最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジム・モリアーティーとジョン・クレー

『忌まわしき~』どころか"His Last Vow"も1周めが終わってないのに、何で今さら第2シリーズ!?って話ですよね、ホントすみません!
でもたぶん第1シリーズにも戻ると思う……ザルもいいとこの元ネタ探しブログ・21世紀探偵です。
別件で原作を読み返していて、あれ、これ書いてたっけ?書いてなかったっけ?と思って一応このカテゴリを見直したらなかったので……(どこかの記事に書いてたらすみません!ジムはまだ『キャラクター』カテゴリでも記事がないので、たぶん書いてないと思うですが!)

ロンドン塔で、ジムが展示されているクラウン・ジュエルを身に着けて、玉座に座っている場面。
この後逮捕されるわけですが、この「高貴な罪人」ぶり、赤髪組合のこの場面を思い出しませんでしたか?

「そんなけがれた手でさわるのはよしてもらいたいね」ジョン・クレーは手錠をはめられながらいった。「君は知るまいが、僕はこれで王室の血をうけている身だからね。僕に何かいうときは、『あなた』とか『どうぞ』とかいうきれいな言葉を使うようにしてもらいたい」
「よろしい」ジョーンズが眼を丸くし、苦笑をうかべていった。「では、恐れいりますが、どうぞ上へおあがりください。馬車を求めて、殿下を警察へご案内申しあげたいと存じます」
「それならよかろう」ジョン・クレーは静かにそういって、われわれ三人に頭をさげておき、ジョーンズに護られてしずしずと歩みさった。



"No rush."(急ぐことはない)と落ち着き払って逮捕されるジムと、よく似てる気がします。

この時ジムはロンドン塔だけでなく、イングランド銀行、ペントンヴィル刑務所のセキュリティも破っています。
現代ではコンピューター管理なのでハッキングという形ですが、銀行破りを開始するための携帯のアイコンに、ジムは「豚さん貯金箱」の絵を使っています(貯金箱が豚さんって、どこの国由来なんだろ)。タップすると金貨が溢れ出すのですが、これはきっと、シティ・エンド・サバーバン銀行の地下にあった3万枚のナポレオン金貨。
それにしてもこの場面、皆が皆お茶してるのが可笑しくてたまらない私。お茶の時間律儀に守りすぎだよ、英国人!
クレーは逃亡の時間を稼ぐために、銀行が休みの週末を狙うのですが、ジムも「泥棒カササギ」ぴったりの時間で犯行を終えるために、ちょっと皆の初動が遅れる時間を狙ったのだったりして。

また、ジムはさまざまな機関に内通者を作っていましたが、『赤髪組合』では依頼人の質屋さんに入り込んだ店員が、地下道を掘っていたわけです。銀行の情報が漏れていることから、銀行上層部にも内通者がいたと考えられます。
前代未聞の大胆な手口で「金庫破り」をやってのけたジョン・クレーとジム、似てないでしょうか。

私は、モリアーティにはどうしても「教授」のイメージがあります。『恐怖の谷』で若いマクドナルド警部が「息子を見守る父親」になぞらえたように、ホームズよりだいぶ歳上な印象。
現代版ジムは、どちらかというとこのジョン・クレーに似ている気がずっとしてたんですが、この場面で決定的になりました。
「小柄ですが肉付きがよくて、万事に抜け目のない」「もう三十はすぎていますのに、髭というものが一本もありません」「つるつる顔」「クッキリした子供っぽい顔」「女のような白い手」を持っているというクレーの容姿もジムっぽい。耳にピアスホールがあるのもクレーの特徴なんですが、ジムはどうだったかしら。

ホームズによると、犯罪者としてのクレーの人物像はこんな感じ。

「ジョン・クレーは殺人犯で窃盗犯で、偽金使いでかつ偽造犯人ですよ、メリーウェザーさん。まだ若い男ですが、悪事にかけては怖るべき腕をもったやつです。ロンドンに悪人は多いですが、たとえ他のやつは全部取り逃がしても、あいつだけはぜひ押えてやりたいと思っているくらいなんです。それほどこのジョン・クレーというやつは若くてすごいのです。
祖父は王族公爵で、彼自身もイートンの貴族学校やオックスフォード大学に学んだ男です。手先もよく動けば、頭も鋭くて、いたるところで痕跡は見うけるけれど、なかなか所在を知らせません。たとえば、今週スコットランドでどろぼうを働いたと思うと、来週はもうコーンウォールに現われて、孤児院建設をたねに金を集めているというやつです。私は多年、どうかしてこの男を捕えてやりたいとねらってきましたが、まだその正体を見たこともないという有様なのです」


