最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

一番素晴らしい人

秋の大型連休、久々に録画を観返してみて、鑑賞メモから記事にするのを忘れているネタをいくつか見つけました。
(他の話題のついでに出したり、コメント欄でご指摘いただいて『それでよし』としてしまっているものもあるので、かぶっていたら申し訳ありません。)

"Look, I find it difficult. I find it difficult, this sort of stuff."
"I know."
"You were the best and the wisest man that I have ever known.Yes, of course I forgive you."
「苦手なんだよ、こういうのは」
「わかってる」
「君は、誰よりも素晴らしくて賢い人間だ。許すに決まってる」(拙訳)



爆弾を詰め込まれた地下鉄車両で、狼狽したジョンが思わず本音を吐露してしまう場面。
これは、「最後の事件」の結びから。

Of their terrible chief few details came out during the proceedings, and if I have now been compelled to make a clear statement of his career, it is due to those injudicious champions who have endeavoured to clear his memory by attacks upon him whom I shall ever regard as the best and the wisest man whom I have ever known.
首領モリアティのことは、裁判にもほとんど出てこなかったが、ここにその経歴をはっきり書きしるさざるを得なかったゆえんは、私が生涯にもっとも愛しかつ尊敬した一人物にたいして不当の攻撃を加え、もってモリアティへの記憶を新たにせんとつとめる浅薄な輩に報いんがためである。



「最後の事件」の結びが怒ってる感じなのは、この短編が、モリアティ教授を弁護する文書を発表したモリアティ大佐(教授の兄弟)への反論として世に出されたものだからです。その一件がなければ、ホームズの死の経緯はワトスン一人の胸にしまわれているはずでした。
時系列で言うと、「冒険」「思い出」所収の短編群と長編「バスカヴィル家の犬」は、ホームズがライヘンバッハの滝で「死んで」から続々と発表されたことになります。
開業医であり、一家の長でもあったワトスンはとんでもなくハードな生活を送ってたことになりますが、ホームズの活躍を作品にして、発表することがワトスンの追悼であり、復讐であったのだと思います。ホームズに次いでメアリも亡くした後は、絶望を遠ざける唯一の手段でもあったのでしょう。
その流れに沿うためなのか、延原訳では「最も良い、賢い男」ではなく、「私がもっとも愛しかつ尊敬した一人物」とワトスンの主観が強調されています。

現代版では、ジョンの結婚式のスピーチでシャーロックが似た言葉をジョンに返すのが、いいなあと思います。

過去記事:「シャーロックのスピーチ

同時に、ジョンがベストマン(結婚式の付き添い役)を頼むが、シャーロックは意味を取り違えてよくわからない男を推薦する、というくだりにもつながるはずなのですが(過去記事:『最高の男とは』)、何でもマインドパレスに入れるシャーロックが、この言葉は忘れてるということになる。
撮影順とか、いわゆる大人の事情のせいかもしれないのですが、褒められることに敏感なシャーロックがジョンのこの言葉を忘れているのだとしたら、自己評価に偏りがあるんだなあ、と思ってしまう。第3シリーズを通して描写される、マイクロフトの「お前は馬鹿な子だ」という刷り込みと無関係ではないのでしょうね。第3シリーズでは、徹底してシャーロックの内面を掘り下げてるんですね。

ところで、モリアティに兄弟がいたという話は、「恐怖の谷」にも出てきます。

(前略)弟はこの国の西部地方のどこかで駅長をしている始末、(後略)



名前がかぶってたりするので、多少捻じ曲げてる(実在の人物に配慮して、名前などを変えてる?)印象もあるのですが、ワトスンの書いたことを素直に受け取れば、モリアティ兄弟は数学の教授、軍人、駅長の3人がいることになります。(グールド説ではホームズ兄弟も3人で、対称になってる!)

