最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見るべきところ

NHKの人形劇「シャーロック・ホームズ」、春の放送で見そびれてしまった数話と、新作が放映されました。
録画して何度も楽しんでいます。"SHERLOCK"と同様に、ベースとなっている作品以外にも、原作ネタがたっぷりとちりばめられていて、ニヤニヤさせられます。原作のキャラクターが、三谷幸喜作品ならではの、とぼけた魅力たっぷりにアレンジされてるのも楽しい!
それにしても、人形の表情の豊かさにはっとさせられます。ワトスンの眼の優しいこと!硬い質感にも関わらず、あの髪の毛を両手でわしゃわしゃしたくなります!あああ、可愛い。(それにしても、"SHERLOCK"で初めて同世代のホームズが現れた時も感慨深かったですが、これでついに年上になりました……)

春の放映でもあったかどうかわかりませんが、夏の放映では本編終了後に「シャーロッQ」というミニコーナーがあって、元ネタやそこから見える19世紀イギリスの世相を紹介してくれるという、教育テレビらしい配慮が!
メインはクイズなんですが、時間に制約があるせいか、

Q:メアリー・サザーランドの職業は?1、ピアニスト 2、タイピスト 3、服の仕立て屋


みたいな、、原作知らなかったら勘で当てるしかねえじゃん!と私がお子様だったらキレまくるような、考えさせる気ゼロの3択問題です。せめて先に袖口みせてあげようよ!でも赤毛クラブの電話帳事情は勉強になりました。

さらに、このコーナーのラストでは、元ネタになった原作から、ホームズの名言を一つ紹介してくれます。
おかげで私、全く気付いていなかった"A Scandal of Belgravia"の元ネタに今更気づくことができました。
Eテレさんありがとう!子どもの頃からお世話になっていたのに、アホな大人に育ってしまってすみません……

3●歳児の私がEテレで教わったホームズの名言は、「花婿失踪事件」から。

"You did not know where to look, and so you missed all that was important."
「見るべき場所を見ないから、それで大切なものをすべて見落とすのさ 」(延原謙訳)



この台詞が、アイリーンの裸から目をそらすジョンについての、シャーロックの台詞にアレンジされているのですね。

"I don't think John knows where to look."
"No. I think he knows exactly where. Not sure about you."
「ジョンは、どこを見たらいいかわからないんだ」
「いいえ、彼はよくわかってるわ。あなたはともかく」(拙訳)



ほとんど変わっていないセリフですね。気づかれた方も多かったのではないでしょうか。
「君は見るだけで、観察しない」という台詞がこの直前にあったのですが(関連記事:『灰皿と階段』)、この場面への伏線だったのですね。見るべきところを見ていないのは私でした……

人形劇「シャーロック・ホームズ」でこのクイズが出てくるのは、「消えたボーイフレンドの冒険」。
ワトスンが読んでいた小説が「二都物語」なのにも唸らされました……
この本から学んで、級友3人に的確なアドバイスができる15歳って!現代版boysよりよっぽど大人なんじゃ……恐ろしい子!
私が15歳時の読書から学んだ言葉で彼に対する気持ちを表現するなら、「生まれてすみません」です。

【追記:2014.8.29】人形劇「シャーロック・ホームズ」が放映されたのは、EテレではなくNHK総合でした。
ほんと、生まれてすみません。


スポンサーサイト

シャーロックの部屋

なんか、昼下がりのトーク番組みたいなタイトルをつけてしまって、若干後悔してるナツミです。(かと言って『シャーロックの寝室』だと今度は深夜番組感が出てしまうし、どうしたら…)

ええと、調子が悪いようなので今回は短く行きます。
シャーロックと日本・S2分と補足」という記事では、シャーロックの枕元に飾られた「バリツの免状」に触れましたが、ジョンが出入りしていたドアの近くの壁には、元素周期表が貼られていましたね。
あれも原作にある、ということを皆さんご存知だったかもしれませんが、私は全く気づいていませんでした。今日「マザリンの宝石」を読んでいて唐突に気付いたので、自分へのメモとして記録しておきます…!

ワトスン博士にとっては、かくも多くの目ざましい冒険の出発点となったベーカー街の家の二階の乱雑な部屋を、久しぶりに訪れるのは心うれしいことだった。壁にかかげた科学図表(the scientific charts upon the wall)や酸で焦げている薬品棚、すみにもたせかけてあるヴァイオリン・ケースや、以前はパイプやタバコ入れをよく入れてあった石炭入れなどを彼は見まわした。
(延原謙訳)



気付かなかった言い訳ですが、これって実験を行う場所に貼るものではないんでしょうか。原作のホームズはそうですよね。シャーロックの場合、こういうインテリアなの…?

そもそも、「科学図表(scientific chart)」と「元素周期表(periodic table of the elements)」が同じものかもよくわかっていません。頓珍漢な記事になっていたらすみません…!

シャーロックの偽名

"It's always hard to remember an alias when you've had a fright. Isn't it?"
「驚いてる時、偽名を思い出すのはたいへんよね」(拙訳)



聖職者に変装したシャーロックの正体をあっさり見抜くアイリーン。
原作でもホームズは「独立教会派の牧師」に変装しているのですが、ここは自分で見抜けず人に教えていただいて悔しかったところ…!服はいつもと同じだけど、カラーをつけているんですね。前のシーンでジョンに「結局いつもの服じゃないか」とつっこまれているんですが、シャーロックが「カラー(collar)をつける」と言ったのを「彩(colour)を添える」(=顔に血を流す)のだと勘違いしてました(聞き取る力もないですが、語彙と結びつけるとかそもそも剥ぎ取られたカラーの意味に気づかないとか、いろんな能力の限界が…)。

私の愚痴はおいといて。
元ネタかどうかはわかりませんが、ホームズにも同様に「人の偽名を見抜く」場面がありますね。

鼠男はかすかなためらいを見せてから、「私はジョン・ロビンスンという者です」と横目を使って答えた。
「いいえ、本名をいってくださいよ。変名で話をするのは、気まずいものですからね。
(It is always awkward doing business with an alias.)」



「青いガーネット」の一場面ですが、ホームズが偽名を見抜く場面はほかにもあると思います。
偽名を使うのは犯罪者だけではなく、依頼人が立場を隠したい場合もありますね。
たとえばボヘミア王は「フォン・クラム伯爵」と名乗っていました。
もっと似ている場面をご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけたらありがたいです!

ところで、シャーロックはどんな偽名を名乗るつもりだったのでしょう。
失踪中に旅行記を出版した時の名前「シーゲルソン」、「犯人は二人」で使った「エスコット」、「最後の挨拶」の「アルタモント」と、原作のホームズの偽名はいろいろありますね。(シーゲルソンは偽名というより筆名なのかもしれないけれど…)
「高名な依頼人」では、ホームズがワトスンに「ヒル・バートン」という偽名を使わせます。これは、ドイルの幼い頃からの友人ウィリアム・K・バートンからつけられた、という説がwikiの「高名な依頼人」のページに載っています。同作品でグルーナー男爵が見せる日本の正倉院に関する正確な知識は、当時のイギリスではなかなか得られないものだったようで、いわゆる「お雇い外国人」として日本に滞在していたバートンが直接ドイルに教えたのではないか、ということです。

単なるこじつけですが…ドラマには出てこなかったけれど、脚本にシャーロックが使うはずだった偽名があるとしたら、それは脚本家さんの親しい人の名前かもしれませんね。
もっとこじつけると、シャーロックの相対する敵(この場合アイリーン)の「専門分野」に詳しくて、執筆にあたって助言を与えてくれた人だったりして…いえ、もうやめておきましょう。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)



つまらない事件

シリーズ2の冒頭では、前回ラストシーンの続きの後、ジョンのブログ効果で名が売れてきたシャーロックを訪れる依頼人たちが描かれます。でも、その大部分は話し始めてすぐにシャーロックに「つまらない!」と一蹴されてしまう模様。シャーロックが興味を示した「オタクの伝道者」や「まだらのブロンド」などの事件は既に記事にしているので(『ジョンのブログ』カテゴリをごらんください)、今回は「つまらない」事件に目を向けてみようと思います。


1、「妻がすごく長い間オフィスにいる事件」
  「夫が浮気してるかもしれない事件」


前者は「つまらん」の一言で片付けられ、後者には「そうだ」の一言。

後者の事件は曲がりなりにも解決したんでまあいいんですが、前者はちょっと気になります。
妻が「一定の場所に拘束されている」と考えると、「赤毛連盟」や「株式仲買店員」、「3人ガリデブ」のパターンを思い出します。背後ですごい事件が進行していたことが後に判明する(もちろんジムの仕業)のではないかと想像していましたが、考えすぎだったようです。

2、「おばの遺灰がすりかえられた事件」

この事件は後の展開への伏線ですね。ひょっとしたら1の事件にも背景が設定されていたものの、シャーロックがあまりにも多くの事件を見逃しているのもどうか、ということで見直されたのかもしれません。

遺体すりかえ事件といえば「フランシス・カーファックス姫の失踪」。
目的は逆ですが、死体を使ったトリック、という点ではこの事件とマイクロフトの作戦は同じですね。
「フランシス~」では犯人たちによって大きな棺桶が特注されますが、ボンド航空のジャンボジェットも、空飛ぶ巨大な棺桶と言えるかもしれませんね。

3、「ファイル紛失事件」

かなりお金のある人の依頼らしいこと、重要なファイルの"recovery"(回収、復旧)が依頼内容であることから、「第二の汚点」事件を思い出すのですが、原作のこの事件は、国際問題の絡んだセンセーショナルな事件でした。ワトスンも事件名をちらつかせては「いつか書く」と約束しておいて、読者の熱望を受けての発表、という焦らしぶり。もしこの事件が元ネタだとしたら、あまりにもどうでもよさそうな処理に笑ってしまいます。
ちなみにこのファイルって、コンピュータ上のファイルだと私は思いこんでたんですが、考えてみたらそれは探偵じゃなくてエンジニアの仕事ですよね。原作同様、紙文書の回収が依頼内容なのでしょうか。それとも、何でも屋だと思われちゃったんでしょうか。


4、「おじいさんに会わせてもらえなかった事件」
子どもにも人気のジョンブログ。「子どもが依頼人」というパターンは、原作にはありませんでした。時代の流れでベーカーストリート・イレギュラーズは大人という設定になりましたが、識字率もコンピュータの普及率も高い今、ブログは子どもにも読めますものね。これも2の事件同様、マイクロフトの作戦とつながっているのですが、この時点では2、4の事件の背後にあるものにシャーロックは気づいていません。

子どもと言えば、2話ではうさぎのブルーベルの事件が意外な伏線となっていましたね。このように、依頼された時点では他愛もない相談のように見えたのに、実は氷山の一角に過ぎなかった、という例は原作にもあります。

「椈(ぶな)屋敷」では、ホームズにこんな手紙が舞い込みます。

 

シャーロック・ホームズさま
 私はただいま家庭教師の口が一つあるのでございますが、行ってもよろしいかどうか、あなたにお教え願いたいと存じます。(後略)



これを読んだホームズは、「落ちるところまで落ちたらしい」「紛失した鉛筆をさがすとか、寄宿学校出の世間を知らぬ娘の相談相手になるくらいが関の山になりそうだ」と嘆いてみせますが、ワトスンは「こいつは君の予想に反して、案外おもしろい展開をみせるかもしれないよ。いつかの青いガーネット事件なんかも、はじめはつまらないいたずら気分だったのが、あのとおりの大事件になったんだからね。こんどのだって、調べてゆくうち案外大ものになるかもしれないよ」と励まします。その言葉通り、この「つまらない事件」から、一件平和な郊外の家庭に隠された犯罪が暴きだされることになります。

ではホームズは大事件であればあるほど燃えるのか、というと、そういうことでもないらしく、「花婿失踪事件」でこんなことを言っています。

「(前略)とるに足らぬ事件のなかにこそ、つねに観察の場があり、原因と結果とを敏速に分析する活きた舞台があり、そこにこそこの仕事のもつ魅力があるのだと思う。大きい犯罪と言うものは、とかく簡単でありがちだ。というのは、犯罪が大きければ大きいだけ、がいして動機が明瞭なものだからね。(後略)」



ホームズにとっては事件の規模の大小は関係なく、動機や手法が面白い(状況から解析しにくい)ことが大事で、簡単過ぎると「魅力がない」わけですね。個人や家庭に起こった事件を殺人事件や国際問題よりも軽視しているわけではなく、どんな事件でも、動機や手法が明白だと心をひかれないのでしょう。
それはシャーロックにとっても同じで、一見奇妙な若者の戯言に聞こえる「オタクの~」事件には腰を上げています。
「つまらん」で済ませてしまった「妻が長い間オフィスにいる事件」は、きっとあの時点で正解がわかってしまったのでしょう。

・ベラルーシの事件(第1シリーズ3話)のように、痴話喧嘩に過ぎないことが明らかで、興味が湧かなかった
・妻が不倫している徴候を夫からシャーロックが読み取ったなど、事件として簡単過ぎた

という感じでしょうか。


すぐに追い返してしまった依頼人たちにもジョンが何かフォローをしていると思うのですが、おばさんの遺灰や孫とおじいちゃん、ブルーベルの事件のように「つまらない」相談の裏に「おもしろい」事件あり、というパターンが続いていることですし、あまり依頼人を無下にしないであげて欲しいものです。マイクロフトにもイヤミを言われちゃいましたしね…

シャーロックの挨拶

お正月に3日連続で「SHERLOCK」第2シリーズの再放映がありましたね!うちにはBS受信機器がなくて観られなかったのですが、新聞のテレビ欄に「シャーロック2」の文字をみつけてわくわくしました。

BBCで「A Scandal in Belgravia」が初めて放映されたのも、ちょうど1年前のお正月でしたね。
ホリデイ・シーズンの視聴率合戦は、日本でも英国でもテレビ局にとっては深刻な問題でしょうから、その大本命として期待できる人気コンテンツなんだろうな~、とあらためてこのドラマの人気に驚いていたのですが、先日XiXiさんからお年賀メールをいただいて、ちょっと気づいたことがあります。(引用は、XiXiさんのメールからです)

「元日にはシャーロックから "Happy new year!" を言ってもらえました(無論S2E1の劇中で)。」



そういえば、シャーロックはこのお話の中で"Merry Christmas"や"Happy new year"を律儀に口にしているんですよね。もちろんそれはモリーやマイクロフト、ジョンやアイリーンに向けられた挨拶ではありますが、元日に放映され、視聴者がリアルタイムで耳にすることができた、というのは、BBCからの、あるいは製作スタッフからのちょっとしたギフトだったのかもしれません。

ひょっとしたら、NHKもその遊び心を汲んで、元日に再放映してくれたのかもしれませんね。そして、その背景には、このドラマの人気を支えてきた、国内外のファンのラブコールがあると思います。「ドラマの放映」ということひとつも、いくつもの愛情や優しさやちょっとした茶目っ気に支えられているんだなあ、と温かい気持ちになれました。

さてさて、ホームズで「挨拶」といえば、ホームズシリーズのエピローグ的な短編でもあり、第4短編集のタイトルでもある、"His Last Bow"。「最後の挨拶」ですね。
たぶん、この「挨拶」は、ホームズから読者に向けてのものだと思います。そう考えると、このタイトルは他のものとちょっと違いますよね。作中人物が、自分のいる世界を飛び出して、現実世界にいる私たちに挨拶を贈るということですから。
もし「SHERLOCK」製作スタッフの意識のどこかに、この作品があったとしたら、アイリーンに向けたメールが画面に表示されるあの瞬間は、ある意味ではほんとうにシャーロックから「私たち」への"His First Bow"だったのかもしれませんね。

ところで、第3シリーズのキーワードは"Rat, Wedding, Bow"と発表されているそうです(※昨年、エディンバラ国際フェスティバルのトークイベントで発表された、とのことです。これも、XiXiさんに教えていただきました)。この中の"Bow"は「最後の挨拶」を連想させるので、第3シリーズで終わっちゃうの?と心配するファンの声も上がっているそうです。
観察力および推理力に欠ける私からは何とも言えないのですが、少なくとも「最後の挨拶」は、最後の短編集でもなければ、最後に発表されたお話でもないですよね。(最後に出版された短編集は『シャーロック・ホームズの事件簿』、最後に発表された『ホームズもの』は『ショスコム荘』)。引退後のホームズを描いているので、時系列的に最後のお話ですけれどね。(ちなみに『時系列』についてもっと詳しく言うと、wikiの年表によれば、ホームズがワトスンに怒られて『白面の兵士』を書くのは更にその後ですね。)
だから、もし"Bow"が"His Last Bow"を示唆していたとしても、「シリーズ終了」に関して悲観的に考えるのは、まだちょっと早すぎるような気もします…なんて、すこしでも悲しんでいる方の気休めになれば…(個人的には、はじめの3話だけでもこのドラマの功績は十分大きいと思っているのですが、若い二人がおじいちゃんになるまで続けて欲しい気持ちはもっと強いです!)

今回は「ドラマの元ネタ」とはちょっと違うかもしれませんが、XiXiさんにご承諾いただいて、今年はじめの記事にさせていただきました。XiXiさん、ありがとうございました!

そして、この記事を、読んで下さった方への私からの「ご挨拶」に代えさせていただければと思います。
いつも読んでくださっている方も、たまたま覗いたという方もいらっしゃると思いますが、今ここでお会いできたご縁に感謝しております。今年があなたにとって素晴らしい年になりますように!
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。