最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジョンの発見

ものすごく久しぶりに第1シーズンの記事を書くので、以前書いたことをすっかり忘れて同じネタを書いてないか、若干心配ですが……

先日、別記事を書くために、これまた久しぶりに「白銀号事件」を読み返しました。
私だけかもしれませんが、「名作はかえってあまり読み返さない法則」があるのです。もう展開が頭に入っている、と思い込んでいるせいかもしれませんが、私の頭でそんなにしっかり覚えているはずもなく、「これ、ひょっとして元ネタかも……」と思える場面がぽろぽろと出てきたので、書き留めておこうと思います。

シャーロックよりも早く、ジョンが壁に書かれた暗号を発見する場面。
ワトスンは観察力不足をホームズに責められている場面が多いので、「ぼんやりした人」という印象を持たれがちですが、意外と目ざとい一面もあり、ホームズより早く真実に到達することもあります。「恐怖の谷」冒頭で、暗号に使われた本を特定するのも速かったですね。「隠居絵具師」では、自分の学生時代の番号と同じだったという理由で、大事な情報を逃さず覚えていたこともありました。
「白銀号事件」では、「足跡」を見つけます。

そして彼はじっと足跡ばかり見て歩いていたが、私はふと横のほうへ目をやってみると、驚いたことには、少しはなれたところに同じ足跡が、再びケープルトンのほうへ向かっているのを発見した。ホームズにそのことを注意してやると、
「ワトスン君、お手柄だ!おかげでうんとむだ足をふまされるのが助かった。さ、その足跡について進もう」



現代版シャーロックも原作のホームズも観察力に溢れていますが、前に進もうとするあまり、ちょっとしたことを見落とすこともあります。それを相棒のジョンやワトスンがしっかりフォローしているわけですが、原作はワトスン自身の手で書かれているので、自分の「手柄」をあまり書きとめていないのではないかと思います。そういえばジョンも、自分が暗号を見つけたことをブログに書いていませんでしたね。(彼の場合は、暗闇でシャーロックに肩を掴まれたことに触れて、誤解を招きたくなかっただけかもしれませんが……)

ワトスンの話が出たから、この機会に述べておくが、私が今日まで多くのつまらない事件にこの古い友人であり伝記作者でもある男と行動をともにしてきたのは、感傷や気まぐれからではない。ワトスンにはワトスンなりに著しい美点があるからであって、彼は謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らないのである。(『白面の兵士』)



この後ホームズが挙げる「美点」はちょっと変な方向に流れていきますが、「謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らない」という評価は本気なのではないかと思います。ご存知のように、ジョンは何度もシャーロックを助け、シャーロックはそのことについての感謝をジョンの結婚式のスピーチで述べます。(関連記事::『救うということ』)
同じようにワトスンも、彼自身の記録に書かれていないところで今回取り上げたような「お手柄」を立てていることが、十分考えられます。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

預けるもの、預かるもの

第1シリーズ2話"The Blind Banker"で、シャーロックはジョンにデビットカードを預けていました。
これはワトスンがホームズに小切手帳を預けている、というエピソードから来ているのかもしれません。

「(前略)第五に、君の小切手帳は、僕の引出しに入っているが、一向に鍵を貸せといわないこと。(後略・『踊る人形』)」


ワトスンはどうして鍵のかかる引き出しに小切手帳を入れてもらっていたのか。
これは、ワトスンの競馬好きと結び付けて語られることが多いんじゃないでしょうか。
ガイ・リッチーの映画ではそうなっていました。

しかし現代版のジョンは、裕福とは言えないものの、ギャンブルで首がまわらないという描写はありません。
(くじの話題はちょこっと出てきますが、ジョンよりハドスンさんのほうがはまってそう…)
代わりに「無人レジが使えない」というエピソードがありましたね。
この「無人レジにイライラさせられる」というのは、相当な「あるあるネタ」なんでしょう。
ジョンのブログで最も盛り上がった話題のひとつではないでしょうか。
省略・意訳をお許しいただくとして、他にも「バーに来ておいて飲み物を決めてない人」、「遅いエレベーター」、「パッケージと色が違う口紅」、「(シャーロックがつけた)家具の刀傷」「愚かしさ」「シャーロック」「シャーロック」など、納得のラインナップです(←シャーロック一個多い)。
この記事にコメントをくださる方がいらっしゃったら、お一人ひとつずつ「イライラさせられるものへの苦言」お願い致します。

さて、「使ってしまわないように預ける」という意味では、第2シリーズでシャーロックが煙草をジョンに託すエピソードの方が、「ワトスンの小切手帳」に近いようです。

ジョンは禁煙治療までこなすんでしょうか…
第2シリーズ1話でマイクロフトに1本もらって吸っちゃった時は怒ってましたね。マイクロフトを巻き込んだジョンの罠だったんでしょうか。
2話ではcold turkey(いっぺんに断ち切る)に踏み切っていますが、これが徹底しています。