大絶賛じゃないですか!……と言ったら語弊がありますが、ホームズにここまで言わせる犯罪者もなかなかいないんじゃないでしょうか。
あと、ジムにしてはちょっとフットワーク良すぎか。ジムが自ら動いたのって、この時が初めてですもんね。モリアーティが犯罪界のナポレオンなら、この人は犯罪のデパートっていう感じ。

『赤髪組合』でホームズは見事にクレーを捕らえますが、その前に「二、三回小ぜりあいをやったことがある」らしい。礼を言うメリーウェザー頭取に「私はこのジョン・クレーには、返してやらなければならないちょっとした借りがあったのです。きょうこそその借りをかえしてやったわけです。(後略)」と答えています。これは、ジムがシャーロックに対して繰り返す"I owe you"(君には借りがある)という台詞に呼応しているのではないでしょうか。

それにしてもジョン・クレーがこれっきり出てこないの、もったいないですよね。いいキャラなのに。
どうにか刑務所から出て、暗躍してたりしたら面白いんですが。
クレーがトンネルを掘る肉体労働なんてやらなそうなこと、赤髪組合のトリックには協力者が必要なことから、この事件は組織的な犯罪だと見る研究者もいるそうです(Wiki『赤毛組合』
逮捕されたクレイが余裕綽々なのにも、何か裏がありそうですよね。
グラナダ版ではこの事件、モリアーティーが裏で糸を引いてたことになってました。やっぱり『赤髪組合』は、犯罪王にふさわしいお話なんだと思います。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

(事件の重要なネタバレ)フランクランドとロイロット

来月日本で公開される『コードネームU.N.C.L.E.』について、以前ちょこっと触れたことがあり、追記しておこうかと過去記事を漁っていたら、書き足したいことがちょこちょこ出てきました。
過去記事への追記ではうまく収まらない分は、新しくアップしていこうと思います。
第3シリーズの元ネタ探しがまだ「東の風」までたどり着いていないのですが、幸い(?)第4シリーズまではまだまだ時間がありそうなので、しばし昔話にお付き合いください。

まず、The Hounds of Baskervilleのフランクランドの死に様について。

「暴力をふるう者には必ず暴力がはねかえってくる。ひとのために穴を掘る者は、必ず自分がその穴に落ちるのだ。」(まだらの紐・延原謙訳)



これ、「バスカビル家の犬」のステイプルトンも同じなのですが、「穴を掘る」という表現が現代版フランクランドにぴったりだったので、一応書いておこうと思います。
原作では「まだらの紐」も「バスカヴィル家の犬」も遺産問題絡みなのですが、現代版では犯行動機がどちらも変更されてますね。
現代版「まだらのブロンド」に関する記事はこちら

犯行動機には時代を反映していても、ホームズの語る真理は変わらないのかもしれません。

また、現代版フランクランドに『まだらの紐』のロイロット博士が混ざっている、と考えると、バスカヴィルの研究室でたくさんの動物が飼われていたことも、ロイロット屋敷の描写とつながってきます。

「(前略)それからまた父はインドの動物をたいへんかわいがりまして、手紙をやってはるばる取りよせるのでございますが、ただいまもインドで鹿狩りに使います豹が一頭と狒々が一匹おります。(後略」)



私の大好きな「シャーロックとサル・ガン飛ばし勝負」の元ネタは、この狒々かもしれない……!

樹の間をくぐって芝生へたどりつき、それを横断して窓からはいりこもうとすると、こんもり茂った月桂樹のやぶのなかから、不具の子供のような不気味なものがとび出して、みずから草のうえに倒れて手足をもがいていたが、たちまち起きあがって闇のなかへ姿を隠してしまった。
「おやッ、見たかい?」私は息をころした。
ホームズもちょっと驚いたらしい。内心の動揺にぎゅっと強く私の手首を握りしめたが、すぐに低い声で笑いをもらし、私の耳に口をよせていった。
「あれはかわいい家族の一員、狒々なんだよ」



何だかんだ言ってホームズもびびってるのが可愛い……
The Hounds of Baskervilleでも、「シャーロックの恐怖」が描かれますよね。
この後の張り込みはワトスンにとって長く忘れられない「恐怖の一夜」になったようですが、それはジョンにとっても同じこと。
(とは言ってもホームズはワトスンと一緒にいたので、ジョンだけに怖い思いをさせたシャーロックひどい、ということになるんですが……原作は原作で何が現れるか、見立てをワトスンに話していなかったので、ワトスンは余計怖かったんじゃないでしょうか。やっぱりどっちもシャーロック・ホームズだな)

フランクランドが友人の息子であるヘンリーを陥れようとしたことと、ロイロットが義娘を殺そうとしたことも似ているんですよね。
『まだらの紐』のヘレンの姉と、現代版ヘンリーの父が呼応しているのかな。
また、ヘレンとジュリアの母親も、ヘンリーの父のように殺されたのかもしれないなあ、と思えてきました。
脚本を書いたマーク・ゲイティスさんはそのように解釈しているのかもしれませんね。(もうコメンタリーの内容とか忘れてるので、ご本人が自らそうおっしゃっていたらご指摘ください……)

