最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草の灰の研究

さて、シャーロックのウェブサイトの方ですが、カウンターが設置されたり、コメントがたくさん寄せられたりと賑わっているジョンのブログに比べると、なんとなく閑散としている様子。

それでも、昨年末には「煙草の灰に関する研究」という記事が挙がっていました。
(例によってリンク切れでしたが…)
これの「元ネタ」は、「四つの署名」にあります。

「君の著作だって?」
「うん、まだ知らなかったのかい?」ホームズは笑って、「じつは僕の畑のものを若干いたずらしてみたんだがね。たとえばこの『各種煙草の灰の鑑別について』なんかその一つだよ。このなかには百四十種の葉巻と紙巻と刻みとの外観を列記して、その灰の区別がカラー図入りで説明してある。こいつは犯人捜査中にしばしばぶつかる問題だし、重大な手掛りになることも時々はあるからね。たとえば、ある殺人事件で犯人がインドのルンカ煙草をのむ男だと確認できたとすれば、それだけ捜査の範囲がせばめられたことは明らかだからね。慣れたものから見れば、トリチノポリ煙草の黒っぽい灰と、バーズ・アイ印の白くてふわふわした灰とを判別するのは、キャベツとポテトとの区別よりも容易なことなんだ」(延原謙訳)


ところが、今日確認すると、この記事(かなりの大作だったはず!)は消去されていました。
「フォーラム」のページを覗いてみたところ、「みんな、ジョンのブログの方に遥かに興味をひかれているようで、誰も読んでくれないので取り下げた」とのこと。

…なんと悲しい話でしょうか……!
世界中のブロガー、号泣ものです。

原作のホームズは、いろいろと独自の研究を発表しているんです。
「各種煙草の灰の鑑別について」のほかにも、

実際書いた(と思われる)もの

・生命の書 「緋色の研究」
・足跡の詮索、その保存に石膏を応用する問題
・職業が手の形におよぼす影響      「四つの署名」
・耳に関する短い論文2編「ボール箱」
・刺青の構図に関して 「赤髪組合」
・暗号に関する小論文(百六十種の暗号記法を分析)「踊る人形」
・書類の年代の鑑定「バスカヴィル家の犬」
・初期イギリスの勅許状に関する研究 「三人の学生」
・中世の音楽の問題「ブルース・パティントン設計書」
・チベット探検記(ジーゲルソン名義)「空家の冒険」
・実用養蜂便覧 付・女王蜂の分封に関する諸観察(引退後)「最後の挨拶」



そのうち書きたいと言っていたもの

・探偵の仕事における犬の用途「這う男」
・仮病について「瀕死の探偵」



「面白そう!」と思えるものもある一方、「大衆に受けるかどうか」という点において、ワトスンの冒険記にかなわなかったのはうなずける気がします。

シャーロックはジョンのブログの書き方について、劇中でもコメント欄でも不平を言っていますが、これは原作でも変わりません。

「僕もちょっと見たがね、正直なところ、あれはあんまり褒められた出来じゃない。探偵するということは、一つの厳正科学なんだ~~であるべきはずなんだ。したがって冷静に、無感情な態度でとり扱われなければならないところを、君はロマンチックな味つけをしているから、まるでユークリッド幾何学の第五定理に、恋愛物語か駆落ちの話を持ち込んだような結果になっている。(四つの署名・延原謙訳)」



「(前略)君が筆にすべきことも犯罪そのものではなく、犯罪を分析し統合する推理のうえにこそならなければならないのだ。一連の講義であるべきものを、君は物語にまで低級化させている」(ぶな屋敷・延原謙訳)


しかし、多くの読者が求めているのは、ホームズが否定した「物語」そのものであったようで…
このホームズの文句に長いこと耐えてきたワトスンがついに反撃をするのは、引退後、二人とも歳をとってからのこと。

長いこと前から彼は私に、冒険談を自分で書いてみろといって悩ましつづけている。私が従来彼の書くものが浅薄なのをしばしば指摘し、厳正なる事実の記述のみに止めないで、大衆の興味に阿るものだと攻撃を加えてきたものだから、自然私に対してそういう迫害を加えることにもなったのであろう。
「じゃ自分で書いてみたまえ、ホームズ君」こう反撃されてペンはとったものの、書くとなるとやはりできるだけ読者に興味を与えるようにしなきゃならないということに、いまさら気のついたことを告白せざるを得ないのである。(白面の兵士・延原謙訳)



この「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」の2編は、こういう経緯で引退後のホームズによって書かれたものです。
時間的な順番がそうなので仕方ないのですが、wikiのシャーロック・ホームズの「経歴」は「ワトソンの文章を批判し過ぎて怒られてしまったため、『白面の兵士』と『ライオンのたてがみ』の2編を自ら執筆、発表」で終わっています。大探偵の輝かしい歴史の結末が「親友に怒られる」なのはちょっと微笑ましくって、見るたびにやにやしてしまいます。

シャーロックもこんな風に、おじいさんになってからジョンに言ったことを反省したりするんでしょうか。
こちらの二人はまだまだ若々しいので、ずっと先のことになりそうですが、歳をとってもふざけ合って大笑いしたり、ぎゃあぎゃあ言い合ったり、拗ねて離れたり、仲直りしたりする二人は容易に想像がつきますね。





スポンサーサイト

推理の科学~緑のはしご事件

シャーロックがジョンの携帯を借りて送ったメールの内容は、
「弟が緑のはしごを持っていたら逮捕しろ」。この「緑のはしご事件」の記録は、シャーロックのサイト「推理の科学」に載っています。

シャーロックが書いたこの文章には、彼の性格がとてもよく表れています。
短い文章ですので、たどたどしくではありますが、訳してみました。
訳の内容や、翻訳を掲載することに問題があるようでしたら、ご指摘をいただければありがたいです。
途中でシャーロックの手描きと思われる現場の略図が出てくるのですが、画像の転載はまずい気がするので、元サイトをごらんいただければと思います。


クライアント候補・ジェーン・ダウニングが助けを求めに来た。彼女の夫が亡くなったのだ。
誰もが悲劇的な事故だと思ったが、彼女は夫の弟が犯人だと訴えている。
弟は鉄壁のアリバイを持っている。僕は鉄壁のアリバイが好きだ。
調査を引き受けることにする。

背景:昨年末、サー・ハリー・ダウニングが死んだ。彼は長子であるジャックに家を遺した。しかしながら、権利は家族にもあり、ジャックが子供を遺さずに死んだ場合は、弟のケイスが受け取ることになる。

先月:ジャックが庭の池で死体となって見つかった。自殺の動機はなく、格闘の痕跡もなかった。血液から多量のアルコールが確認された。悲劇的な事故に見える。ケイスが家を受け取る模様である。

ジャックの妻・ジェーンは、納得しなかった。ケイスは平日はエディンバラで過ごし、週末だけロンドンに帰ってくる。
ジャックが死んだ夜、ケイスはスコットランドに居たにも関わらず、ジェーンは夫の死の責任はケイスにあると考えて疑わない。彼に動機があることは間違いない。

更新:件の屋敷に行ってきた。

(画像)

一番上は、庭にある比較的小さな建物のうちの一つの壁である。
窓はなく、従って内部から被害者に何かを投げつけることは不可能。
花壇に足跡はなし。小道はゆるい砂利道。かなり狭いがそれほど危険ではない。
ジャックは泳げなかった。砂利に滑って落ちたか?事故のように見える。

更新:ケイスに会う。絶対に事故ではない。

更新:再びジェーンと話す。被害者について知っていることを全て言わせる。
退屈かつ世俗的な男だったようだ。彼女がテーブルセッティングをしている時に気付いたことがある。彼女は塩をこぼしてしまい、それを少しとって肩越しに投げた。塩をこぼすのは縁起が悪いらしい。彼女の夫もそのようなナンセンスを信じていたのかと確認したところ、そうだと請け合った。彼の飲酒習慣についても聞くと、それほど多くなく、たいがいはビールだけだったとのこと。

更新:家に戻り、花壇を調べる。何もなし。砂利を調べ、詳細な調査のために少量を採取。

更新:砂利に緑のペンキの痕跡。約一メートル離れた所に二つの斑点がある。梯子だ。
壁には窓がないので、はしごをかけるような場所だとは思えない。加えて,もし梯子をかけるなら、小道でなく花壇に置く方が自然だろう。庭師に聞くと、家の所有物には緑の梯子はないそうだ。
結論:梯子は何らかの目的のために持ち込まれ、そこに置かれた。

要約:ケイスは兄が迷信深いことを知っていた。彼はジャックがそこを歩くのを承知の上で、友人を使って梯子を置かせた。家には、ケイスがジャックに贈ったスコッチが一瓶あった。兄があまり酒を飲まないのを知っていてのことだ。ジャックはウイスキーを飲み、酔って散歩に出る。ゆるい砂利道、暗い夜…梯子を見つける。梯子の下を通るのは縁起が悪い。それで迂回する…池に落ちて溺れる。
後でジェーンにメールする。事件解決だ。

事実だけを淡々と記した機械的な文体が、うまく再現できていれば良いのですが。
原作でも現代版でも、ホームズはワトスンの文章に難癖をつけます。
第3話の冒頭でも怒っていましたが、ジョンのブログにも、「僕の仕事は厳正な科学であって、こんなふうに扱われるようなものじゃない。君は全てをロマンチックな冒険物か何かのように仕立てている。もっと、僕の分析的な考え方や物の見方に焦点を置くべきだ(拙訳)」という辛辣なコメントを残しています。

原作のホームズも、しょっちゅうワトスンに文句を言っていたようです。
第2作目「四つの署名」冒頭でも、さっそく処女作「緋色の研究」への批判の言葉が出てきます。

ホームズはかなしげに頭を振って、「僕もちょっと見たがね、正直なところ、あれはあんまり褒められた出来じゃない。探偵するということは、一つの厳正科学なんだ~~であるべきはずなんだ。したがって冷静に、無感情な態度でとり扱われなければならないところを、君はロマンチックな味つけをしているから、まるでユークリッド幾何学の第五定理に、恋愛物語か駆落ちの話を持ち込んだような結果になっている。(延原謙訳)」


この批判は当然ワトスンを憤慨させますが(ちなみに、あんまりしつこく批判するので、ついにワトスンを怒らせてホームズが自分で書く羽目になったという作品が『白面の兵士』です)、
皆さんご承知のとおり、本人が言うほど「冷静、無感情」一辺倒ではないところがシャーロック・ホームズの魅力です。
この「緑のはしご事件」の中でも、容疑者に会って「絶対に」事故ではない、と直感するくだりがあることに気づかれたでしょうか。

シャーロック・ホームズも、そして兄のマイクロフトも、時に自らの「直感」や「本能」に信頼をおいている節があります。私にとって最も印象深いのは、「アベ農園」で現場検証を終え、帰りの汽車に乗った後の場面です。

(前略)何を思ったかだしぬけに彼はプラットホームへとび降り、私までひきずり降ろしてしまった。
「ごめん、ごめん」ホームズはカーヴのかなたに消えてゆく汽車の最後尾を見おくりながら、
「気まぐれなでき心かもしれないことに、君まで道づれにまきこんで、まことにすまないわけだが、ただ何となく僕はこのままほっとくことは、どうあってもできないのだよ。あらゆる本能がやかましく反対をさけびつづけるんだよ。これはまちがっている。どこかにまちがいがある。ぜったいにまちがいがある。(後略・延原訳)」


先日ご紹介した「占星術殺人事件」では、御手洗潔がホームズをけなして石岡くんを怒らせた後、こんな会話があります。

「要するに君はホームズしか知らないのか? へえ! それでよくこきおろせたもんだ。あきれてものが言えない! ほう! つまるところ君は無能なホームズには全然感動できないと言うんだな?」
「誰がそんなこと言った? 完全無欠なコンピュータなんかに僕らはどんな用事があるっていうんだ? 僕が魅力を感じるのは彼らの人間だ。機械のまねをしてる部分にじゃない。そういう意味じゃ彼ほど人間らしい人間はいない。彼こそ、僕がこの世で最も好きな人間だ。僕はあの先生が大好きだよ」

御手洗のこの言葉は、ホームズびいきの石岡をちょっと感動させます。
人間離れした機械のようなイメージの後ろに、見え隠れする人間くささ。
いつの世も私たちがホームズに惹かれる理由を、御手洗はずばりと看破してくれています。

あ、マイクロフトが自らの「本能」を語る場面にご興味がある方は、ぜひ探してみてくださいね!
彼の台詞がある作品は、「ギリシャ語通訳」「ブルース・パティントン計画書」だけですので、すぐにみつかると思います。
存在感たっぷりの現代版マイクロフトのおかげで、お兄さんファンが増えるのでは?とひそかに期待している私です。

追記1(2011.9.3)
誤字の修正をしました。また、カテゴリを雑記から1話に移動しました。
追記2(2012.5.3)
カテゴリの整理に伴い、「シャーロックのサイト」カテゴリに移動。
追記3(2013.1.17)
以下は「アルミの松葉杖事件」という記事のコメント欄に書いた内容ですが、ご要望いただいたのでこちらにも載せておきます。実はこの作品は観ておりません。無責任な発言であることを重々お詫び致します…!

「緑のはしご」は"The Woman in Green" に関係あるんじゃないか!?と固執してた時期がありました…(というのも、タイトルを"The Lady in green"と勘違いしてたのです。The Green Lady→The Green Ladderかと!お恥ずかしい…調べたところ、どうやらGreenしか合ってないようなので、記事中でこじつけるのは断念しましたが)






推理の科学(2)~ピンクのスーツケース

ホームズのセリフで「かっこいい!」と思っているものがいくつかありまして、その中の一つに「白銀号事件」のこれがあります。

「あの晩の、犬の不思議な行動に、ご注意なさるといいでしょう」
「犬は全然なにもしなかったはずですよ」
「そこが不思議な行動だと申すのです」(延原謙訳)

きっとホームズファンに「好きなセリフ」アンケートをとったらかなり上位になるはず!と信じているのですが、まあそれは置いておいて、ホームズは「そこにある事実」だけでなく「あるべきなのに、そこにない」ものも証拠として活用します。

現代版・シャーロックもそうです。
"A study in pink"での、「被害者のスーツケース」がそれにあたります。

「観察」によって被害者が旅行者であることを割り出し、
「推理」でスーツケースがあるはずだということを知る。
現場にスーツケースがない、という事実に対して仮説を立て、
(『もうホテルにチェックインしたのかも』というジョンの意見もひとつの仮説ですね)
ありえないものを消去すると、ひとつの真実にたどり着く。
シャーロックの頭の中では、この過程が非常に速く行われているわけですね。

ジョンのブログでも、シャーロックが「ないもの」に目をつけたということが強調されています。

またもシャーロックは、一見しただけでその女の全てを知った。彼女の身なりや、脚についた泥はねなどの「そこにあるもの」と、もっと重要な、「そこにないもの」。彼女のスーツケースだ。
そして、それこそがシャーロックに火をつけた。
なくなったピンクのスーツケース。(拙訳)

※この記事を書くに当たってWikipediaの「シャーロック・ホームズ」のページの「推理法」の項目をみつけ、参考にさせていただきました。

推理の科学~シャーロックのサイトから

シャーロックのサイト”The Science of Deduction" 。
彼に連絡をとる窓口であると同時に、解決済みの事件のアーカイヴでもあります。(ジョンがブログに事件の記録を発表するようになってからは、そちらにリンクを貼っているようですが)

サイト名を日本語にすると、「推理の科学」「推理学」といったところでしょうか。
これは、「緋色の研究」の第2章の題と同じです。この章では、同居を始めたワトスンによりホームズの人となりが描写され、ホームズ自身によっても推理法についての考えが語られています。
ホームページには
1,私はあらゆるものを観察する。
2,それを基に推理を行う。
3,不可能なものを消去していけば、どんなに奇妙であろうと残ったものが真実である。
というシャーロックの推理法が掲げられています。

これについては、「四つの署名」の冒頭で詳しく説明されています。

観察と推理はある程度同じものではないか、と聞くワトスンにホームズはこう答えます。

「たとえば観察は僕に、君がけさウィグモア街郵便局へ行ったことを教えてくれるが、そこで君が電報を一本うったことを教えてくれるのは推理のほうだ(延原謙訳)」


ワトスンの靴にウィグモア街でしか見られない赤土がついているのを「観察」によって見抜き、
彼がウィグモア街の郵便局に行ったと仮定する。
ここから先は「推理」で、いくつかの仮説を立てます。

1、ワトスンは手紙を出しに行った。
2、ワトスンは切手やはがきを買いに行った。
3、ワトスンは電報を出しに行った。

「けさはずっと君と向いあっていたけれど、手紙を書いた様子はなかったし、それにあけはなしになっていた君の引出しには、切手もはがきもたくさん見えていたからさ。それでも局に行くというのは、電報よりほかないじゃないか。すべてのありえないことをとり捨ててゆけば、あとに残ったのが必ず真相でなければならない(延原謙訳)」

「すべてのありえないことをとり捨ててゆけば~」という「消去法」はホームズが特によく口にする手法で、「緑柱石の宝冠」「ブルース・パーティントン計画書」「白面の兵士」などでも言及されています。


ちなみに、シャーロックがジョンと初めて会った時、携帯を借りるきっかけになった「緑のはしご事件」だけは全貌が語られていますが、ほとんどの事件にはリンクが貼られていなくて内容がわかりません。
それでも、どこかで見たことのあるような題が散見されます。

The Confusion of Isadora Persano「イサドラ・ペルサーノの発狂」(ソア橋)
The Abernetty Family「アバネティ一家の恐るべき事件」(六つのナポレオン)
The Crooked House「まがった家」
The Man With Four Legs「四つ足の男」
The Killer Cats of Greenwich「グリニッチの殺人猫たち」
The Kirkcudbright Killer「カークカドブライトの殺人」
The Ghost of St Bartholomew's 「聖バーソロミュー病院の幽霊」
The Purple Woman「紫衣の女」
The Laughing Pilot「笑うパイロット」
The Missing Jars「失われた瓶」
The Invisible Porter「見えないポーター」
The Subdivided Crooner「切り刻まれた歌手」
The Pale Man「蒼ざめた男」
The Iron Football「鉄のフットボール」

「  」内は拙訳、(  )内はその事件が原作で言及されている場合の作品名(新潮文庫版)です。
「まがった家」は「まがった男」、「四つ足の男」は「這う男」を連想させますが、ホームズもの以外の作品を髣髴とさせるものもあります。(訳が適切でなかったら申し訳ありません、コメント欄でご指摘いただけるとありがたいです!)

ジョンと出会う以前のシャーロックの話も、いつか観てみたいですよね。
個人的には「バーツの幽霊」のお話が観たいです。
スタンフォード君やモリーを「ワトスン役」にしても楽しそうだし、案外モリーがシャーロックを好きになったきっかけだったりして…などという妄想もひろがります。
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。