このことから、"His Last Vow"ラストで蘇ったジムの正体は彼の兄弟ではないか、という説も出ているそうですね。
そっくりの姿で蘇ったといっても、今のところテレビジャックの映像だけなので全くの他人の犯行である可能性もありますが、"The Empty Hearse"を介して鉄道というモチーフで繋がってるとしたら、駅長さんのモリアティが黒幕のモデルなのかもしれません。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

レストレードは知っている?(S3編)

一年以上前のことになりますが、「レストレードは知っている?」という記事にて、「"A Study in Pink"でのジョンの行動にレストレードが気づいていた可能性」について、コメント欄で皆さんとお話しました。その時は星宿さんに問題提起していただいたのですが、今回もれすとらさんにコメント欄でご指摘をいただきました。

「あの2年間グレッグはジョンとアンダーソンを見張っていたというか見守っていたんじゃないかと思っていました。」
「His Last Vowでマイクロフトとグレッグはつながっていたっぽいところがあったように思います。」


れすとらさんは、さらに二つの仮説を挙げてくださっています。

(1)マイクロフトが偽装工作にレストレードの協力が必要なため真相を話したので、知っていた。レストレードはチーム・ラザロのメンバーだった。
(2)マイクロフトはジョンとアンダーソンを監視・保護するため必要なことしか言わないが、レストレードは刑事の勘(が確かかはあやしいけど、A study in pinkではジョンが撃ったことには気がついていたと思います。)でだいたいの真相に気がついていた。マイクロフトはレストレードも暗殺されそうになった1人だから危険があるかもしれないと教えていた。


さらに、シャーロックと再会したレストレードの態度について、
「『死んでなかった!!!!』という驚き方はしないで『やっと帰ってきたな』という感じでハグしていた」とのご観察も。

私にはこの発想がなくて、レストレードはジョン同様シャーロックの生存を知らなかったものと思い込んでいました。
原作でのホームズは、自分の生存を知っていたのはマイクロフト一人だけだと明言しています。

「僕はひとりだけに事情をうち明けた。兄のマイクロフトだ。君にはまったく相すまないけれど、僕は世間から死んだと思われることが、絶対に重要だった。それに君に知らせたら、僕の遭難談をあれまでまざまざと迫力をもっては書けないからね、君という人は。」
「マイクロフトのほうは、金の必要にせまられて、何とも止むを得ず打ちあけたのだよ。」



でも、レストレードがホームズと再会した時の態度が、妙に落ち着いてるんですよね。

私がすかさず曲者を押さえるし、ホームズは鋭く呼子を吹きならした。すると舗道を駆けてくる靴の音がして、二人の制服巡査と一人の私服とが、正面玄関からとびこんできた。
「レストレード君ですね?」
「ホームズさんでしょう?自分で出かけてきましたよ。よくロンドンに帰ってきましたねえ、ホームズさん」



「自分で出かけてきた(I took the job myself)」っていうのは、ホームズがヤードにモラン逮捕協力の要請をしたら、それを聞いたレストレードが志願したってことですよね?
数時間前から心の準備ができていたとはいえ、死んでいたはずの友人に会うには落ち着き過ぎてる気もします(知らなかったのに余裕を見せてるとしても、それはそれでかっこいいんですけど)。
また、死んでいると思い込んでいたら、ホームズが名前を出して協力要請したとしても、それを信じるでしょうか。
シャーロックがグレッグを待ち伏せたように、既に何らかのコンタクトがあったのか?それとも、レストレードの方で連絡を「これは本物のホームズからに違いない。ホームズは生きている」と見抜いたのか?
二人はホームズの帰還後初めて会ったように見えますし、失礼ながら原作のレストレードはそんな重要なことを見抜けるキャラクターには見えないような……(ホームズが暗号を忍ばせたりしてれば、見抜けるかもしれませんが)
やはり、マイクロフト経由などで、ホームズの生存を知っていたと考えるのが自然なようにも思えます。

そして、ホームズのこのセリフ。

「(前略)この空家が樹で、君が虎なんだ。虎が一頭じゃなかったり、あるいは、こんな仮定はどうかと思うが、射ちそこなった場合に備えて、おそらく君も予備銃を用意されたろうが、これが」とホームズはぐるりと私たちのほうへ手を振って、「僕の予備銃だ。両者の対比はぴたりと一致する」



脱線しますが、この場面は"The Empty Hearse"でジョンに内緒で警察を呼んでおいたシャーロックの元ネタですね。
ホームズも、ヤードからの助っ人が待機していることをなぜかワトスンに話さず、張り込みしていた警察官をみつけたワトスンが不審に思っています。どんだけワトスンを驚かせたいんだ!