親(大人)が、子どもを不幸にしようとする話がホームズシリーズには他にもいくつかあります。
疑われていた親が実は子どもを愛していた、とか、子どもが犯人だった、という話もある(これは、カール・パワーズ事件で現代版でも描かれましたね)のですが、やっぱり子ども時代の影、というものをシリーズを通して強く感じる。
それが現代版では「赤ひげ」のお話につながってくるのかもしれません。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)

見るべきところ

NHKの人形劇「シャーロック・ホームズ」、春の放送で見そびれてしまった数話と、新作が放映されました。
録画して何度も楽しんでいます。"SHERLOCK"と同様に、ベースとなっている作品以外にも、原作ネタがたっぷりとちりばめられていて、ニヤニヤさせられます。原作のキャラクターが、三谷幸喜作品ならではの、とぼけた魅力たっぷりにアレンジされてるのも楽しい!
それにしても、人形の表情の豊かさにはっとさせられます。ワトスンの眼の優しいこと!硬い質感にも関わらず、あの髪の毛を両手でわしゃわしゃしたくなります!あああ、可愛い。(それにしても、"SHERLOCK"で初めて同世代のホームズが現れた時も感慨深かったですが、これでついに年上になりました……)

春の放映でもあったかどうかわかりませんが、夏の放映では本編終了後に「シャーロッQ」というミニコーナーがあって、元ネタやそこから見える19世紀イギリスの世相を紹介してくれるという、教育テレビらしい配慮が!
メインはクイズなんですが、時間に制約があるせいか、

Q:メアリー・サザーランドの職業は?1、ピアニスト 2、タイピスト 3、服の仕立て屋


みたいな、、原作知らなかったら勘で当てるしかねえじゃん!と私がお子様だったらキレまくるような、考えさせる気ゼロの3択問題です。せめて先に袖口みせてあげようよ!でも赤毛クラブの電話帳事情は勉強になりました。

さらに、このコーナーのラストでは、元ネタになった原作から、ホームズの名言を一つ紹介してくれます。
おかげで私、全く気付いていなかった"A Scandal of Belgravia"の元ネタに今更気づくことができました。
Eテレさんありがとう!子どもの頃からお世話になっていたのに、アホな大人に育ってしまってすみません……

3●歳児の私がEテレで教わったホームズの名言は、「花婿失踪事件」から。

"You did not know where to look, and so you missed all that was important."
「見るべき場所を見ないから、それで大切なものをすべて見落とすのさ 」(延原謙訳)



この台詞が、アイリーンの裸から目をそらすジョンについての、シャーロックの台詞にアレンジされているのですね。

"I don't think John knows where to look."
"No. I think he knows exactly where. Not sure about you."
「ジョンは、どこを見たらいいかわからないんだ」
「いいえ、彼はよくわかってるわ。あなたはともかく」(拙訳)



ほとんど変わっていないセリフですね。気づかれた方も多かったのではないでしょうか。
「君は見るだけで、観察しない」という台詞がこの直前にあったのですが(関連記事:『灰皿と階段』)、この場面への伏線だったのですね。見るべきところを見ていないのは私でした……

人形劇「シャーロック・ホームズ」でこのクイズが出てくるのは、「消えたボーイフレンドの冒険」。
ワトスンが読んでいた小説が「二都物語」なのにも唸らされました……
この本から学んで、級友3人に的確なアドバイスができる15歳って!現代版boysよりよっぽど大人なんじゃ……恐ろしい子!
私が15歳時の読書から学んだ言葉で彼に対する気持ちを表現するなら、「生まれてすみません」です。

【追記:2014.8.29】人形劇「シャーロック・ホームズ」が放映されたのは、EテレではなくNHK総合でした。
ほんと、生まれてすみません。


逃してなるものか!

"20-year-old disappearance,a monstrous hound? I wouldn't miss this for the world!"
「20年間の失踪にお化け犬だって?逃すわけにはいかない!」(拙訳)


原作同様「忙しいからロンドンを離れられない」と言っていたのに、一転して自分もダートムアに行くと宣言するシャーロック。

先日YOKOさんのブログにお邪魔したところ、この台詞の元ネタに関するコメントがあることを教えていただきました!そのコメントを書き込んでいらっしゃったよっしぃさんとYOKOさんのご承諾を得て、こちらでも取り上げさせていただきます。

「まア、まア」はや腰をあげかけたウィルスンを押しもどしておいて、ホームズはいった。
こんな珍奇な、おもしろい事件をのがしてたまるもんですか!(I really wouldn’t miss your case for the world.)(後略・『赤髪組合』延原謙訳)」