1.手持ちの煙草はジョンが隠す
2.半径2マイル以内のお店に、シャーロックに煙草を売らないように頼む


一応「お医者さんと禁煙しよう」というファイザー製薬のサイトも読んでみたんですが、そこまでやれとは書いてありませんでした。ジョンの指導で禁煙するのはかなり辛そうです。
第3シリーズで、シャーロックの喫煙習慣がどうなっているか楽しみですね。

この二つのお話では、「7パーセント強いもの」断ちも同時に行われていることが仄めかされます。
これも原作由来ですね。

その輝かしい経歴をいちどはおびやかしかけた麻薬嗜好の悪癖を、私は何年もかかって徐々に捨てさせた。(『スリークォーターの失踪』)


当時は違法でもなかったわけですし、現代版と違って無精者の原作マイクロフトが協力していたとは思えないんですが、「いちどはおびやかしかけた」という表現に、何かあったのではないか、と勘繰る気持ちが刺激されます。こっそりワトスンと連絡をとって弟の薬物依存を断ち切ろうとしていた、という可能性はありますよね。何度かご紹介しましたが、このパスティーシュもそういうお話です。

ヒーローとして捉えられがちなホームズとワトスンですが、やめようとしてもなかなかやめられない悪癖を抱えている、という人間くさい一面もあったのですね。
そして、悪癖を断ち切るには、親身になってくれる人の協力が必要なんだなあ、ということがわかります。
現代版ハドスンさんの言う通り、
"Family is all we have in the end"(最後にあてになるのは家族)なんでしょう。
血がつながっていなくても、221Bの面々は家族のようなものですよね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)

黙っていてほしい

「何か僕にできることは? 手伝いたいんです」
「今は静かにしていてくれるのが一番ありがたいよ」(拙訳)



ディモックの申し出をすげなく断るシャーロック。
第2シリーズ1話で、マイクロフトもハドスンさんに「黙っててください」と言って、シャーロックとジョン両方に噛みつかれていましたね。あそこは、3人兄弟とお母さんの会話みたいで微笑ましかったです。その後どさくさに紛れてシャーロックが「でもほんとに黙ってて」なんて言ってたのも、ちゃっかりした末っ子みたいですね。

さて、雑音を嫌う、というか、人に色々言われることに耐性が低いのは、原作ホームズから伝わる性格みたいです。
「唇の捩れた男」で、ワトスンは外出先で偶然ホームズに出会い、捜査に同行することになるのですが、ホームズが事件について説明しようとしないので、ワトスンは黙って待っています。

ホームズは顎を深く胸にうずめて、思いに沈んでいるらしく、無言のまま手綱をとっており、それにならんだ私は、こんなにホームズに全力をうちこませる事件というのは、いったいどんな内容だろうと、大いに好奇心を動かされながらも、思索を乱しては悪かろうと、あえて尋ねるのはさし控えていた。



急に連れ出しておいてこの態度、私ならどんな事件なのかしつこく聞いちゃうと思うんですけど、ワトスンは黙ってるんですよね。しばらくして顔をあげたホームズは

「君はすばらしい天禀をもっているよ、寡黙というね。これがあるから君は相棒としてもってこいなんだ。(後略)」



なんだよそれ。なんかちょっと馬鹿にされたような気すらするんですけど(ガイ・リッチー版では怒って黙り込んでるワトスンにホームズがこれを言って、ひどい目に合ってました。あの映画、ワトスン好きはあちこちで溜飲が下がります)、ワトスンはホームズのこういう性格をよ~くわかっていて、ホームズが自分から話したくなるまでは、いつでも辛抱強く待っていますね。
ホームズの台詞はもう少し続くのですが、テーマがすこし変わるので、別記事に分けて書きます。

(原作の引用はすべて延原謙訳)

シャーロックとジョンとお金

以前にも触れましたが、第1シリーズ2話はBBCによって、ネット上で脚本が公開されていました。読んでみると、いくつかカットされてしまった設定や場面もあるようです。その一つに、スー・リン・ヤオ亡き後の博物館のエピソードがあります。台詞をざっと訳出してみます。



アンディがシャーロックとジョンに語りかけます。

「まるで、遺言みたいになっちゃったけど…彼女が言ってたんです。『ものをよく見て、価値を見極めなきゃダメよ』って。
優しい子だっていうのはわかってた。でも、僕は見極められてなかったんだ。彼女が本当は、すごく強い子でもあったってことを」

ジョンは悲しい微笑を残して歩き去ろうとしますが、あるものを見つけて戻ってきます。
「あの、壁にある寄付者のリスト…どれくらい寄付をすれば載せてもらえるの?」
ジョンはセバスチャンにもらった封筒を手渡します。それを見てアンディは驚きます。
「十分ですよ!なんて載せます?」
「3語で」
「なるほど、『ホームズとワトスン』ですね?」
「違う、違う」

場面が変わり、新しい名前を彫りつけている職人の手元がアップになります。もちろん、その名前は「スー・リン・ヤオ」。



冒頭でお金に困っていた割には、あっさり報酬を放棄してしまったジョンですが、なんだか彼らしいですよね。シャーロックもはじめから「褒美はいらない」と言い張っていたので、ジョンの行動に異議を唱えたとは思えません。

原作でも、ワトスンとホームズはお金に困ってルームシェアを始めるところからお話が始まるのですが、(当時、軍隊からワトスンへの支給額は1日に11シリング6ペンス。ロンドンでホテルを利用し続けるのはちとツライ、という金額らしいです。手頃な部屋をみつけるか、田舎に引っ込むかという選択を迫られていたわけですね)、シリーズを通じて、二人ともそれほどお金に執着している様子がないですね。「四つの署名」ではワトスンが、莫大な財産の所有者になるかもしれないメアリ・モースタンに恋するのですが、「もし彼女がお金持ちになってしまったら、自分の手の届かない人になってしまう」と悩みまくり、宝がなくなっていた時は心からの大喜び。「彼女も財宝も」という発想は、はじめからないようです。

後にホームズは、かなりの金銭的成功をおさめます。ライヘンバッハの滝で亡くなったと思われた後、帰ってきた時には、開業医になっていたワトスンをベーカー街に呼び戻すために、親戚の医師の名を使ってワトスンの診療所を高値で買い取っています(『ノーウッドの建築士』)。また、ハドスンさんにも「王侯貴族なみに」家賃を支払うことで、彼女の献身に報いていたようです。ワトスン曰く、「私といっしょに暮らした何年間かに支払った下宿代だけで、優にこの家は買えたろうと思う(瀕死の探偵)
探偵業の報酬システムはどうなっていたのかというと、「(前略)報酬のことですが、私には仕事そのものが報酬なのです。けっしてご心配には及びません。ただご都合のよいとき、かかった実費だけ支払っていただければ結構です。(後略・『まだらの紐』)」という時もあれば、6千ポンド取る時も(プライオリ学校)。
「ある一定の基準を設けている」とホームズは言いますが(ソア橋)、ワトスンに言わせると「事件そのものが気に入らないと、相手が有力者であろうと、金持であろうと、調査を拒絶することも珍しくはなかったし、そうかと思うと事件の性質が尋常普通でなく、空想力を刺激されたり、巧妙な相手であったりすると、報酬など初めから期待のできぬ貧乏な依頼者の事件であっても、幾週間もぶっ通しで熱心にそれに打ちこむという調子で、実に脱俗的――気まぐれというか――であった。(『黒ピーター』)」そうです。

一度だけ、金銭への執着らしきものを見せたことがありますが(過去記事『足跡を追う』参照)、当ブログコメント欄では、それも本当は金銭が問題ではなかったのではないか、という結論に落ち着いています。

ワトスンがギャンブル好きだったという説があるものの、二人共仕事好きなのでそんなにはお金に困らないんでしょうね。ジョンの診療所の仕事がその後どうなったかは謎なんですが(第2シリーズではお仕事シーンがなくて、シャーロックの手伝いに専念してるように見えるので)、財政面はなんとかなっていると思いたいものです。





Jaria Diamondと翡翠のヘアピン

第二話の冒頭で、ジョンがスーパーマーケットで無人レジと戦っていた頃、シャーロックはおうちで謎の男と戦っていました。(…なんか『日本むかしばなし』みたいな書き出しになってしまいました)

帰宅したジョンが「ジェイリア・ダイヤモンドの件」の依頼について訊ねた時("And what happened about that case you were offered...the Jaria diamond?")、シャーロックは気のない様子でしたが一瞬この男との戦いの映像が挿入されますので、どうもダイヤモンドの関係者のようです。

男の衣装は中近東風?でしょうか。Jaria diamondがどんな宝石かはGoogle先生に聞いてもちょっとわかりませんでした。「もしかして」でAria Diamondという日本製のギター(オークションで高値がついているらしい)を教えてもらいましたが、関係あるのでしょうか…?