脱線終わり。ひゅー!(←結婚式のシャーロックのまね)
ホームズとモランの「両者の対比」は、現代版のシャーロックとジムにも当てはまります。
ジムにも複数の協力者がいます("The Reihenbach Fall"にもいっぱい出てきましたが、"His Last Vow"のラストシーンから察するともっといそうです)。
一方シャーロックには、れすとらさんおっしゃるところの「チーム・ラザロ」(約25名?)が。そして、原作で名指しされている「予備銃」レストレードの現代バージョンであるグレッグもまた、シャーロックとマイクロフトの「予備銃」だったのかもしれません。

YOKOさんのブログのコメント欄で、ご友人で英文学の先生でもあられるNHさんが、「調べてみたら、Gregory(Greg はこの短縮形)はギリシャ語の Gregorios という名から来ていて、それには "watchful, alert" (用心深く見張っている)という意味があるとのことでした 」とおっしゃっていて、おお~!と鳥肌が立ちました。"The Hounds of Baskerville"だけではなく、全編を通してグレッグはシャーロックやジョンの「見張り役」なのかもしれませんね。

さてここからは妄想コーナーです。ひゅ~!(←しつこい)
もし、レストレードがマイクロフトの指示のもとにジョンを監視・保護していたのだとしたら、(アンダースンはまあ一旦置いときます)、"Many Happy Returns"でのレストレードも、友情だけではなく、任務のためジョンを訪れていたことになります。
このタイミングでシャーロックの遺品を持ってきたのは、シャーロックの帰還が近づいたため、ジョンに心の準備をさせようという意図があったのかもしれません。そう考えると、街角で"THE GAME IS BACK ON"の見出しを目の端にとらえるレストレードの表情も意味ありげに見えてきます。

れすとらさん、色々な想像がふくらむ話題をありがとうございました。
果たしてレストレードは「知っていた」のか「知らなかった」のか。皆さんのご意見をうかがえたら嬉しいです。
(個人的には、ジョンの結婚披露宴の序盤で、やたら不機嫌な顔で飲んでいたのも気になってます。『奥さんとはどうなったんだ問題』『ひょっとしたら一緒に招待されてたのに来てくれなかったのか問題』へのご意見も、お待ちしております。)

(原作からの引用は、延原謙訳『空家の冒険」より)

レストレードの抱擁

シャーロック生存説を唱えるアンダースンに「それはお前に罪悪感があるからだ」と厳しく指摘しながらも、延々2年も相手していたレストレード。もう部下じゃないはずなのに、つくづく面倒見のいい人ですよね。

突然姿を現したシャーロックにもレストレードは包容力を発揮し、温かく抱きしめます。シャーロックも嬉しそう。

原作ではこんな感じ。

「レストレード君ですね?」
「ホームズさんでしょう?自分で出かけてきましたよ。よくロンドンに帰ってきましたねえ、ホームズさん」
「非公式な助力も少しは必要かと思ってね。迷宮入りの殺人事件が一年に三つでは、困りますよね。しかしあのモールセイ事件だけは日ごろの君にも……いや実にお手際でしたよ」



皮肉もまじっていますが、こちらも温かい再会シーンです。

ところで、生存を知らせなかったことに怒りもせず、ただ抱きしめてくれたレストレードですが、シャーロックはジョンにもこういう反応を期待していたのではないでしょうか。ジョンに会いに行く前にも「驚かせてやろう。喜ぶだろうな」とマイクロフトに漏らしていましたし。

原作の「帰還」の場面は、ワトスンが現代版のレストレードのような迎え方をしています。
抱擁こそありませんでしたが、怒ったり責めたりする描写もありません。
ジョンは「知りたいのは、どうやって生き返ったかじゃなくて、どうしてそんなことをしたかだ」と言ってましたが、ワトスンは「どうやって生き返ったか」だけを聞きたがり、ホームズはそれに応じる形で「自分の賢さを披露する」という居心地のいい役にすんなりと返ります。