ほとんど同じ台詞なのですね!これは気付きませんでした!よっしぃさんのご慧眼に感服致します。
「バスカヴィル~」のように全体の元ネタがはっきりしている回は、ついその作品に注目してしまいますが、他の作品にもホームズが面白い事件を「逃してなるものか」と言う台詞はあったでしょうか。発見した方がいらっしゃれば、教えていただけたら嬉しいです。

よく考えてみると、原作のホームズも「他の事件で忙しい」と言いながらもなるべく早くダートムアに行く気でいたわけで、内心では同じ台詞を叫んでいたかもしれません。
「行かない」と言っていた段階では、原作と同じ展開を思わせる台詞もありましたね。

"But don't worry,I'm putting my best man onto it.I can always rely on John to send me the relevant data, as he never understands a word of it."
「でも心配しないで、最高の人材が行くから。情報収集はジョンが頼りなんだ。彼自身は何一つ理解してないにしても(拙訳)」


原作ではこんな感じです。

「それでは誰がよろしいでしょう?」
ホームズは私の腕に手をおいた。
「このワトスン君がひき受けてくれるといちばんいいのですがね。いつもあなたの身辺についていて、いざという場合これほど信頼できる人はないと、確信をもっていえます」(バスカヴィル家の犬)



原作と比べると、現代版シャーロックは一言多いのがよくわかります…

さらに、よっしぃさんのご指摘くださった「赤髪組合」では、依頼人にこんな風にワトスンを紹介していますね。

「(前略)ウィルスンさん、この紳士はね、いままでに私が成功した多くの事件に、たいていの場合私の相棒ともなり、助手ともなってくれた人なんですよ。ですからあなたの問題にだって、きわめて有力な役をつとめてくれるにちがいないと思うんです」



ワトスンに対しても、依頼人に対しても、現代版シャーロックより原作ホームズの方が「口が巧い」なあ、と思います。よっしぃさんとお話していて、ジェレミー・ブレット演じるホームズがワトスンにさっと寄って行って笑顔で事件に「巻き込む」様子を思い出したのですが、心からの笑顔や言葉だったにしろ、演技だったにしろ、ホームズはワトスンをその気にさせたり、依頼人にワトスンの捜査への参加を納得させるのが本当にうまい!

シャーロックだって捜査のためなら笑顔を作って見せることができるのですが、その技巧をジョンに対して使うことはないみたい。その分、面倒見の良いジョンが自分から歩み寄っている感じです。だからこのお話の中盤で、ジョンの方が臍を曲げた時、シャーロックは必死ですがりつく羽目になります。原作と現代版の二人の関係は、もちろん似ている部分もありますが、違うところもたくさんありますね。

「赤髪組合」から話をなんだか違う方向に持って行ってしまいましたが、よっしぃさん、YOKOさん、「逃すわけにはいかない」重要な発見を快くシェアしていただき、ありがとうございました!

(原作からの引用はすべて延原謙訳)

高いところに…

第2シリーズ2話では、シャーロックがムーアの大きな岩の上に佇むシーンが出てきます。
この場面は原作の一節を思わせます。
「バスカヴィルの犬」第九章、先にバスカヴィル館に来ていたワトスンが、ロンドンにいるホームズに書き送った手紙に描かれている場面。
脱獄囚を追って沼沢地を駆け回っていたワトスンは、不思議な人物を発見します。

のぞみのない追跡を断念し、呼吸のしずまるのを待って、やおら腰をあげて帰路につこうとすると、上弦の月は右手に低くおちて、突兀たる花崗岩のいただきにひっ掛っていると思われたが、見よ、そのいただきの上には、月光を背にあびて墨絵の影人形のように、一人の男がつったっていたではないか!幻覚でもなんでもない、まざまざとこの眼に見えたのだ。みたところ痩形の、背の高い男で、すこし股をひらいて突ったち、腕を組んでじっとうつむいたところは、眼前に展開するさいげんなく広い泥と岩との海を前に、なにかをふかく沈思しているかに思われた。これこそこの荒れ地の精霊なのかもしれない。(延原謙訳)


精霊も何もむろんホームズなんですけど、印象的な場面ですよね。
現代版では昼間だったので、月を背にして立つホームズの影は見られませんでしたが、パイロット版では夜高いところに登っているシャーロックが見られますね。なぜかロンドンで。
孤高の探偵と、それを見上げるジョン。本編ではこの場面がカットされ、一緒に(高いところも含めて)走りまわっていますし、ダートムアでもはじめから一緒に捜査をしています。現代版では、原作のホームズとワトスンが与える印象よりも、シャーロックとジョンをより対等に描こうという試みがなされているように見えますが、こんなところにもそれが表れているのかもしれません。
その分、シャーロックがただの「高いところ好き」に見えちゃうのは私だけでしょうか…いや、何か深い考えがあって登ってるんですよね!?
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura