」のフィッツロイ・マクファースンの事件を思い出します。人為的なものか、自然のものかの違いはあるんですが、毒による死というのも同じです。また、カール・パワーズが住んでいたのは、「ライオンのたてがみ」の舞台となったサセックスですね。

元ネタというほどではない、と思っていたんですが、これって、ホームズの引退後の事件なんですよね。wikiの年表によると、ホームズは1903年に探偵業を引退。サセックスで養蜂を始めます。「ライオンのたてがみ」事件が起きるのは1909年。時系列上、原作最後の事件となる「最後の挨拶」の舞台は1912年。

「最後の挨拶」では、「ライオンのたてがみ」には出てこなかったワトスンが、再びホームズに協力しています。
ホームズの滝からの生還後、ベーカー街に戻ってきたワトスンは、1902年に再び221Bを離れ(理由は明記されていませんが、再婚のためと考える研究者が多いようです)、「ライオンのたてがみ」では、「この頃ワトスンはほとんど私の身辺から姿を消していた。週末などたまに訪ねてくるくらいなものである。」とホームズに書かれています。

つまり、ワトスン(またはジョン)と一緒に取り組んだ事件を除くと、カール・パワーズ事件はジョンと出会う前の、シャーロック最初の事件。「ライオンのたてがみ」事件はワトスンと別れた後のホームズ最後の事件、ということになるんですね。(あくまで、ドラマで言及されていたり、原作で描かれている中で、ですが…)元ネタとまでは言えなくても、脚本家さんが「シャーロック最初の事件」を設定する上で、「ホームズ最後の事件」がヒントくらいにはなったのかもしれませんね。

ここから先は蛇足です。
カール・パワーズに対して、多分彼と同じくらいの子どもだったジムは、並々ならぬ恨みがあったようです。ひょっとしたらカールは、ジムが「天使の側」に行かなかったきっかけになった人物なのかもしれません。
話がとぶようですが、「ライオンのたてがみ」を思い出すとき、私はなぜかいつもセットで「覆面の下宿人」を思い出します(掲載順が前後なのもありますが、まあ単純にライオンつながりなんでしょう)。このお話で、ユージニア・ロンダーの愛人で共犯者であったレオナルドも、水泳中に亡くなっているんですよね。ユージニアの話を聞く限りでは彼の死に事件性はないのですが、本当に事故だったんだろうか、と思っちゃうんです。ユージニアが青酸を所有していたことも気になります。
ホームズ・シリーズには気の毒な人が何人も出てきますが、ユージニアの人生はその中でも特に過酷だと思います。その彼女を、レオナルドはひょっとしたら夫以上に深く傷つけたわけです。彼女自身の復讐ではないとしても、「そういう男」の死が誰かの手によるものである可能性は、ゼロとは言えないんじゃないでしょうか。
仮説の上に立てた仮説で申し訳ないんですが、もしレオナルドとカール・パワーズが重なっているとしたら、ジムは、本当はカールのことが好きだったんじゃないかなあ。「愛憎相半ばする男の水死」に、20年以上も大嫌いなカールの靴を持ち続けていたジムが重なって見えるんです。カールについては、水泳のチャンピオンであったことと、子どもにしては足が大きかったこと、ジムを笑ったということくらいしかわからないんですが、なんとなくレオナルドの描写と重なって見えます。あまりにも「粘土が足りない」ので、きっと私の気のせいなんでしょうけど……

女は席を立って、引出しから一人の男性の写真をとってきた。明らかに職業曲芸師で、りっぱな体格の男だった。もりあがるような胸の上で、たくましい腕を組んでおり、太い口ひげの下にあふれるような微笑をたたえている。多くのものを征服した人の独善的な微笑である。
「レオナルドです」   (覆面の下宿人)



(原作からの引用はすべて延原謙訳)

喧嘩の理由は

第2シリーズを目前にしての、ひとり反省会の続きです。
以前「事件がなくて退屈」という題でこういう記事を書いたのですが↓


「ぼくが犯罪者でないのを、社会は祝福すべきだよ」(延原謙訳)


「ブルース・パティントン設計書」の冒頭で、面白い事件がないことに拗ねまくるホームズ。
窓からロンドンの街を見下ろしてぶつぶつ言うところは、現代版では出て行ってしまったジョンを見下ろしながらハドソン夫人にぼやく場面になっていますね。


もう少し詳しく。
正確には、ジョンに向かって

Don't know what's got into the criminal classes. Good job I'm not one of them.
犯罪者たちはどうしちゃったんだ?僕が犯罪者じゃなくてよかったな(拙訳)

と言っていました。

去っていくジョンを見下ろしながら、ハドスン夫人に向かってぼやく所に該当する描写は 、同じ場面のこの部分ですね。
原作では、ワトスンに向かって言っています。

「ロンドンの悪漢はまったくだらしがない」まるで獲物をうちもらした狩人のように不平たらたらである。
「この窓からそとを見てみたまえ。ぼんやりと人影があらわれて、かすかに見えているかと思うと、たちまち厚い霧のなかへ姿をかくしてしまう。どろぼうや殺人者にしても、こういう日にこそ、虎がジャングルに出没するように、ロンドンを歩きまわれるのだぜ。いよいよ躍りかかるまでは誰にも見られないで、襲われて初めて被害者だけは知るというわけなんだ」(延原謙訳)


ここだけ抜き取ると犯罪が起こることを心配しているようですが、無論そうではなく、「こんなに犯罪日和なのに何も面白い事件を起こさないなんて、犯罪者たちは何をやってるんだ!」と苛立っている感じです。

自分が代わりに犯罪を起こしてやろうか!という勢いのホームズに対して、シャーロックは落ち込みモード。

Look at that, Mrs Hudson. Quiet. Calm. Peaceful. Isn't it hateful?
見て下さい、ハドスンさん。静かで、穏やかで、平和だ。忌々しいとは思いませんか?(拙訳)


「僕が犯罪者じゃないのを社会は祝福するべきだ」という挑戦的な台詞に対して、ワトスンが「それはまったくだね」と同意してくれたのに対し、ブログのこともあってシャーロックと言い合いになったジョンは怒って出て行ってしまったから、というのもあるかもしれません。

ホームズは、「仕事のために仕事をする(ブルース・パティントン設計書)」と言っていますが、ワトスンや後期のレストレードなど、仲良くなった人の評価は結構気にかけているんですよね。

「(前略)君は探偵術をこれ以上は不可能だというところまで厳正な科学に近づけたんだねえ」
ホームズは私の言葉と、それをいう私の熱心さとを喜んで、顔を赤くした。私はすでに気づいていたことだが、彼は自分の探偵術について褒められると、まるで美貌を讃えられた女性のように、敏感に反応するのである。
(緋色の研究・延原謙訳)


この時点(ホームズの仕事の内容がわかって、一緒に捜査を始めた初日)で既にホームズの操縦法を分かりかけてるワトスンすごい…

「なあるほど!」しばらくたってレストレードがやっといった。
「私は今日まであなたの取りあつかった事件はいくつとなく見てきましたが、これほど巧妙に解決されたものはまだなかったと思います。警視庁はけしてあなたをねたむものではありません。それどころか、あなたのあることをむしろ誇りとしているものです。明日もし警視庁へおいでくだされば、もっとも老練な警部から、末は若輩の一巡査に到るまで、あなたの巧名に感謝と称賛の握手を、心から進んで求めないものは一人としてありますまい」
「ありがとう」といって顔をそらせたホームズの顔に、いつになく温かい感動のうかぶのが認められたが、それも一瞬にして消えてしまい、たちまち彼は冷静な理路一点ばりの思考機械にもどってしまったのである。
(六つのナポレオン・延原謙訳)


ほかにも、「おだての利く男でもあるが、率直にいって親切でもある(赤い輪・延原謙訳)」など、ワトスンによるホームズの性格分析を集めていくと大変面白いのですが、同居人に自分の言動をこまごまとブログに書かれ、それを周りの人も喜んで読んでいるとなると、シャーロックの苛立ちもわからないでもありません。

でも、ジョンのブログはシャーロックの顧客を増やしたようですし、さらにヤードでのシャーロックのイメージを少し親しみやすいものにしたのではないかと思います。(本当にシャーロックが嫌いだったら、あんなに皆で読まないですよね)
そして、シャーロックのような自負心の強いタイプの人には、人の目を通した自分像を知るというのは結構衝撃的なことではないでしょうか。そこで変人扱いされたり、「驚くほど無知」と言われたり、ヒーロー視されたりすることに彼は大きく反発しましたが、それを「知った」ということは今後の彼に影響を与えていくでしょう。

ジョンがシャーロックとの付き合い方に慣れていく様子、シャーロックがジョンのブログで描かれる自分像と折り合いをつけていく様子に着目しながら第2シリーズを楽しむのも、面白いのではないかと思います。










話を聞きだすコツ

皆様、クリスマス・イブいかがお過ごしでしょうか。第2シリーズの放送も目前というのに、未だに第一シリーズの元ネタ検証をとりこぼしている21世紀探偵でございます。

アイリーン・アドラーだのヘンリー卿だの大量に新キャラが出てくるまで、残すところあと一週間。最後の悪あがきをしてみようと思います。

まず、この記事。聞き込み術に関しての話ですが、大量の血がついた車が発見された現場で、被害者の妻と話した後のシャーロックのセリフ

「人っていうのは、何かを教えてやるのは好きじゃない。反論するのが好きなんだ」(拙訳)

これの元ネタを、「青いガーネット」でのガチョウ卸売業者との会話ではないか、としていますね。
ところが最近、ほかのことを検索していて、こんな文章が大量にヒットすることに気づきました。

シャーロック・ホームズは「知りたいことを聞き出すコツは、こちらの言うことに異議を唱えさせることだ」と言っている。
本当のことを教えてあげたい、という人の欲望を刺激するのだ。

「それは古い緑の船だね」とあてずっぽうに言ってみる。
「いや、新しくて黒い船だよ」と相手が言ってくれたらしめたものだ。


この先にはいくつかパターンがあるのですが、
「お前が好きなのは○○だろ?」「違うわ、あなたよ」と続くので、原文はホームズの話術を恋愛に応用するという趣旨の文章だったのではないかと思います。
かなりリブログやリツイートをされているようで、元の文章を書かれた方がわからなかったのですが…

この「船」の記述のおかげで、「四つの署名」からの引用だな、ということがわかりました。

船宿のおかみさんに、探している汽船の特徴を「いいかげんに」述べて、訂正させるホームズ。

「ああ、黄いろい筋のはいったあの古い緑いろのやつだね、横幅の広い?」
「いいえさ、河すじじゃ珍しくきれいな船ですよ。あらたに黒くぬりかえたんですよ。赤い筋を二本入れてねえ」
「そうかい?でもスミスさんもいまに帰ってくるだろうよ。私もこれから河を下るんだから、もしオーロラを見かけたら、おかみさんが気をもんでいるって、そういってあげようよ。煙突はまっ黒だとかいったね?」
「いいえさ、白筋の一本はいった黒煙突なんですよ」
「そうそう、黒いのは船の横っぱらだったね。(後略・延原謙訳)」


後ほど、ホームズはワトスンにこう言います。

「ああした手合いとの掛引に大切なのはね」とホームズはその船に乗り込んでから言った。
「向うのいうことが、こちらにとって大切なんだということを覚らせないことだよ。下手をしてそれを覚らせると、あの手合いは牡蠣のように口をつぐんでしまうからね。ああいうふうにいいなおさせているうちに、知りたいことの要領をつかんでしまうのさ」(延原謙訳)


どうも、こちらの方が「正解」に近いようですね。

元の文を書かれた方にお礼を言いたいです。書かれた意向から、とんと離れた方面からのお礼で恐縮ですが……
機会があれば、恋愛にも使ってみたいと思います!

【追記】(2013.1.18)ホームズが同様の手口で聞き込みをしてる場面がほかにもあることをYOKOさんに教えていただきました。コメント欄をごらんください。

ジョンの推理

シャーロックにやってみるように言われて、ジョンがスニーカーについて観察・推理を述べてみせる場面。

これ、原作にもあったよなあ、とず~っと思っていたのですが、「バスカヴィル家の犬」の冒頭で依頼人の置き忘れたステッキについて観察・推理する場面だったか、「花婿失踪事件」でメアリー・サザーランド嬢について観察する場面だったか、はたまた他にもそういう場面があったのか、結論を出しかねていたのです。パスティーシュの記憶とごっちゃになっている可能性もあるし。
でも、シャーロック(ホームズ)のコメントが似ているので、今回は「花婿失踪事件」を取り上げようと思います。

・現代版
Well, John. Really well. I mean, you missed almost everything of importance, but, you know...
いいね、ジョン。本当にいいよ。重要な点は全て見落としているけど、まあ、ね…(拙訳)

・原作(『花婿失踪事件』)
“‘Pon my word, Watson, you are coming along wonderfully. You have really done very well indeed. It is true that you have missed everything of importance, but you have hit upon the method, and you have a quick eye for colour.”
これは驚いた。君は大いに進歩してきたね。まったく上出来だよ。重要なことをすべて見おとしているのは事実だが、方法だけは会得したのだから偉い。それに色の感覚が鋭敏だよ。(後略・延原謙訳)

現代版でのこのやりとりは、モリーがボーイフレンドとしてジムを紹介しに来た直後なのですが、「花婿失踪事件」では、メアリー・サザーランド嬢が結婚式直前に婚約者が失踪したという事件を持ち込んできます。

「花婿失踪事件」の原題は、"A Case of Identity"。
アイデンティティ、はよく日本でも聞く言葉ですが、ちょっと訳しにくいからこそカタカナ言葉で根付いたのでしょうね。IDという略称を使う機会の方が多いでしょうか。その人が何者であるか、ということを示すもの、とでも言いますか…

ここからはネタバレです。


この題名に象徴されるように、実は婚約者ははじめから存在しない人物だったのです。
メアリー・サザーランド嬢はある人物の陰謀に利用されたのですが、これってまさにモリーと同じ立場ですよね。「ITのジム」は本当は存在しない人物なのですから。
この類似点も、「花婿失踪事件」を連想させました。

以前の記事でも触れたように、モリーとメアリーはちょっと印象が似ているんです。
「キャラクター」カテゴリでいつか触れてみたいと思います。

二人とも、その後幸せになっていて欲しいものです。

余談ですが、英国で発売されたDVDにはスタッフのコメンタリーがついていて、第3話はマーク・ゲイティス、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンの三氏が話しています。この3人の話が本当に面白くて、たとえばジョンが件のスニーカーについて「大人は自分の持ち物に名前を書かない。だから子どものだ」と断定する場面で、ベネディクトが「自分のタオルや靴下には名前が書いてあるものがある」という衝撃の事実を明かします。学生寮で洗濯をしてもらっていたからということですが、マークが「学生の時のパンツをまだ履いているのか?」と茶化すと「パンツなんて言ってない!」「だって靴下とか、そんなに買い換えない…」すかさずマーティンが「僕は買うよ!」
パイロット版やメイキングに加えて、ベネディクトのパンツ情報まで満載のDVD、日本でも発売して欲しいですね。
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。