「ホームズ君! ほんとにホームズ君かい?まさか、君が生きていようとは!いったいどうしたら、あの怖ろしい深淵からはいあがれたんだい?」

「やっぱり幽霊じゃないんだね。君が帰ってきたなんて、僕は狂喜するばかりうれしいよ。まア掛けないか。そしてあんな怖ろしい断崖から落ちて、どうやって生き返れたのか、そいつを聞かせてくれたまえ」

「僕は好奇心でいっぱいだよ。説明はいまのほうがいいねえ」



先ほど「抱擁はなかった」と書きましたが、「空家の冒険」はホームズとワトスンの肉体的な接触の描写が多い気もします。

私は思わず彼の腕をしっかりつかんだ。

私はもう一度彼の腕にさわってみた。細いが筋ばった彼の腕が服の下に感じられた。

ホームズの痩せた冷たい手が私の手首を握って、ながい廊下をぐんぐん奥に引張っていった。

ホームズは私の肩に手をおいて、耳へ口をよせてささやいた。

あまりの驚きに私は思わず手をのべて、そこにほんもののホームズのいるのを確かめてみたほどだった。

とつぜん、彼は部屋の隅の暗いところへ、私を引きずりこんで、声を出すなとその手を私の唇におしあてた。



描写はありませんが、気絶してしまったワトスンを介抱したのも無論ホームズでしょうね。

挙げたうち、あとのほうのものは「張り込み」という仕事中ゆえ発生したのでしょうが、たとえば二人のどちらかがヤードの刑事と一緒に張り込んでいて、同じように触れ合ったかといえばそうでもないでしょうし、ホームズとワトスンが普段からこんなにお互いに触っていたような印象はありません。やっぱり、久しぶりに親友に会えて(しかもワトスンの場合は、相手はすでに肉体を失ってしまったと思い込んでいて)、お互いの存在が実際にそこにある、というのが嬉しかったんじゃないかなあ、と思います。
そうすると、ローラばりに夢見がちな女子としては、抱擁くらいしててもいいんじゃないかとまで思っちゃうわけですよ。時代的な背景に詳しくないので当時の男性の意識とかはわからないんですが、少なくともグラナダ版のホームズは抱擁しようとしてましたし。
ホームズが帰ってきたのが1894年、オスカー・ワイルドが投獄されたのが1895年、「空家の冒険」の発表が1903年ですよね。もしホームズとワトスンの間に、現代版シャーロックとレストレードのような「再会の抱擁」があったとしても、読者の無用な誤解を避けるためにワトスンが描写を控えた、という考え方もできますかねえ。どっかのジョンじゃないですけど……
(あー、アンダースンに"Are you out of your mind?!" とか言われそう)
同じように、ワトスンがホームズに怒りや憤りを感じていたとしても、その描写をしなかったのかもしれませんね。殴ってたりして……
「抱きしめる」と「殴る」、どちらかの反応がより愛情が深いということではなく、あり様が違うだけで、どちらも思いのこもった反応だと思います。

以前、ジョンとマイクロフトについて書いた記事で、「原作のシャーロック・ホームズ」の役割が、現代版のホームズ兄弟に少しずつ振り分けられている」というようなことを書きました。第3シリーズを観て確信を深めたのですが、さらにワトスンの役割も、少しずつレストレードやその他の人々に振り分けられていると感じています。今回とりあげたレストレードの反応は、その好例ではないでしょうか。
原作の「最後の事件」にはレストレードやハドスンさんは登場しませんが、現代版のジムはジョンだけでなく、ハドスンさん、レストレードもシャーロックの親しい友人として同等に扱っています。原作と現代版、それぞれの登場人物たちの、役割の違いを追っていくのも面白いと思います。

(※原作からの引用はすべて延原謙訳 『空家の冒険』より)

失礼な説明

"I won't insult your intelligence by explaining it to you."
"No, please, insult away."
「いちいち説明して、君たちの知性をバカにすることもないだろう」
「いやいや、 どうぞどうぞ」 (拙訳)



このやりとり、原作でもどこかでしてたなあ、と思ったのですが、とりあえず「赤髪組合」「三破風館」で見つけました。

「ふうむ!ではかぎタバコのことは?フリーメーソンのことは?」
「それを詳しく申しあげるのは、賢明なるあなたにたいして、かえって失礼にあたりますから、控えておきましょう。(I won’t insult your intelligence by telling you how I read that)ことにあなたが現に、弧とコンパスの元部長章を胸におびていらっしゃることなどは、厳格であるべきフリーメーソンの規則にちと違反していらっしゃるらしく思いますからね」(『赤髪組合』)



「説明の必要はないでしょう、マダム。明敏なあなたには説明などかえって失礼かと――。もっとも正直に申せば、その明敏も近ごろはすっかり怪しくなったと思いますけれどね」(『三破風館」)



いずれも、依頼人や関係者に対してのセリフです。ワトスンや刑事たち相手にもあったと思うのですが……見つかり次第、追記していこうと思います。
【追記:2014.5.31】「悪魔の足」にワトスンに対しての台詞がある由、RMさんに教えていただきました。コメント欄をご覧ください。

それにしても「(こんな簡単なこともわからないはずがないので)失礼にあたるから説明しない」という宣言自体が失礼なのに、さすがレストレード。シャーロックへの耐性が半端ない……

【事件の重要なネタバレ】スマトラ通り

側線のある古い駅を特定しようとするシャーロック、ジョン、シリコット君。

"St Margaret Street, Bridge Street, Sumatra Road, Parliament Street..."
「セント・マーガレット・ストリート、ブリッジ・ストリート、スマトラ・ロード、パーラメント・ストリート…」



googleで地図検索すると(いい時代に生まれた!)、すべてロンドンに実在する通り。



でも、他の3本はちゃんとウェストミンスター宮殿周辺にあるにも関わらず、問題の「スマトラ通り」だけちょっと遠いですね。違ったらご指摘いただきたいのですが、おそらく、スマトラ通り下にある廃駅が実在しないので、この通りだけはフィクションなのではないかと思います。



ではなぜ「スマトラ通り」が問題の場所として選ばれたのか。
これは前々からアナウンスされていたこのお話のキーワード、"rat"に関わるのだと思います。

ドラマの中で、「ネズミ」という言葉はシャーロックが「指標」にしている人々を表します。
船が沈没する前にネズミが逃げ出すように、彼らのいずれかに動きがあると、何かが起こるはず。
その中でも、モラン卿は一番の「大ネズミ」です。

後ほど「キャラクター」カテゴリで詳しく書きたいと思いますが、原作ではモリアティの右腕で、退役した元英国軍大佐。
射撃の名手で、猛獣狩りの名人でもあります。特に虎射ちでは有名なようです。
ワトスンと同じくアフガニスタンにいたのですね。ワトスンも虎の子を撃ったことがありますが(『四つの署名』)、「スマトラ」と関連づけられたのは、インドネシアのスマトラにも虎がいることからの連想でしょうか。(Wikipedia:『スマトラトラ』)

原作で「スマトラの大鼠」といえば、「語られざる事件」。

「マティルダ・ブリッグスといったって若い女の名じゃないぜ、ワトスン君」ホームズは古いことを追想しながらいった。
「スマトラの大ねずみに関係のある船の名なんだ。この話はまだ世間に知れ渡っていないがね。(後略・『サセックスの吸血鬼』延原謙訳)」



原作での言及はたったこれだけなので、マティルダ・ブリッグズ号とスマトラの大ねずみについては想像するしかないのですが。
現代版では、実在する動物ではなく隠語として解釈したようです。「実在しない動物」が「実在しない通り」の下で蠢いていると考えると、なんとも不気味な感じですね。
マティルダ・ブリッグス号事件を元ネタにした事件を、シャーロックとジョンも経験しているようです。
(関連記事:『ティリー・ブリッグズ号の語られざる事件』)
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura