最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(事件の重要なネタバレ)フランクランドとロイロット

来月日本で公開される『コードネームU.N.C.L.E.』について、以前ちょこっと触れたことがあり、追記しておこうかと過去記事を漁っていたら、書き足したいことがちょこちょこ出てきました。
過去記事への追記ではうまく収まらない分は、新しくアップしていこうと思います。
第3シリーズの元ネタ探しがまだ「東の風」までたどり着いていないのですが、幸い(?)第4シリーズまではまだまだ時間がありそうなので、しばし昔話にお付き合いください。

まず、The Hounds of Baskervilleのフランクランドの死に様について。

「暴力をふるう者には必ず暴力がはねかえってくる。ひとのために穴を掘る者は、必ず自分がその穴に落ちるのだ。」(まだらの紐・延原謙訳)



これ、「バスカビル家の犬」のステイプルトンも同じなのですが、「穴を掘る」という表現が現代版フランクランドにぴったりだったので、一応書いておこうと思います。
原作では「まだらの紐」も「バスカヴィル家の犬」も遺産問題絡みなのですが、現代版では犯行動機がどちらも変更されてますね。
現代版「まだらのブロンド」に関する記事はこちら

犯行動機には時代を反映していても、ホームズの語る真理は変わらないのかもしれません。

また、現代版フランクランドに『まだらの紐』のロイロット博士が混ざっている、と考えると、バスカヴィルの研究室でたくさんの動物が飼われていたことも、ロイロット屋敷の描写とつながってきます。

「(前略)それからまた父はインドの動物をたいへんかわいがりまして、手紙をやってはるばる取りよせるのでございますが、ただいまもインドで鹿狩りに使います豹が一頭と狒々が一匹おります。(後略」)



私の大好きな「シャーロックとサル・ガン飛ばし勝負」の元ネタは、この狒々かもしれない……!

樹の間をくぐって芝生へたどりつき、それを横断して窓からはいりこもうとすると、こんもり茂った月桂樹のやぶのなかから、不具の子供のような不気味なものがとび出して、みずから草のうえに倒れて手足をもがいていたが、たちまち起きあがって闇のなかへ姿を隠してしまった。
「おやッ、見たかい?」私は息をころした。
ホームズもちょっと驚いたらしい。内心の動揺にぎゅっと強く私の手首を握りしめたが、すぐに低い声で笑いをもらし、私の耳に口をよせていった。
「あれはかわいい家族の一員、狒々なんだよ」



何だかんだ言ってホームズもびびってるのが可愛い……
The Hounds of Baskervilleでも、「シャーロックの恐怖」が描かれますよね。
この後の張り込みはワトスンにとって長く忘れられない「恐怖の一夜」になったようですが、それはジョンにとっても同じこと。
(とは言ってもホームズはワトスンと一緒にいたので、ジョンだけに怖い思いをさせたシャーロックひどい、ということになるんですが……原作は原作で何が現れるか、見立てをワトスンに話していなかったので、ワトスンは余計怖かったんじゃないでしょうか。やっぱりどっちもシャーロック・ホームズだな)

フランクランドが友人の息子であるヘンリーを陥れようとしたことと、ロイロットが義娘を殺そうとしたことも似ているんですよね。
『まだらの紐』のヘレンの姉と、現代版ヘンリーの父が呼応しているのかな。
また、ヘレンとジュリアの母親も、ヘンリーの父のように殺されたのかもしれないなあ、と思えてきました。
脚本を書いたマーク・ゲイティスさんはそのように解釈しているのかもしれませんね。(もうコメンタリーの内容とか忘れてるので、ご本人が自らそうおっしゃっていたらご指摘ください……)

親(大人)が、子どもを不幸にしようとする話がホームズシリーズには他にもいくつかあります。
疑われていた親が実は子どもを愛していた、とか、子どもが犯人だった、という話もある(これは、カール・パワーズ事件で現代版でも描かれましたね)のですが、やっぱり子ども時代の影、というものをシリーズを通して強く感じる。
それが現代版では「赤ひげ」のお話につながってくるのかもしれません。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

逃してなるものか!

"20-year-old disappearance,a monstrous hound? I wouldn't miss this for the world!"
「20年間の失踪にお化け犬だって?逃すわけにはいかない!」(拙訳)


原作同様「忙しいからロンドンを離れられない」と言っていたのに、一転して自分もダートムアに行くと宣言するシャーロック。

先日YOKOさんのブログにお邪魔したところ、この台詞の元ネタに関するコメントがあることを教えていただきました!そのコメントを書き込んでいらっしゃったよっしぃさんとYOKOさんのご承諾を得て、こちらでも取り上げさせていただきます。

「まア、まア」はや腰をあげかけたウィルスンを押しもどしておいて、ホームズはいった。
こんな珍奇な、おもしろい事件をのがしてたまるもんですか!(I really wouldn’t miss your case for the world.)(後略・『赤髪組合』延原謙訳)」


ほとんど同じ台詞なのですね!これは気付きませんでした!よっしぃさんのご慧眼に感服致します。
「バスカヴィル~」のように全体の元ネタがはっきりしている回は、ついその作品に注目してしまいますが、他の作品にもホームズが面白い事件を「逃してなるものか」と言う台詞はあったでしょうか。発見した方がいらっしゃれば、教えていただけたら嬉しいです。

よく考えてみると、原作のホームズも「他の事件で忙しい」と言いながらもなるべく早くダートムアに行く気でいたわけで、内心では同じ台詞を叫んでいたかもしれません。
「行かない」と言っていた段階では、原作と同じ展開を思わせる台詞もありましたね。

"But don't worry,I'm putting my best man onto it.I can always rely on John to send me the relevant data, as he never understands a word of it."
「でも心配しないで、最高の人材が行くから。情報収集はジョンが頼りなんだ。彼自身は何一つ理解してないにしても(拙訳)」


原作ではこんな感じです。

「それでは誰がよろしいでしょう?」
ホームズは私の腕に手をおいた。
「このワトスン君がひき受けてくれるといちばんいいのですがね。いつもあなたの身辺についていて、いざという場合これほど信頼できる人はないと、確信をもっていえます」(バスカヴィル家の犬)



原作と比べると、現代版シャーロックは一言多いのがよくわかります…

さらに、よっしぃさんのご指摘くださった「赤髪組合」では、依頼人にこんな風にワトスンを紹介していますね。

「(前略)ウィルスンさん、この紳士はね、いままでに私が成功した多くの事件に、たいていの場合私の相棒ともなり、助手ともなってくれた人なんですよ。ですからあなたの問題にだって、きわめて有力な役をつとめてくれるにちがいないと思うんです」



ワトスンに対しても、依頼人に対しても、現代版シャーロックより原作ホームズの方が「口が巧い」なあ、と思います。よっしぃさんとお話していて、ジェレミー・ブレット演じるホームズがワトスンにさっと寄って行って笑顔で事件に「巻き込む」様子を思い出したのですが、心からの笑顔や言葉だったにしろ、演技だったにしろ、ホームズはワトスンをその気にさせたり、依頼人にワトスンの捜査への参加を納得させるのが本当にうまい!

シャーロックだって捜査のためなら笑顔を作って見せることができるのですが、その技巧をジョンに対して使うことはないみたい。その分、面倒見の良いジョンが自分から歩み寄っている感じです。だからこのお話の中盤で、ジョンの方が臍を曲げた時、シャーロックは必死ですがりつく羽目になります。原作と現代版の二人の関係は、もちろん似ている部分もありますが、違うところもたくさんありますね。

「赤髪組合」から話をなんだか違う方向に持って行ってしまいましたが、よっしぃさん、YOKOさん、「逃すわけにはいかない」重要な発見を快くシェアしていただき、ありがとうございました!

(原作からの引用はすべて延原謙訳)

高いところに…

第2シリーズ2話では、シャーロックがムーアの大きな岩の上に佇むシーンが出てきます。
この場面は原作の一節を思わせます。
「バスカヴィルの犬」第九章、先にバスカヴィル館に来ていたワトスンが、ロンドンにいるホームズに書き送った手紙に描かれている場面。
脱獄囚を追って沼沢地を駆け回っていたワトスンは、不思議な人物を発見します。

のぞみのない追跡を断念し、呼吸のしずまるのを待って、やおら腰をあげて帰路につこうとすると、上弦の月は右手に低くおちて、突兀たる花崗岩のいただきにひっ掛っていると思われたが、見よ、そのいただきの上には、月光を背にあびて墨絵の影人形のように、一人の男がつったっていたではないか!幻覚でもなんでもない、まざまざとこの眼に見えたのだ。みたところ痩形の、背の高い男で、すこし股をひらいて突ったち、腕を組んでじっとうつむいたところは、眼前に展開するさいげんなく広い泥と岩との海を前に、なにかをふかく沈思しているかに思われた。これこそこの荒れ地の精霊なのかもしれない。(延原謙訳)


精霊も何もむろんホームズなんですけど、印象的な場面ですよね。
現代版では昼間だったので、月を背にして立つホームズの影は見られませんでしたが、パイロット版では夜高いところに登っているシャーロックが見られますね。なぜかロンドンで。
孤高の探偵と、それを見上げるジョン。本編ではこの場面がカットされ、一緒に(高いところも含めて)走りまわっていますし、ダートムアでもはじめから一緒に捜査をしています。現代版では、原作のホームズとワトスンが与える印象よりも、シャーロックとジョンをより対等に描こうという試みがなされているように見えますが、こんなところにもそれが表れているのかもしれません。
その分、シャーロックがただの「高いところ好き」に見えちゃうのは私だけでしょうか…いや、何か深い考えがあって登ってるんですよね!?

呼び鈴今昔

"A single ring."
「一回だけ鳴った」
"Maximum pressure,just under the half second."
「おもいきり強く 0.5秒」
""Client!""
「「依頼人だ!」」(拙訳)



呼び鈴の音から、待望の依頼人がやってきたことを知るシャーロックとジョン。

玄関はハドスンさんも使いますので、依頼人以外のお客さんも呼び鈴を押すわけですが、「依頼人ならではの鳴らし方」を二人とも熟知しているようです。「ヴァチカンのカメオ」もそうでしたが、視聴者にはわからなくても二人で共有している事柄が第一シリーズよりも増えていることに、時間の流れを感じます。

原作でも、呼び鈴を聞いてホームズとワトスンが「誰だろう」と話す場面があります。これは「オレンジの種五つ」から。ひどい嵐の夜のお話です。

「おや!」ふと私は顔をあげて、ホームズを見た。「呼鈴が鳴ったようじゃないか。こんな晩に誰が来たのだろう?君の友人だろうね?」
「僕は君のほかに、友達は一人もないよ。話しに来いと人にすすめたこともない」
「じゃ依頼人かな?」
「もしそうなら、重大な事件だね。さもなければこんな日に、しかもこんな時刻になって来るはずがないよ。だが僕は、下宿のかみさんの仲よしでも来たとするほうが、あたっていると思う」



このホームズの憶測ははずれ、やってきたのは依頼人でした。嵐に紛れてよく聞こえなかったというハンデはあるものの、呼び鈴に関しては現代版シャーロックの方がよく注意しているようですね。

原作にも呼び鈴はしょっちゅう出てくるのですが、覚えている限りでは、221Bの呼び鈴を強く鳴らした依頼人は「ボヘミアの醜聞」のボヘミア王、「ノーウッドの建築師」のマクファーレン青年でしょうか。ほかにもいたら教えていただければ嬉しいです。

呼び鈴だけが材料ではないのですが、まだ通りにいる依頼人の仕草から、持ち込まれるであろう事件の種類を ホームズが当ててみせる場面があります。

彼女はこの非凡な服装で、からだを前後にゆらせて、手袋のボタンをまさぐりながら、おずおずとこっちの窓を見上げていると思ったら、まるで水泳選手のスタートの時のように、勢いよく往来へとびだして、こちらがわへわたってきた。そしてすぐに、ベルの音がはげしく鳴りひびいた。
「こういう徴候をみかけるのは、これがはじめてじゃない」といって、ホームズは吸いかけのタバコを暖炉のなかへ投げすてた。「入口まできてためらうのは、かならず恋愛問題だ。相談はしたいが、人にうちあけるにはちと恥ずかしい気がする。もっともこれにも差異はある。男にひどい目にあわされたのなら、その女はためらいなぞしていない。その場合は呼鈴の紐が切れるのが普通だ。きょうのやつは、恋愛問題であることは間違いないと思うが、女は当惑し、悲しんでこそいるけれど、怒ってはいないらしい。いずれにしても、本人が来たようだから、どっちだかはっきりとするだろう」



女心の分析は完璧なんですよね、分析は。
クリスマスにモリーのプレゼントの相手を解析しようとしたシャーロックもそうでしたが…

話がそれましたが、当時の呼び鈴はボタンを押すのでなく紐(bell-pull)を引いて鳴らす方式ですね。また、玄関から中にいる人を呼び出すものだけではなく、各部屋から使用人を呼ぶためのものもあったようです。「緋色の研究」では、いつも寝坊なのに、たまに早く起きたワトスンが朝食を用意してもらうためにベルを鳴らしています。  
「まだらの紐」や「アベ農園」では呼び鈴の紐が重要な役割を果たします。「海軍条約文書事件」では、当時の呼び鈴のしくみを垣間見ることができます。

彼は私の顔を見てから、まだ震動しているベルを見あげて、いよいよ不思議そうな顔をしました。
『あなたさまはここにいらっしゃるのに、誰がベルをお鳴らしになったのでしょう?』
『そのベルは、いったい何のベルだね?』
『あなたさまのお仕事をしていらっしゃるお部屋のベルなんで』



大きな役所や邸宅の使用人は、どの部屋から呼び出されたか知ることができたのですね。映画「日の名残り」でもこのような形式の呼び鈴を見た記憶があります。

現代版ではハドスンさんは「家政婦じゃなく大家」なので、当然彼女を呼び出すベルはありません。
でも、いちいち話しにいくのが面倒なのは同じようで、ジョンのブログのコメント欄ではこんなやりとりが…

腹ぺこだ。ブランチに行きたい人は?
John Watson 12 March 11:57

ブランチ!いいわね!
Mrs Hudson 12 March 11:58

面倒だ。何か上に持ってきてください、ハドスンさん。
Sherlock Holmes 12 March 12:01

私は家政婦じゃありません!
Mrs Hudson 12 March 12:02

(中略)

ごめんなさい、ハドスンさん。ジョンの目が言ってます。今のは失言だったようです。
Sherlock Holmes 12 March 12:09

お願いです、ハドスンさん。本当に欲しいんです…ブランチが。
Sherlock Holmes 12 March 12:13
(拙訳)



ちなみに"The Woman"のコメント欄です。あっさり「二度慈悲を乞う」シャーロック…はほっといて、同じ部屋にいるのにネット上で話すシャーロックとジョン、同じ家の階下からその会話に参加するハドスンさん。
呼び鈴でハドスンさんを呼んでいたホームズやワトスンが見たら、どう思うんでしょうね。
(原作からの引用はすべて延原謙訳)

ホームズと鹿撃ち帽

※2012年6月の記事に、加筆して再投稿しました。

二人の窮地を機転で救ってくれた、ドクター・フランクランド。
どうやら、一躍有名になったシャーロックのファンのようです。

"I thought you'd be wearing the hat."
"That wasn't my hat."
"I hardly recognise him without the hat."
" It wasn't my hat."
「あの帽子をかぶってるものだと思っていたが」
「あれは僕の帽子じゃありません」
「あの帽子がないとホームズだとわからん」
「僕の帽子じゃない」(拙訳)


この帽子は、"A Scandal of Belgravia"の冒頭で、マスコミから顔を隠そうと、とっさにシャーロックがつかんだ鹿撃ち帽ですね。写真が新聞に載ったおかげで、シャーロックはいつもこれをかぶっているものと思われているようです。

リンク先にもあるように、シャーロック・ホームズといえばこの帽子、とされていますが(シャーロック・ハットという別名があるのは初めて知りました!)、本来狩猟用の帽子で、都市で着用されることはありません。
挿絵画家のシドニー・パジェットが「ボスコム谷の惨劇」で郊外に向かうホームズにかぶらせたもので、作中にホームズがこの帽子をかぶったという記述はないとのこと。(『白銀号事件』で『耳当てつきの旅行用ハンチング』をかぶっていますが、これは鹿撃ち帽とは違うもののようです。)
原作に忠実に作られている、と評判の高いグラナダテレビのホームズ・シリーズは、「鹿撃ち帽にインバネスコート」というホームズのイメージを一掃しましたが、今でも虫眼鏡やパイプと合わせて「探偵の象徴」として用いられることは多いと思います。

シャーロックの場合も、印象的な帽子姿のイメージが一人歩きして、彼の象徴となってしまったようですね。
以前の記事でも触れましたが、「劇中人物の反応が、小説に対する読者の反応のパロディとなっている」パターンの一つだと思います。

ところで愛想のいいフランクランド老人は、ジョンにも話しかけます。

"I love the blog, too, Dr Watson."
"Cheers."
"The pink thing. And that one about the aluminium crutch."
「君のブログも大好きだ ドクター・ワトスン」
「どうも」
「あのピンクのなんとかは面白かった アルミの杖のやつも良かったな」(拙訳)


「ピンクの研究」はともかく、「アルミの松葉杖」事件はバッキンガム宮殿の人にも褒められていた、意外な人気コンテンツ!ところで、どのお話に一番人気があるんでしょう。

ジョンのブログの"Most popular posts"(人気記事一覧)には次の記事が挙がってます。

The Woman(あの女性)
The Aluminium Crutch(アルミの松葉杖事件)
Hat-Man and Robin(ハットマンとロビン)
The Great Game(大いなるゲーム)
Diamonds are forever(ダイヤモンドは永遠に)
My new flatmate(新しい同居人)
A strange meeting(奇妙な出会い)
Serial suicides(連続自殺)     ※括弧内は拙訳


ドラマ内での扱いは小さいですが、おそらく「アルミの~」は劇中の人々にとってセンセーショナルな事件だったのでしょう。二人が大活躍したものの、市井の人々への影響が少なかった"The Blind Banker"事件は見あたりません。
でも意外と、事件に関する記事は少ないですね。シャーロックの、名探偵としての活躍はもちろんでしょうが、読者の興味は彼の恋愛事件を思わせる題の"The Woman"や、ジョンとの出会いの経緯など、私生活の方面へ向かうようです。

(追記 2012.11.11)
"A Scandal in Belgravia"冒頭部を再視聴して気づいたので、追記します。
シャーロックが鹿撃ち帽を劇場で手に取る場面は、「アルミの松葉杖事件」を解決した後かもしれませんね。
(ただし、ブログによるとジョンはこの事件に立ち会っていなかったはずなので、二人一緒にいるのはおかしいのですが…既にマスコミがいるし、事件当日ではないということでしょうか。)

「アルミの~」事件の劇場だとしたら、おそらくこの帽子は劇中の探偵「シドニー・パジェット」がかぶっていたもの。
だとすると、「シドニー・パジェットによって『ホームズは鹿撃ち帽をかぶっている』というイメージが作られた」という事実を、現代版で再現してみせたのですね。深い!…って、1年近く気がつかなかった私が珍しいんでしょうか……

しかし、"SHERLOCK"の世界には19世紀の探偵「シャーロック・ホームズ」は存在しないはずですから「鹿撃ち帽をかぶった探偵」というステレオタイプもないはずなのに、演劇に出てくる探偵が鹿撃ち帽をかぶっているというパラドックスが起こってしまいます。う~ん、やはりこの説無理があるか?

もうひとつ追記。この記事で私が「ブログ読者の興味はシャーロックの私生活に向かう」と書いてますが、ジョンが既に似たようなことを言ってますね!

"People want to know you're human."
「皆、君の人間くさいところを知りたいんだよ(拙訳)」


これはちゃんと聞いてたはずなのに、さも分析でわかったようなこと言ってごめんね、ジョン……

(追記2・2011.11.15)ジョンのブログ「アルミの杖」事件の訳がコメント欄にあります。拙い文章でお恥ずかしいのですが、ブログ未読の方で追記1の疑問を一緒に考えてくださる方がいらっしゃるようでしたら、お使いください!また、英語の解釈などに間違いがありましたら、教えていただければうれしいです。原文はこちらです。
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。