依頼があったことをジョンが知っているのだから、ジョンと出会った後で起こったはずなのに、なぜかジョンの知らないところで解決されたらしいこの事件。とっても気になります。

追記(2012.12.3)
Jaria Diamondについて、らいかみんぐ様がいつもながらの見事な情報をくださいました!
コメント欄をぜひごらんください。


原作でも「花婿失踪事件」で似たようなことがあって、

「そしてその指輪は?」私はさっきから彼の指でいやに光っているものへ目をやった。
「こいつはオランダの王室からさ。だがこいつばっかりは、問題が非常に微妙だから、いくら君でも話せないよ。僕の事件を丹念に記録してくれた特別の仲だけれどね(延原謙訳)」

と、ホームズ先生絶対に口を割らなそうな様子です。

さて、このダイヤはこの物語とはあまり関係ないのですが、メインのお話の軸になるのもやはり宝飾品で、「翡翠のヘアピン」。 
この「ヘアピン」という言葉の軽さにちょっと驚きました。ジョンが
"Hang on. A hairpin worth £9 million?"(『待て、ヘアピン一本がが900万ポンド!?』)と驚いていたのにも頷けますが、私たちの感覚で言うと「かんざし」ですよね。そう言い換えた途端に納得できます。
DVDを見る限り、作中では省かれているようですが、以前ご紹介した2話の脚本を読むと、このかんざしは則天武后が婚礼で使用したものとのこと。そりゃ凄いわ!

しかしジョンの「大山鳴動してヘアピン一本」という感覚は消えないらしく、ブログでもしつこく

It turned out that they'd been looking for a hairpin. All this madness and death was because of a hairpin! An Empress's hairpin apparently but still, a hairpin.
彼らはたった一本のヘアピンを探していたということが判明した。この馬鹿騒ぎも殺人も全てヘアピン一本のためだった!どうやら女帝のヘアピンらしいが、ヘアピンはヘアピンだ。(拙訳)

と嘆いてみせてます。

前記事でも引用しましたが、ホームズの

「とはいうものの、女の考えることばっかりはわからないものでねえ。(中略)女はほんの瑣末な動きの中に、大きな意味があったり、とんでもないことをやらかすから、調べてみたらヘヤピン一本のためだったり、カール鏝のためだったり、まったくわからないものだよ。(後略・『第二の汚点』延原謙訳)」

という台詞を思い出させます。
ここでホームズの言っているヘアピンは、まさか則天武后のかんざしではないでしょう。おそらく「他愛のない物」の代名詞なのですが、ジョンにしてみれば、人の命をかけるほどのものではない、という意味では安いヘアピンも900万ポンドのかんざしも同じみたいです。

原作では、ほかにもさまざまな宝石が登場します。

・「四つの署名」のアグラの大財宝
・「マザリンの宝石」のダイヤモンド
・「青いガーネット」のブルー・カーバンクル
・「六つのナポレオン」のボルジア家の黒真珠
・「緑柱石の宝冠」のベリル
あたりが物語の主役級の宝石でしょうか。
宝石が抱えている物語についてホームズが語る場面が「青いガーネット」にあります。

「なかなかの代物だ。どうだい、このキラキラ光ることは!これじゃ悪い心をおこさせるわけだね。良い宝石はすべてそうだが、悪魔が見せびらかしている餌食みたいなもんだ。もっと大きな古い宝石になると、刻まれている面の数ほども血腥い事件をおこしている。
この宝石は発見されてからまだ二十年にならない。(中略)こんな四十グレーンばかりの炭素の結晶が人殺しを二度、硫酸浴びせを一度、自殺を一度、窃盗にいたっては数しれずおこしているんだぜ。こんな美しい玩具が、人を牢獄や絞首台へ送る役目をつとめるとは、誰が想像しよう。」(後略・延原謙訳)

「炭素の結晶」「美しい玩具」と言い切るところが、ジョンの「ヘアピンはヘアピン」という言い方と似通っている気がします。
この宝石への無理解というか執着のなさはワトスンにもあって、「四つの署名」ではメアリが「アグラの大財宝」を受け継ぐかもしれない、という事実が彼の恋の最大の障害になってしまうんですね。宝がなくなっていた時は「神さま、ありがとうございます!」と口走ってしまったくらいです。
メアリも同じような価値観を持っていたので、二人は無事結ばれるのですが、ちょっとでも宝石(またはそれがもたらす富)に魅力を感じていたら、なかなかこういう台詞は出てこないと思います。

試金石、という言葉がありますが、宝石というものにどのような反応を示すかで、人間のタイプもある程度分かれるのかもしれません。
私自身は今のところ、服や靴を欲しいと思うことはあっても宝飾品にはあまり興味がありません。でも、多くの人間の心を魅了してきた宝石の美しさを理解できる人は羨ましいと思います。きっと、その宝石が抱えてきた物語もひっくるめての「美しさ」なのでしょう。いつか、それを感じ取れるようになりたいものです。(まあ、感じ取れても買えないんですけどね…)

追記2(2011.12.4)
タイトルの文字を直しました。RM様、ありがとうございました。記事についても新たなご指摘をいただきましたので、コメント欄をごらんください。
追記3(2011.12.12)
Jaria diamondで検索をかけて閲覧くださる方が多いようなので、追記1を記事の該当箇所の近くに移動しました。(最後まで読むの、疲れますからね…)





NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura